6月 « 2012 « -パーフェクトWIN5予想サイト

2012 年 6 月 のアーカイブ

2012年CBC賞の傾向

2012 年 6 月 30 日 土曜日

2012年CBC賞の傾向

CBC賞の傾向

さぁ、夏の中京競馬の開催です!
今回は、そんな中京夏一番に行われる重賞ですっ!
注目はやはり馬場状態でしょうねっ!
今年から中京競馬場が復活して、まるで別のコースに変わったと騎手たちが揃いも揃ってコメントしていたことを考えると、今回のCBC賞も普段の傾向とは違った内容が現れるかも知れません。
全開催の時は、直線が長いながらも前が残ると言うパワーが必要な馬場に泣かされた馬がたくさんいます。
今回も勿論パワーが必要なコースに間違いは無いです。
それではCBC賞の傾向を見ていきましょう。

一番人気は、過去1勝

過去6年行われたCBC賞で1番人気が勝利したのは過去1勝。
しかも入賞したのはその1勝のみとあまり馬券に絡んでいません。
それとは対象的に4番人気は過去3勝4連対。
連対率は67%と驚異の数値を残しています。
ちなみに過去4番人気だった馬は以下の通りです。

ヘッドライナー
スリープレスナイト
シーイズトウショウ

全て逃げ先行馬です。

3歳馬での十分可能性はある

3歳馬はこのレースは勝利こそありませんが、実は3歳馬の連対率は過去2連対。
出走頭数から見ると連対率は30%にもなるのです。
勝利回数に関しては、4歳馬が3勝、6歳馬が3勝とダントツ。
しかし実は、7歳以上の成績も2連対5入賞と馬券に絡んでいるのです。

格上挑戦でも問題無し

前走は1600万を走っていた馬でももちろん勝てる可能性は勿論あります。
さらには前走10着以下の馬が2頭勝利していることから、正直波乱の可能性が非常に高いです。
しかしそれには条件があり、その馬はG2以上のハイレベルなレースに出走していました。

前走1着馬は過去5連対しておりは最も有力候補。

脚質は先行と差し

これは、馬場状態を見なければいけませんが、開幕週だった馬場の傾向を見ると優勢なのは先行と差し。
逃げ切れることは今回はないような気もしますね。

ハンデは重くても大丈夫!

57.5kg以上の馬の成績は2連対3入賞で連対率22%。
つまり、それほどのハンデを背負わされる実力馬はかなり勝率が高いと言うことです。
最も勝利しているのは54kg~57kgまで。ここだけで過去5勝しています。

傾向だけで見たCBC賞の勝馬候補

傾向のみでみた勝馬候補は以下の通りです。

  • エーシンヒットマン
  • マジンプロスパー
  • スプリングサンダー
  • サンダルフォン
  • リーチザクラウン
  • ダッシャーゴーゴー
  • グランプリエンゼル
  • エーシンダックマン
  • ドラゴンファング

まず傾向だけで見ると、軽量半で馬が厳しいということでした。
しかし今回に限っては軽ハンデの馬がの出走がかなり多いです。
それを考えると、今の中京。
まさか逃げ切れるということも考えれるのでは。。。。とは思いますがこれは短距離です。
G1級の馬もいる中でこのスピードに付いていける軽ハンデ馬はいないかと思われます。
1着は間違いなく、軽ハンデ馬では難しいのではないかと思われます。

Axis(アクシス)の調教ジャッジメント

今回は、Axis(アクシス)の情報を参考にしてみようと思います。

アクシスの無料情報は、堅実ですがかなり的中率が高いです。
今日はそんなアクシスの無料情報から、調教ジャッジメントを参考にします。

今回の調教ジャッジメントのマジンブロスバーは評価A。先週の追い切りですでに仕上がっていましたが今週の追い切りで更に上昇が見込めるそうです。
浜の大魔神佐々木氏の所有馬で有名ですよね!

アクシスの調教ジャッジメント

競馬予想サイトアクシスはコチラ⇒アクシス公式サイト

このアクシスでは、他の馬の調教タイムや無料買い目情報も公開しているので、レース予想の参考にしてみてください。
WIN5の情報は提供していませんが、無料情報でもメインレースの買い目情報を提供していたりしますので要チェックですっ!

2012年宝塚記念の結果

2012 年 6 月 25 日 月曜日

2012年宝塚記念の結果

宝塚記念の結果

宝塚記念では、オルフェーヴルが見事に優勝!!
当サイトでは一頭絞りで的中することができました!
やはり今回はメンコを外していきました!
前回の敗因に間違いなく絡んでいたと思われますからね。
しかし、まさか直前でメンコを外すとは。
メンコを外していなければ、一頭絞りはフェデラリストと予想していたため、外すなら早く外してもらいたかったですね。
大体レース直前までつけているものなのですけど、今回に関しては重要な意味がありましたからね。
それでは今回もWIN5の反省をしてきましょう。

福島テレビOPのミキノバンジョー

このレースの傾向は、5歳馬の勝率が20%。
そして、最も勝率が高い脚質が先行・逃げ馬。
安藤勝己騎手の好判断でしたね!

大沼ステークスのスマートタイタン

1番人気は過去5年で3勝と圧倒的でしたのでまず選ぶべき存在でした。
そして勝率で見ると4・6歳馬が優秀な成績を残していました。
先行馬有利という点も大きく繋がったと思います。

尼崎ステークスのカノンコード

ここでは一番人気が過去3着が最高位と面白い成績が出ていました。
5歳馬が入賞経験が全く無かったことを考えると4,6歳。
先行逃げ馬が有利な傾向にありました。

鶴ヶ城特別

過去2回しか行われてませんが一番人気は勝っていません。
世代で見ると4,5歳馬が中心で3着は6歳のみ。
コース上先行馬が有利でサザンブレイズは柴田騎手が4コーナーまでに前の方に持って行きました。

次回予告はCBC賞

次回はCBC賞を予想します。
CBC賞の有力馬は、ダッシャーゴーゴー、マジンブロスパーなどなど高松宮記念G1を経験した馬が出走します。
中京久々の夏競馬というのも注目のポイントではないでしょうか?
開幕週では、圧倒的先行有利の展開でした。
日曜日までに、特に馬場状態に注目して情報を集めてみようと思います。

穴を狙うなら『馬券トピックス』

馬券トピックス

WIN5にも役に立つ競馬予想サイトの穴馬情報を紹介します!
穴馬券を狙っている方は馬券トピックスというサイトの「穴ズバッ!」という無料情報がお薦めです。
このサイトは毎週週末の無料情報更新と他のサイトに比べるとかなり遅いのですが、その分みっちり調べられているようで土日の無料買い目情報はかなり精度が高いです。

先週は米子ステークス11番人気のフラガラッハをピックアップしていました。
このレースでは、なんと3連単12,727,500円の配当がついています。⇒米子ステークス結果
馬連でも159,950円の高配当!!
日曜日も情報公開しているので、WIN5予想の際は穴情報をチェックしておくことをお薦めします。
会員登録、情報閲覧無料です。⇒『馬券トピックス(サイトへ)

フラガラッハ的中馬券

実は私も恥ずかしながら「穴ズバッ!」情報をみて、単勝複勝馬券を獲得しました。
今考えるともう少し賭けておくべきだったでしょうか。
しかし穴馬ですから、不的中の可能性も十分あります。
投資金は予算の範囲内で決めることをお薦めします。

2012年宝塚記念の予想

2012 年 6 月 24 日 日曜日

2012年宝塚記念の予想

宝塚記念の傾向

宝塚記念の最終予想です!
前回の、宝塚記念の傾向のみをご覧になりたい方はこちらへ⇒宝塚記念の傾向
それでは、まずは最終調教内容を見ていきましょう!

宝塚記念最終追い切り優秀馬

最終追い切り優秀馬を掲載します。

  • ウインバリアシオン
  • ショウナンマイティ
  • エイシンフラッシュ
  • アーネストリー
  • ビートブラック
  • ナカヤマナイト
  • フェデラリスト
  • ホエールキャプチャ

調教優秀馬の中では、オルフェーヴルは入りませんでした。
私が時計が優秀だったなと思う馬は、昨日大川慶次郎氏のサイトに掲載されていたエイシンフラッシュとホエールキャプチャ。
ホエールキャプチャの動きは一週前の美浦坂で51.1-37.2-11.8が優秀です。

内の追い込み馬2頭

内の追い込み馬2頭。
この2頭は厩舎側のコメントがかなりいいですね。
ウインバリアシオンは前走は展開だけで負けてはいない。
ショウナンマイティは馬が成長している、浜中騎手は今まで最高と絶賛しているそうです。
実は最内枠の馬は最も入賞率が高い37%。
ですが、差し・先行馬のみというのが気になります。

宝塚記念の勝馬候補

宝塚記念の勝馬は、以下の通りです。

  • ウインバリアシオン
  • ショウナンマイティ
  • エイシンフラッシュ
  • アーネストリー
  • ビートブラック
  • フェデラリスト
  • ホエールキャプチャ
  • オルフェーヴル

絞込みの一頭はオルフェーヴルです!!

私は、今回オルフェーブルを推そうと思います。
競馬評論家の方々の予想はオルフェーヴルの評価はかなり低いです。
それは、オルフェーヴルの馬体をみれば明らか。
ですが、私は前回のオルフェーヴルが大人しかった原因をメンコの使用もあったということに注目したいです。
おそらくその時は、落ち着かせるためにメンコを使用したのではないでしょうか?
結果、馬群があまり見ることができず、オルフェーヴルの本来の激しさがでなかったのでは?
今回はメンコをつけるかはまだ分かりませんが、阪神大章典時の走りをみれば、馬群を捉えればまたあの走りがみれるのでは!?と期待せずにはいられません。
これは私の願望ですかね?w
メンコをもしつけているのであれば、フェデラリストで勝負します!

2012年宝塚記念の傾向

2012 年 6 月 23 日 土曜日

2012年宝塚記念の傾向

宝塚記念の傾向

さぁ、宝塚記念の傾向を見ていきましょう!
宝塚記念は昨年、アーネストリーが悲願のG1制覇。
それもレコードでの勝利です。
このレース、実はあのグラスワンダーとスペシャルウィークの接戦だった宝塚記念の息子と娘対決だったんですよね。
アーネストリーはグラスワンダー。
スペシャルウィークはブエナビスタ。
世代を超えた対決。これがあるから競馬は面白いです。

1番人気の勝率は30%

過去10年で1番人気は3勝。
連対率だけで見ると、60%ありますが確証は持てません。
1番人気を抑えることは間違いないとは思いますが、やはり1点では絞り込めないでしょう。
6番人気が2勝ということもあり、十分荒れる可能性はあります。

関西馬有力

今までの関西馬の勝馬は9頭。
関西馬は僅か1頭しか勝利していません。
出走頭数だけみれば、可能性もないこともないですが・・・・断然有利なのは関西馬です。

牝馬は成績が良い

実は宝塚に出走する牝馬は連対率が33%。
しかしながらその出走メンバーはかなり強豪です。
ホエールキャプチャは牡馬と戦うのは実はこれが2回目なんです。

4歳馬が6勝

世代で見ると、4歳馬が6勝と充実期にある馬が好調です。
3歳馬は厳しいですね。
5,6歳馬の勝率も連対率でも同じぐらいとみていいと思います。

前走3着馬

前走出走馬で勝率が高いのは、ほとんどが重賞出走馬。
そして3着以内と決まっています。
この傾向はほぼ間違いないとみて大丈夫でしょう。

ハイペースは間違いない

宝塚記念でスローペースになったことは今まで一度もありません。
それは、馬場状態が悪くとも、良くともです。
地力のある先行馬はそのまま残り、差し馬は鋭い末脚を持っていないと差しきれません。

傾向だけで見た宝塚記念の勝馬

傾向だけで見た、宝塚記念の勝馬は以下のとおりです。

  • オルフェーヴル
  • ウインバリアシオン
  • ショウナンマイティ
  • エイシンフラッシュ
  • ルーラーシップ
  • アーネストリー
  • ビートブラック
  • フェデラリスト
  • ホエールキャプチャ
  • トゥザグローリー

オルフェーヴルは一番人気と4歳馬という傾向は当てはまっていますが、最も重要な傾向前走1~3着という傾向には当てはまっていませんでした。
これはかなり危険な香りがしますね。

競馬の神様の見解

今回参考にしたのは、競馬の神様と呼ばれた「大川慶次郎」と言う方の公式競馬予想サイトです!!
大川慶次郎というひとは、競馬の全レース的中を4回成し遂げ競馬雑誌や新聞で競馬の神様と呼ばれていました。
慶次郎氏は亡くなっていますが、現在は実の娘さんの大川智絵さんが大川慶次郎の予想方法を生かした競馬情報を提供しています。
このサイトでは、無料で重賞のデータを掲載しているので今回はこのサイトの情報を見てみます。

大川慶次郎情報

今回気になった情報はこれです。
今回傾向にエイシンフラッシュは当てはまる要素は少なかったですが、この評価をみて傾向候補に入れることにしました。
大川慶次郎さんのサイトには他の馬の調教内容も詳しく掲載されていたので、重賞の予想の際には参考にしてみてください。
⇒【大川慶次郎の馬券メソッド】
明日は、宝塚予想の最終予想をしたいと思います!

2012年マーメイドステークスの結果

2012 年 6 月 18 日 月曜日

2012年マーメイドステークスの結果

マーメイドステークスの結果

マーメイドステークス絞込み一頭成功しました!
さらに、勝馬候補では3着の10番人気のメルヴェイユドールを選択することにも成功。
クリスマスキャロルは難しかったですが、相手が大荒れという今回のマーメイドステークスでした。
ウイニングミリオンではグルヴェイグがWM指数最も高かったので非常に参考になりました。
⇒ウイニングミリオンのWM指数
今週も注目して見ようと思います!

小豆島特別のサンレイレーザー

一番人気のサンレイレーザーが圧倒的な走りをみせたこのレース。
このレース一番人気の連対率は75%と非常に有力でした。
世代では、4歳が最も連対率が高かったですが、期待にこたえました。

横手特別のコンノート

このレースは、一番人気の入賞率は57%と高かったですが勝率に関しては、さほど差はありませんでした。
最も有力な情報は、4歳馬の連対率が30%とかなり高い数値を残していました。
さらには、逃げ先行馬の勝率が最も高く、コンノートは積極的なポジション取りが勝利を掴む結果となりました。

函館スプリントステークスのドリームバレンチノ

このレースはまず上位人気決着は間違いありません。
勝っているのは、先行・差し馬。
今回は、久々の出走となるロードカナロアが圧倒的人気でしたが、最内枠ということで最後の直線で埋もれてしまいました。
先に動いたドリームバレンチノの勝利です。

バーデンバーデンカップのビウイッチアス

このレースはもう人気につきますね。
2番人気の勝利回数は過去5年で3回と圧倒的でした。
さらに最も連対率が高い世代は3歳馬。
これは確勝級の馬だったかもしれません。

次回予告は、宝塚記念

今週は、注目の宝塚記念を見ていきましょう。
宝塚記念は、あのオルフェーヴルが出走します。
前走天皇賞を大敗しているオルフェーヴル。
今回も調教のタイムはいいですが陣営は、まだ出走するか決めかねているそうです。
前走は、おそらく阪神大章典のダメージが残ってのあの走り。
陣営は、オルフェーヴルに落ち着きを持たせるような調教を行ったそうですが、それが裏目にでたのか。
オルフェーヴルは気性が荒いほうがらしさが出ていいという声もあるようですが、果たして今回はいつものような姿を見せてくれるでしょうか?
ファン人気投票1位の実力を早く見せてもらいたいですねっ!

2012年マーメイドステークスの予想

2012 年 6 月 17 日 日曜日

2012年マーメイドステークスの予想

マーメイドステークスの予想

さぁ、マーメイドステークスの最終予想をしていきましょう。
マーメイドステークスの傾向のみを見られたい方は⇒こちらへ
まずは最終追い切りの様子から見ていきましょう。

最終追い切り優秀馬

最近追い切りが優秀だった馬は以下の通りです。

  • グルヴェイグ
  • アニメイトバイオ
  • メルヴェイユドール
  • エリンコート
  • アグネスワルツ
  • シースナイプ
  • マイネエポナ
  • タイキエイワン

スマートシルエットの動きが目立たなかったのは気になりますが間隔が短いので調子自体は落としていないと思います。

今週の阪神

今週は、土曜日の香住特別を参考にしてみようと思います。
このレースで勝利したのは、トウシンイーグル。
降級馬でその実力を生かして差しきりました。
2着に入った馬も追い込み馬ということで、先行馬は11番の3着だったスマッシュスマイル。
パワー必要な重馬場です。
それを考えると、重馬場が得意な先行馬。
そして実力のある差し馬追い込み馬を選ぶのが良いと思われます。

マーメイドステークスの勝馬候補


さぁ、それでは前回の傾向だけでみたマーメイドステークスの勝馬候補と併せて最終勝馬候補を選別しました。

マーメイドステークスの勝馬は以下の通りです。

  • メルヴェイユドール
  • グルヴェイグ
  • シースナイプ
  • タイキエイワン
  • スマートシルエット
  • レジェンドブルー
  • アニメイトバイオ

絞込みの一頭はグルヴェイグ

今回の絞込み一頭はグルヴェイグです。
グルヴェイグは傾向、調教、馬場適性において全てにおいて当てはまっています。
さらにグルヴェイグに乗るのは名手ウィリアムズ騎手。
これはかなり期待が持てそうですね。

2012年マーメイドステークスの傾向

2012 年 6 月 13 日 水曜日

2012年マーメイドステークスの傾向

マーメイドステークスの傾向

さぁ!本日は今週の重賞レースマーメイドステークスの傾向を見ていきましょう。
マーメイドステークスに出走するのは、今だ重賞制覇がないですが実績十分の馬ばかり。
実力はかなり均衡しています。
今回もキーポイントは、重賞制覇している馬がどれだけ調子を戻していきているか。
そして、ハンデです。
実力は互角とも言えるような出走馬でも重賞を制覇してないだけで斤量の差がかなりあります。
それでは早速マーメイドステークスの傾向を見ていきましょう。

1番人気の勝率は10%

なんとマーメイドステークスの一番人気の勝率は、10%。
過去10年で1勝しかしていません。まさに波乱のレースです。
最も連対率が高いのは、60%の2番人気。3番人気の40%です。
ハンデ戦で施行されるようになってから1番人気は特に成績がひどくなったので、今回も割引が必要です。

5,6歳馬が優勢

連対率がもっとも高いのは、6歳馬ですがそれは出走頭数が少ないという面が強いです。
最も連対率を多く輩出しているのは5歳馬で11頭。
4歳馬は、最も多い3着馬を輩出しています。
3歳馬は連対率はいいですが出走頭数が少なくデータ不足で注意が必要です。

前走はオープンクラス以上

前走はオープンクラス以上のレースに出走している馬が16頭連対しています。
残りの4頭は条件戦ですが、いずれも軽ハンデであったというところは重要視するべきだと思います。
さらに前走の着順は6位以下からの巻き返しが連対馬の半数を占めます。
荒れる理由はこの前走クラスの着順とも関係がありそうですね。

ハンデは53kg以下

注目のハンデ情報ですが最も勝利回数が多いのは、53kg以下。
さらに49kg以下にも過去2勝の経験があるのは気になりますね。
実績を見込まれる55kg以上に関しては僅か1勝。
過去のタイムや実績を自分で照らし合わせることが大事です。

傾向からみたマーメイドステークスの勝馬

傾向だけでみたマーメイドステークスの勝馬は、以下の通りです。

  • クリスマスキャロル
  • コンカラン
  • メルヴェイユドール
  • バイタルスタイル
  • グルヴェイグ
  • シースナイプ
  • スマートシルエット
  • タイキエイワン
  • ベストクルーズ
  • メルヴェイユドール
  • レジェンドブルー

今回は、有力馬アカンサスが傾向で候補に入りませんでしたが、4歳馬で斤量も54kgとなるとかなり傾向とは遠ざかります。
傾向に当てはまった馬はかなり穴馬候補が混ざっています。
これはかなり困難な予想になりそうですね。

ウイニングミリオンの「現地直送指数計測情報!」

今回参考にする競馬予想サイトは、ウイニングミリオンの「現地直送指数計測情報」です。
ウイニングミリオンには、独自の競馬指数WM指数と言うものがあり追い切り終了後やレース前日に注目馬のWM指数を無料でメール配信してくれます。
他にも、キャンペーンなどの情報で提供する軸馬を公開してくれるなどのサービスもあるので、メインレースが紹介されているときは非常に重宝します。

今回ウイニングミリオンで紹介されていた注目馬は以下の馬です。

【メール内容↓↓↓↓】

◆グルヴェイグ【94】
━・━・━・━・━・━
血統的に申し分無い牝馬格上挑戦でも、馬場距離鞍上どれをとっても不安要素が無い。条件戦ではあった全走も余裕を残しての勝利。唯一重馬場が気になる位だが軸馬筆頭。

◆シースナイプ【91】
━・━・━・━・━・━
今年になって使い詰めではあるが調教から一切の疲労感は見られず、逆に夏女とも言える実績通り飼葉食いも良く追い切りタイムも上々の出来だ。過去のデータからみると5歳馬の勝率が高い。虎視眈々勝利を狙う一頭。

【以上↑↑↑↑】

グルヴェイグは確かに、圧勝でした。
シースナイプに関してはウイニングミリオンも5歳馬の勝率の高さに注目しているようです。
これは期待がもてそうですね。

ウイニングミリオンは無料情報全的中させるなど、かなり信頼度の高い情報が貰えるので今後も利用価値は高いです。
キャンペーンの軸馬を公開しているサイトは私はこのサイトぐらいしか知りませんけど、他にもあるのでしょうか。
軸馬で公開馬で馬券を購入してもいいし、複勝で勝負してWIN5の軍資金を稼ぐことも可能なので、メルマガの内容には注目してみてください!
⇒【ウイニングミリオン】

2012年エプソムカップの結果

2012 年 6 月 11 日 月曜日

2012年エプソムカップの結果

エプソムカップの結果

みなさん大変なことが起きましたね!!
ベストレコードの期間限定無料情報のWIN5の買い目なんですけど、なんと5レース中4R的中ですっ!
不的中だったのは、エプソムカップのみです。
このレースは、このサイトで勝馬候補をあげていたので、もしかするとWIN5的中したかたいるのではないでしょうか?

ベストレコードの買い目はこんな感じでした!

【阪神10R】
4・5・8

【東京10R】
5・10・11

【函館11R】
3・12・16

【阪神11R】
1

【東京11R】
1・14・18

注目したいのは、天保山ステークスではファリダット1点買。

ファリダットは1200m私はどうかなと思ったのですが、自信の1点買いでしたね。お見事です。
これほどの情報を提供しているとは思いませんでした。

やはり今回のポイントはロードオブザリングを選ぶことができたか。
そこに尽きます。
ロードオブザリングは前走一番人気で負けた雪辱を見事に晴らしました。
騎乗が絶好調の川田騎手に代わったこともプラスだったのではないかと思います。

ベストレコードのWIN5情報は、今後も参考になりそうですよ!
今だけの、情報らしいので興味がある人は早めの登録をお薦めします。勿論登録も無料ですよ。
⇒ベストレコードWIN5買い目情報

それでは今週もWIN5各レースの反省を行いましょう。

垂水ステークスのロードオブザリング

このレースは最も勝率が高いのが、5歳馬。
脚質では先行が有利だったのですが、追いこみ馬が勝利してしまいました。
上位人気の勝率が高いというの傾向違い。
このレースはかなり難しかったと思います。
ただ、最も勝率の高い5歳馬が4頭しかいなかったと言う点でみるしか無かったですね。

ジューンステークスのリルダヴァル

ようやく完勝することが出来ましたね。
しかも3馬身差の圧勝劇。
このレースは、一番人気の勝率は非常に悪かったのですが、今回は傾向外でしたね。
ここは実績を重要視するべきだったでしょうか。
たしかに、このメンバーの中では一頭抜けた存在でしたからね。

UHB杯のフォーエバーマーク

最も連対率の高い馬が一番人気。
4歳馬は過去10年で連対率ナンバー1!
人気の先行逃げ馬が有利。
という傾向があり、実績も上位のフォーエバーマークはだんとつでしたね。
ここは1点絞りでも大丈夫だったかもしれません。

天保山ステークスのファリダット

このレースは、ベストレコードが 1点でファリダットを推していたように一番人気の勝率は75%と圧倒的な数値を残していました。
先行差し馬の勝率が高かったので、非常に狙いやすかったです。
ただ、7歳という面では意外な結果だったと思います。

エプソムカップのトーセンレーヴ

エプソムカップは、勝馬候補に選んだトーセンレーヴが見事勝利しました。
絞込み一頭のダイワファルコンは、最後足を伸ばすことが出来なかったですね。
前々のほうで競馬をしたほうが、強い馬なので次回はもっと攻める姿が見てみたですね。

次回予告は、マーメイドステークス

今週はマーメイドステークスをお届けします。
牝馬限定のハンデ戦で行われるこのレース。
勿論3歳馬の登録もあり、波乱の予感。
出走登録馬の中で、重賞勝利しているのはたったの2頭だけ。
楽しみな一戦になりそうですね。

2012年エプソムカップの予想

2012 年 6 月 9 日 土曜日

2012年エプソムカップの予想

エプソムカップの予想

さぁ、それではエプソムカップの最終予想をしていきましょう。
まずは最も重要視しなければいけない調教内容を見ていきましょう。

最終追い切り優秀馬

以下の馬が追い切り優秀馬です。

  • トーセンレーヴ
  • ダイワファルコン
  • ダノンシャーク
  • レッドデイヴィス
  • オセアニアボス
  • トップゾーン
  • ヤマカツハクリュウ

特にトーセンレーヴはバーディバーディと併せで抜群の追い切りを披露してくれました。
81.3-66.0-51.6-38.2-12.1一杯  バーディバーディに0.6秒先着

エプソムカップの勝馬候補

先日掲載したエプソンカップの傾向に当てはまる馬を踏まえてエプソムカップの最終勝馬候補を割り出します。
傾向のみをご覧になりたい方は⇒こちらです。
さて、最終調教を踏まえたエプソムカップの勝馬候補は以下の通りです。

  • レッドデイヴィス
  • ヤマカツハクリュウ
  • ダノンシャーク
  • ダイワファルコン
  • トーセンレーヴ

エプソンカップ絞込み一頭

さぁ、絞込みの一頭ですが今回は、ダイワファルコンにしたいと思っています。
トーセンレーヴは調教もよく傾向によく当てはまる有力馬ではあるのですが、ダイワファルコンはあのフェデラリストと金杯で互角の戦いを見せています。
私はあの底力をこのエプソムカップで見せてもらいたいです。

今回はさらにベストレコードの情報を利用

今回は、前回の記事でもお伝えしたように、ベストレコードがWIN5の買い目情報を無料で提供してくれるということでベストレコードの買い目を参考に買い目をさらに絞り込んで見ようと思います。
果たして、ベストレコードはどのようなWIN5の買い目をくれるのでしょうか。楽しみです。⇒ベストレコードWIN5買い目情報

2012年エプソムカップの傾向

2012 年 6 月 8 日 金曜日

2012年エプソムカップの傾向

エプソムカップの傾向

さぁ!本日は今週の重賞レースエプソムカップの傾向を見ていきましょう。
さて、エプソムカップはあまり荒れる傾向のないレースです。
10年間でみてもほとんどの勝馬が5番人気以内からでています。
前回勝利したダークシャドウは、前走で素晴らしい成績をのこしていたので、前走好走している馬はここでも有力候補です。
それでは傾向を見ていきましょう。

一番人気は堅実

過去10年の一番人気の成績を見ると1着が3回、2着が2回、3着が3回と入賞率80%と非常に高いです。
今回1番人気なる可能性が最も高いのはトーセンレーヴではないかと思うのですが、出走馬はほとんど実力が均衡していて正直当日でないと分かりません。

4,5歳で9勝

注目は、4歳5歳の世代で過去10年9勝していることです。
最後の1勝は6歳馬シンゲンで単勝人気2番目に推された馬でした。
人気馬でない限りは、4,5歳馬に注目です。

先行差し有利

先行馬6勝、差し馬4勝とこの脚質で勝利を独占しています。
連対率で見ると逃げ馬も勿論可能性がありますので、穴馬で逃げ馬を選択することは良いと思います。

前走からの巻き返し

エプソムカップで最も難しいのは、前走からの巻き返しが可能というところです。
実は、前走6~9着だった馬は今まで1着3回2着が5回と前走一着の成績に並んでいます。
実績はあるが前走負けているという馬は特に注意が必要です。

さらに、1600万クラスからの重賞挑戦馬も1着1回2着3回と侮れません。
今回も唯一の1600万クラスからの挑戦馬シルクアーネスト。要チェックです。

傾向からみたエプソムカップの勝馬

傾向だけでみたエプソムカップの勝馬は、以下の通りです。

  • シルクアーネスト
  • トーセンレーヴ
  • ダイワファルコン
  • ダノンシャーク
  • モンテエン
  • ヤマカツハクリュウ
  • ダノンスパシーバ
  • メイショウカンパク
  • ダノンスパシーバ
  • レッドデイヴィス

傾向ではやはり圧倒的勝率を誇る4,5歳馬から選ぶことが大事だと思います。
問題は調教内容ですね。
調教内容から、ハンデの軽い3歳馬や、6歳以降の高齢馬なども勿論可能性はあります。
最終調教内容を踏まえた予想に関しては、明日掲載しようと思います!

先週紹介したベストレコードについて

先週ご紹介したWIN5の情報取得に便利なベストレコードに関してなんですけど、私勘違いしておりました。
なんとこのサイト今期間限定でWIN5の情報を提供してくれるんですけど、なんと情報もそうなのですが実は買い目も全て無料で提供してくれるといういうことだったんです!
てっきり傾向とか調教内容の情報だと思っていたんですけど、まさか無料でWIN5の買い目まで提供してくれるとは思っても見ませんでした。

WIN5の買い目を無料で提供してくれるサイトは私が知る限り今のところありません。
ぜひ、期間限定のうちに参考にしてみてください!⇒ベストレコードのWIN5無料買い目提供!