9月 « 2012 « -パーフェクトWIN5予想サイト

2012 年 9 月 のアーカイブ

2012年スプリンターズSの予想

2012 年 9 月 28 日 金曜日

2012年スプリンターズSの予想

スプリンターズSの予想

スプリンターズSの最終予想をしていきます。
スプリンターズSの傾向だけを見たい!!という方は昨日の記事をご覧ください⇒スプリンターズSの傾向

最終調教優秀馬

以下の馬は調教が優秀だった馬です。

  • フィフスペトル
  • スプリングサンダー
  • パドトロワ
  • カレンチャン
  • ロードカナロア

中でも調教の内容がよかったのはロードカナロア、スプリングサンダー です。
26日の追い切りではダッシャーゴーゴー一杯と併せてロードカナロアは馬也のままタイムは51.7-37.8-24.4-12.2と文句なしの動きだったようです。
スプリングサンダーは20日の追い切りが抜群でした。四位騎手に一杯に追われてタイムは50.4-37.2-24.8-12.7。中山は今回が初ですが楽しみですね!

スプリンターズSの最終勝馬候補

WIN5対象レーススプリンターズSの勝馬候補は以下の通りです。

  • ドリームバレンチノ
  • エーシンヴァーゴウ
  • ダッシャーゴーゴー
  • カレンチャン
  • ロードカナロア

この5頭が勝ち馬候補です。
カレンチャンが現段階では1番人気有力です。
過去の傾向的には1番人気は鬼門ですが、カレンチャンならという期待もあります!

スプリンターズSの絞込み一頭

スプリンターズSの絞込み一頭はダッシャーゴーゴーです!!
現在人気を分け合っているカレンチャン、ロードカナロアと同じ安田厩舎のダッシャーゴーゴー。
過去5回のG1出走経験があるものの未だタイトルは取れていません。
去年のスプリンターズSでは、カレンチャンの後ろにつけ調子よく走っていたところ、直線で不利があり11着と大敗。
その前の年では2着から4着に降着になったものの最速の末脚で追い上げ、翌年も期待されていただけに本当に残念な結果でした。

今年は、ロードカナロアよりも良い枠に入り、カレンチャンと同枠ですが、1番人気が不振な傾向もありますし、さすがのカレンチャンも後ろに付けられてあの豪脚を発揮されたらひとたまりもありませんよね。

重賞以外のレース「芙蓉S」「道頓堀S」「勝浦特別」の予想はこのサイトがお勧め!
⇒『9/30WIN5予想

2012年スプリンターズSの傾向

2012 年 9 月 28 日 金曜日

2012年スプリンターズSの傾向

スプリンターズSの傾向

スプリンターズSの傾向を見ていきます。
昨年は、スプリント街道まっしぐらだったカレンチャンが1600万→G2→G3→G3→G1とスプリンターズSを制覇しその時5連勝という印象強い勝利を遂げました。。
それでは早速傾向を見ていきましょう!

前走で負けていた馬の巻き返しに注意!

逆に言えば僅差勝ちの馬が負ける。
といった傾向がみられます。
今年で言えば前哨戦の勝ち馬であるエピセアローム、パドトロワと僅差で負けている、ダッシャーゴーゴーとロードカナロアが巻き返し濃厚かもしれません。

4歳馬の活躍が目立つ!

今年の4歳馬はロードカナロア1頭。
過去10年のデータでは勝率、連対率、複勝率共に4歳がトップでした。
今年はロードカナロアのみで年齢を抜きにしても注目されているとなると・・・。ここは外せないですかね。

高齢馬なら海外馬!

高齢での活躍馬はほとんどが海外馬で、日本馬の6歳以上馬は[1-2-1-53]で連対率5.3%と不振。
日本馬なら4歳~5歳、海外馬の高齢馬なら狙うのもありだと思います。

前走6番人気以下だった馬は(0-2-1-43)。

前走からの巻き返しはありますが、前走人気が6番人気以下だった馬の1着は過去10年ではないです。
点数を絞るときの指標にいいかもしれません。

傾向だけでみたスプリンターズSの勝馬候補

WIN5対象レース、スプリンターズS傾向からみた勝馬候補は以下の通りです。

  • ドリームバレンチノ
  • ラッキーナイン
  • エーシンヴァーゴウ
  • ダッシャーゴーゴー
  • カレンチャン
  • ロードカナロア

傾向での注目馬は、ロードカナロアです。
傾向で最も当てはまるのはロードカナロアです。
今回挙げた傾向は全て当てはまっています。ただ気になる点があるとすれば枠ですかね。
大外を引いてしまいました。さすがに8枠はスプリンターズSの過去の傾向を見ても、中山のコース傾向を不振気味です。
それをカバーできれば本物です!!

2012年オールカマーの結果

2012 年 9 月 24 日 月曜日

2012年オールカマーの結果

オールカマーの結果

オールカマーの勝馬はナカヤマナイト!
見事、当サイトの絞込み一頭予想も的中でした!
傾向も2、3着も傾向から予想していた馬の中からダイワファルコン、ユニバーサルバンクが入り今週はパーフェクトな予想が出来ました!
前走レース、枠の傾向を押さえていれば的中できたレースでした。
1番人気のもルルーシュ4着と掲示板内には入りましたが、最後の伸びを欠くレースとなってしまいました。
ただ、まだまだ上位馬に比べて実績も積んでない馬まので、これからのレースに期待しましょう!
それでは今週のその他のWIN5レースの結果を反省していきましょう。

外房特別のラロメリア

G前直前で1番人気のレイカーラを捉え6番人気のラロメリアが勝利!
コーナー曲がるまではかなり後ろにいましたが、そこからの追い上げが凄かったですね。
ラロメリアは調教の評価がよかったので、その情報を知っていた方はキッチリ的中できたことでしょう!

ムーンライトHCのアドマイヤタイシ

浜中騎手ムーンライトHC3連覇
阪神のコースとは相性がいいアドマイヤタイシ。
もちろん馬の力もありますが、浜中騎手の3連覇ということで、これは騎手のパワーも感じられますね。道中はいい位置につけて前を見ながらのレースで、安定感ある騎乗でした。
1番人気のアロマティコは斤量を活かして断トツの末脚で伸びてきてはいたのですが、後ろすぎましたね。前が飛ばしていたぶん届きにくかったようです。
来年のムーンライトHCも浜中騎手はきっと注目されますね。

市原特別のグレイレジェンド

見事な末脚であっさり勝利!!
アントウェルペンが逃げ切り体勢に入ったかと思いきや、物凄い末脚で追い込んできたグレイレジェンド。
一気に先頭に立って2着に3馬身差もつけて勝利。
レース後の木幡騎手のコメントで「ここのところ行きっぷりが良くなかったので、レース直前にメンコを外してみました。今日は行きっぷりも良く、前がダンゴ状態だったので外を回る形になりましたが、追ってからもいい反応でした」とありました。
直前にメンコを外したの気付きましたか?

神戸新聞杯のゴールドシップ

菊花賞に向けて堂々の完勝!
強い!という言葉しか出ないレースでした。
先頭に立ってからは後続の馬は誰も距離を縮められない状態でしたね。皐月賞馬としての貫禄たっぷりのレースでした!

次回予告はスプリンターズS

次回はWIN5対象レース、スプリンターズSの傾向を見ていこうと思います。
スプリンターズSトップスプリンターが終結して戦うレースで、秋のGI シリーズ開幕戦です!
前走大敗していた馬の巻き返しも多いレースで、予想も視野を広く考える必要がありそうです。
気になるのは、セントウルSやキーンランドCで接戦を繰り広げている面々でしょうか。
パドトロワ、ダッシャーゴーゴー、エピセアローム、ロードカナロア、アンシェルブルー、カレンチャンこのあたりはそれぞれのレースで着差はあるものの、タイム差はほとんど無い接戦でした。
さらに巻き返しの可能性もあるとなると・・・。今回のスプリンターズSは苦戦しそうです。

2012年オールカマーの予想

2012 年 9 月 21 日 金曜日

2012年オールカマーの予想

オールカマーの予想

オールカマーの最終予想をしていきます。
オールカマーの傾向だけを見たい!!という方は昨日の記事をご覧ください⇒オールカマーの傾向

最終調教優秀馬

以下の馬は調教が優秀だった馬です。

  • ルルーシュ
  • ナカヤマナイト
  • ユニバーサルバンク
  • ダコール
  • ダイワファルコン
  • コスモラピュタ

中でも調教の内容がよかったのはルルーシュ、ナカヤマナイト、ダイワファルコンです。
に上がっていたのでさらに期待が高まりますね。br />
3頭とも傾向からみた勝馬候補に上がっていたのでさらに期待が高まりますね。

オールカマーの最終勝馬候補

WIN5対象レースオールカマーの勝馬候補は以下の通りです。

  • ルルーシュ
  • ナカヤマナイト
  • ユニバーサルバンク
  • ダイワファルコン
  • マイネルスターリー

この5頭を勝ち馬候補として挙げさせてもらいます。
マイネルスターリー以外は5番人気以内くらいに収まりそうです。
過去の傾向的にもそのくらいの人気までが有力だといえます。マイネルスターリーは穴党であれば傾向からお勧めです。

オールカマーの絞込み一頭

オールカマーの絞込み一頭はナカヤマナイトです。
ルルーシュ、ナカヤマナイトで1番人気争いになりそうで、どちらの馬も傾向・調教から甲乙付けがたいのですが・・・
枠別の成績で外枠の勝率の方が高かったので、強いて言うならナカヤマナイトかなという感じです。

重賞以外のレース「外房特別」「ムーンライトH」「市原特別」の予想はこのサイトがお勧め!
⇒『9/23WIN5予想

2012年オールカマーの傾向

2012 年 9 月 20 日 木曜日

2012年オールカマーの傾向

オールカマーの傾向

オールカマーの傾向を見ていきます。
昨年は、1番人気に支持されたアーネストリーが人気に答えて優勝。過去の勝ち馬を見てみても人気馬の勝率が高い印象のオールカマーですが、実践を積んで実力つけている古馬たちが集結するレースで注目度は高いです。
それでは早速傾向を見ていきましょう!

勝率、連対率でも6歳馬がトップ!

過去10年の勝利数でも6歳馬がトップ。
7歳からも優勝馬が2頭出ており、ベテラン勢が強い珍しいレースです。
しかし!今年の登録馬には6歳馬がいません。となると、7歳馬あたりに更なるチャンスがめぐってきてもおかしくないと思います。

10番人気以下は3着以内がない。

1・2番人気が比較的堅実で、2004年以外はどちらかが連対しています。
大穴は馬券に絡んでいないので、狙うなら中穴までかなと思います。

過去10年で牝馬の連対はない。

牝馬では2005年のエルノヴァと2006年ディアデラノビアが3着になった以外では馬券の絡みは無いです。
ただし、5頭中2頭が3着と、出走頭数自体が少ないので、重要視する必要はないかと。

前走札幌記念、宝塚記念組みが好成績。

前走札幌記念組[5-1-2-5]。前走宝塚記念組[2-3-0-3]。
前走負けからの巻き返しはあるが、1前走着順10着以内くらいまでです。

傾向だけでみたオールカマーの勝馬候補

WIN5対象レース、オールカマー傾向からみた勝馬候補は以下の通りです。

  • ナカヤマナイト
  • マイネルスターリー
  • ダイワファルコン
  • マイネルキッツ
  • ユニバーサルバンク

傾向での注目馬は、ナカヤマナイトです。
1番人気の勝率が最も高いということと、マイナス要因がほぼ無いのがナカヤマナイトですね。
実力も上位なのと、中山のコースも得意としていることなど、傾向以外をみても有力候補といえます。

穴があるとすればマイネルスターリー
傾向から、1番人気に対抗できそうな1頭がこの馬でした。
しかし、距離と中山コースの不安は否めない・・・。
今回、毎年優勢な6歳馬がいないということで、もしかしたら馬券に絡む可能性があるかもという見解です。

2012年ローズステークスの結果

2012 年 9 月 18 日 火曜日

2012年ローズステークスの結果

ローズステークスの結果

ローズステークスの勝馬はジェンティルドンナ。
圧倒的人気を集めながら期待に答えました!
今回のローズステークスは順当で三連単の配当800円という堅い結果となりました。
一応傾向どおりという感じではありますし、ジェンティルドンナはやはり強かったということです。
唯一ジェンティルドンナに張り合えると予想したヴィルシーナも、体重+18㌔ということで少し驚きましたが、成長分だったようですね。1馬身半の差を付けられましたが、良いレースが出来ていて次走が楽しみです。
それでは今週のWIN5の結果を反省していきましょう。

白井特別のチェリーメドゥーサ

7番人気のチェリーメドゥーサが1番人気のジョングルールを抑えて優勝!!
初コンビを組んだ松岡騎手の思い切った仕掛けが功を奏しました。チェリーメドゥーサはこれが久々の勝利でしたが、とても良い脚を使える馬でまだまだこれから期待できそうです!
ジョングルールもメンバー中上がり3Fのタイムは最速でしたが、1馬身以上差をつけられてしまいました。

新涼特別のトラバント

人気に答えての勝利!
このレースはほぼ順当といった結果でした。
トラバントは阪神では4戦2勝1連対とこのコースの相性は申し分なしで、今回は特に調教も良かったので、人気も上がっていましたね。

初風特別のルリニガナ

渋太く粘って逃げ切り勝ち!!
そろそろ勝って欲しいと思っていたルリニガナが粘り強い逃げを魅せてくれました。
津村騎手はこの日はハナを切ると決めてレースに挑んだそうです。
ルリニガナは過去の戦歴を見てもハナに立てばかなり強いレースをしますね。
メンバーや頭数が合って、上手く前に行けるレースではきっちり本領発揮出来る馬です。こういう馬が穴をあけたりすることが多いので怖い存在です。

ラジオ日本賞のグランドシチー

叩き合いを制してOP初勝利!!
上手く内で脚をためたグランドシチーは直線で持ち前の末脚を発揮し見事に前を交わしました。
1600万クラスまではトントン拍子で勝ち上がっていたグランドシチーですが、OPでは後一歩で勝てずに足踏みをしていました。
ここでようやくOP勝利を勝ち取ることが出来ました。

次回予告はオールカマー

次回はWIN5対象レース、オールカマーの傾向を見ていこうと思います。
オールカマーは、秋のGI 戦線に向けたステップレースです。
実績のある古馬達が多数参戦しています!今調子の良い馬を選ぶのか、参戦してきたレースのランクで選ぶのか、そのあたりで予想に迷いそうです。
詳しい傾向を調べて予想していきたいと思います。

2012年ローズステークスの予想

2012 年 9 月 14 日 金曜日

2012年ローズステークスの予想

ローズステークスの予想

ローズステークスの最終予想をしていきます。
ローズステークスの傾向だけを見たい!!という方は昨日の記事をご覧ください⇒ローズステークスの傾向

最終調教優秀馬

以下の馬は調教が優秀だった馬です。

  • ジェンティルドンナ
  • スズカウインダー
  • サトノジョリー

最も、調教の内容がよかったのはジェンティルドンナ です。
09/05(水)にはコンビを組む岩田騎手を背に栗坂で53.3-38.8-24.5-11.9の鋭い末脚を見せています。

ローズステークスの最終勝馬候補

WIN5対象レースローズステークスの勝馬候補は以下の通りです。

  • ジェンティルドンナ
  • ヴィルシーナ

もうここでジェンティルドンナ1頭に絞っても良いかなとも思ったのですが、去年のホエールキャプチャを思わせるヴィルシーナにも個人的に期待を寄せています。
この2頭のどちらかで十分だと思います。

ローズステークスの絞込み一頭

ローズステークスの絞込み一頭はジェンティルドンナです。
1頭に絞れといわれたらジェンティルドンナしかいませんね。
傾向+騎手+追い切り・・・なにを考慮してもこの馬しか浮かんできませんでした。

2012年ローズステークスの傾向

2012 年 9 月 14 日 金曜日

2012年ローズステークスの傾向

ローズステークスの傾向

ローズステークスの傾向を見ていきます。
昨年は、ホエールキャプチャがG1連敗の屈辱を晴らして見事に勝利を勝ち取りました。ホエールキャプチャは1番人気で人気に答えての勝利となりましたが、2着には10番人気のマイネイサベル、3着も7番人気のキョウワジャンヌと波乱の結果となりました。
今年は絶対的支持率を誇るであろう馬もいて、ひねった予想は難しいですが、人気薄の好走も視野に入れた予想は必要でしょう。
それでは早速傾向を見ていきましょう!

上位人気+穴馬の好走どちらも注意!

過去10年で単勝3.9倍以内は複勝率75%。
しかしながら、人気薄の好走もあり注意が必要!過去のレースを見てみてもエリンコート、アパパネ、トールポピーなどの春クラシックの覇者があっさり負け、穴馬の台頭も多いです。

「前走オークス&桜花賞組」に注目!

馬券に絡んだ馬のほとんどが「前走オークス&桜花賞組」で、人気薄で好走した馬も、オークスや桜花賞に出走するも負けていた馬の巻き返しがほとんどです。

追い込み馬は厳しいか・・・

過去5年で追い込み馬の勝利はないです。
逃げ(1-0-0-4-5)20.0%-20.0%-20.0%
先行(1-0-2-15-18)5.6%-5.6%-16.7%
差し(3-4-3-22-32)9.4%-21.9%-31.3%
追込(0-1-0-20-21)0.0%-4.8%-4.8%
去年勝ったホエールキャプチャも前走、前々走を追い込みスタイルで勝負していましたがこのレースでは先行して勝っていましたね。
阪神も高速馬場なので、よほどの脚が無い限り追い込みは難しいのでしょう。

福永祐一騎手に注目!

過去5年のローズステークスにおいて、馬券内率NO.1騎手は福永騎手です。
大川慶次郎の予想サイト」で騎手別の成績が公開されていましたが、なかなか面白いデータでした。
騎手成績

画像だと重くなるので数字だけ取り出しています↓見難いですがご了承ください。

ローズS

芝1800m / 天気: / 馬場: / 発走:15:35

4回阪神4日目 3歳 サラ3歳オープン (国際)牝(指定)馬齢 11頭
本賞金:5000、2000、1300、750、500万円



騎手名/馬名
斤量/性別/馬齢/毛色
父/母/母の父/調教師 勝率 連対率 複勝率 単勝
回収率
複勝
回収率
1着 2着 3着 着外
1 1 岡部誠
スズカウインダー
54/牝/3/鹿
スズカマンボ 0% 0% 20% 0% 86% 0 0 1 4
サンウインダー
(アフリート)
川西毅
2 2 武幸四郎
スピークソフトリー
54/牝/3/鹿
アルカセット 0% 0% 25% 0% 190% 0 0 1 3
サイレント
(サンデーサイレンス)
千田輝彦
3 3 福永祐一
キャトルフィーユ
54/牝/3/鹿
ディープインパクト 19% 19% 19% 45.7% 24.8% 4 0 1 16
ワンフォーローズ
(Tejano Run)
角居勝彦
4 4 武豊
トーセンベニザクラ
54/牝/3/黒鹿
ダイワメジャー 4.2% 20.8% 29.2% 16.2% 48.3% 1 4 2 17
トーセンブリリアン
(ホワイトマズル)
柴崎
5 5 幸英明
サンマルクイーン
54/牝/3/栗
ダイワメジャー 0% 6.1% 12.1% 0% 35.5% 0 2 2 29
ミスサイベリア
(Giant’s Causeway)
大橋勇樹
6 6 岩田康誠
ジェンティルドンナ
54/牝/3/鹿
ディープインパクト 17.4% 26.1% 30.4% 42.6% 39.6% 4 2 1 16
ドナブリーニ
(Bertolini)
石坂正
6 7 内田博幸
ヴィルシーナ
54/牝/3/青
ディープインパクト 0% 100% 100% 0% 140% 0 1 0 0
ハルーワスウィート
(Machiavellian)
友道康夫
7 8 川田将雅
ラスヴェンチュラス
54/牝/3/鹿
ディープインパクト 4.3% 21.7% 43.5% 11.7% 96.5% 1 4 5 13
ジョセット
(デインヒル)
小島茂
7 9 ピンナ
サトノジョリー
54/牝/3/青鹿
Bernardini 8.3% 8.3% 16.7% 66.7% 32.5% 1 0 1 10
ハニーローズ
(Lode)
松田国英
8 10 田辺
ハナズゴール
54/牝/3/栗
オレハマッテルゼ 0% 0% 0% 0% 0% 0 0 0 0
シャンハイジェル
(シャンハイ)
加藤和
8 11 秋山真一
ニコールバローズ
54/牝/3/黒鹿
ゼンノロブロイ 0% 0% 6.7% 0% 24.7% 0 0 1 14
ブーケドレーヌ
(フレンチデピュティ)
角田晃一

同コースの勝率ではジェンティルドンナに騎乗する岩田騎手を上回る福永騎手。内田騎手も回数は少ないですが、ヴィルシーナとコンビとなると気になる存在です。岩田騎手&ジェンティルドンナは非の打ち所がないですね・・・。

傾向だけでみたローズステークスの勝馬候補

WIN5対象レース、ローズステークス傾向からみた勝馬候補は以下の通りです。

  • ジェンティルドンナ
  • ヴィルシーナ
  • キャトルフィーユ
  • トーセンベニザクラ
  • ラスヴェンチュラス
  • ハナズゴール

傾向での注目馬は、やはりジェンティルドンナ。
傾向からみるともう完璧なほどの鉄板馬といえるでしょう。
唯一、勝ち負けできる馬と思えるヴィルシーナもオークスでは0.8秒差を付けられています・・・。
後は枠の問題かなと思っていたら、この2頭は6枠で同じ枠に入りました。

もし、ここでヴィルシーナが勝てば去年、桜花賞・オークスでの悔しさをバネにがんばったホエールキャプチャを思わせますね。
0.8秒の差はそうそう埋まらないとは思いますが、09年の勝馬ブロードストリートも1番人気のレッドディザイアとはオークスで丁度同じ0.8秒差ありましたが、女の底力でクビ差の勝利でした!今年も無いとは限りません!!

2012年セントウルステークスの結果

2012 年 9 月 10 日 月曜日

2012年セントウルステークスの結果

セントウルステークスの結果

セントウルステークスの勝馬はエピセアローム。
ゴール寸前で1番人気のロードカナロアを捉えての勝利でした!
G1級のメンバーが揃った今回のレースでの勝利には調教師含め関係者も大満足の結果だったに違いありません。騎乗した武豊騎手も約半年振りの重賞Vでした。
一方、カレンチャンはというと・・・最後の直線で思うように伸びずに4着に・・・。
休み明けで56キロの斤量を背負って、体重22キロ増であのレースが出来るならば本番では確実にもっと良くなるとは思いますが、欲を言えばここでも勝って欲しかったです。
それでは今週のWIN5の結果を反省していきましょう。

鋸山特別のニシノオウガイ

鋸山特別は荒れましたね。
上がり37.9秒と断トツの末脚で思いっきり追い込んできたニシノオウガイ。柴田騎手が騎乗した前々走でもがり最速の脚を使っての勝利でしたね。
ニシノオウガイは中山のコース&柴田騎手との相性も良いようです。

オークランドRCTのメイショウエバモア

ダイヴァーダウンの後ろを上手く追走して、最後は粘って1着!
最初に前につけたのが功を奏したメイショウエバモア。後ろのバトードールやメタギャラクシーも伸びてきていましたが後一歩及ばずでした。
かなり接戦のレースで1番人気のグッドマイスターは出遅れ、2番人気のダイヴァーダウンは1600万クラスのメンバーのプレッシャーに負けてしまったのか思った結果が出ませんでしたね。
ただ、レースの結果を見てもかなり接戦で、どの馬も次走に期待できると思います。

セプテンバーSのニシノステディー

勝ちタイム1分06秒9のレコードV!
外へ出してからの反応も抜群で、一気に先頭にたちました。
後ろから、ボストンエンペラーやダンスファンタジアなどの人気どころが迫っては来てましたが、及ばず。
2着には5番人気のブルームーンピサが入りましたが、ブルームーンピサも上手くロスの少ない内を走って、最後隙を突いて前に出ることが出来ました。
ボストンエンペラーはかなり外目を走っていての3着だったので、枠が違えば結果は変わっていたかもしれないとは思います。

京成杯AHのレオアクティブ

日本レコードを0秒6更新!!
2着のスマイルジャックに1馬身1/4差をつけての完勝でした。
勝ちタイムはこれまでの日本レコードを0秒6も更新する1分30秒7!
騎乗した横山典騎手は。「折り合いに気を使うところがなくなって、制御が利くようになった」とレオアクティブの成長を感じている様子。
今後はGI参戦も視野に入れているとのことで、今後がとても楽しみです。

次回予告はローズステークス

次回はWIN5対象レース、ローズステークスの傾向を見ていこうと思います。
ローズステークスは、秋華賞のトライアルレースで過去10年間の秋華賞優勝馬のうち、ローズステークスをステップにした馬が8頭をもでている注目のレースです。
春のクラシック出走馬が圧倒的な勝率を誇っているという傾向があります。
オークス、桜花賞共に勝っているジェンティルドンナが最も注目を集めると思いますが、さらに詳しい傾向も調べてきっちり予想したいとおもいます。

2012年セントウルステークスの予想

2012 年 9 月 7 日 金曜日

2012年セントウルステークスの予想

セントウルステークスの予想

セントウルステークスの最終予想をしていきます。
セントウルステークスの傾向だけを見たい!!という方は昨日の記事をご覧ください⇒セントウルステークスの傾向

最終調教優秀馬

以下の馬は調教が優秀だった馬です。

  • エーシンヴァーゴウ
  • マジンプロスパー
  • エピセアローム
  • エーシンホワイティ
  • カレンチャン
  • ロードカナロア
  • アウトクラトール
  • エーシンヒットマン
  • サドンストーム

最も、調教の内容がよかったのはカレンチャン、ロードカナロアです。
この2頭は今回のセントウルステークスで最も注目されている2頭ですが、併せ馬を行ういほとんど同じくらいの調子の様に見えます(どちらも良いです。)
関係者のコメントでもどちらも万全と互角の様子です。

セントウルステークスの最終勝馬候補

WIN5対象レースセントウルステークスの勝馬候補は以下の通りです。

  • カレンチャン
  • ロードカナロア

もうここはこの2頭に絞って問題ないでしょう。
ここに割って入る馬は私の中では見つかりませんでした。
過去のデータ、現在の調子を共に考慮してもこのどちらかが勝つと思います。

セントウルステークスの絞込み一頭

セントウルステークスの絞込み一頭はカレンチャンです。
データで気になるのは「2006年以降の勝馬は全頭サマースプリントシリーズの重賞を使っている馬」という点。
そしてもう1点カレンチャン自身休み明けはそんなに力が出せてないという点。ただ、これ以外の不安要素は無い。
陣営のコメントでは、カレンチャンの体重は10キロ以上増加しているとのことですが、ほぼ成長分でいつもの休み明けより状態はいいとのこと。
プラス精神面も成長して、心身両面の充実を表明していて勝てない気がしません。
ロードカナロアは始めての阪神競馬場で、初めての岩田騎手とのコンビで見えないところも多い・・・
ロードカナロアと同じ斤量の56キロは牝馬が背負うとなると58キロに相当しますが、是非先輩の維持、女の底力を見せて欲しい。