10月 « 2012 « -パーフェクトWIN5予想サイト

2012 年 10 月 のアーカイブ

2012年天皇賞(秋)の結果

2012 年 10 月 29 日 月曜日

2012年天皇賞(秋)の結果

天皇賞(秋)の結果

天皇賞(秋)の勝馬はエイシンフラッシュでした。
傾向は全く当てはまってませんでした…。すいません。
ある意味、傾向が当てはまたなかったということは、エイシンフラッシュが実力で勝利を掴んだということででしょう。
ダービー馬の底力を見ました。

内が開いた瞬間すかさず勝負をかけたデムーロ騎手の判断もお見事でした。
実は私は現地観戦をしてまして、っもうすごい人でしたが、とても良いレースが見られました。
天皇賞(秋)

実はちゃっかりエイシンフラッシュの単勝馬券も勝っていたんです。ほんの少しですが。
傾向の記事でも書いていた、大川慶次郎の追い切り情報で調子が良さそうだったので。
天皇賞(秋)エイシンフラッシュ
良い思い出になりました。

関係者情報
あと、今日レースが終わった後に知ったのですが、ファームという競馬予想サイトでもらえる関係者情報でWIN5対象レースにもなっていた長岡京Sの勝ち馬シャイニーホークが推奨されていたそうです。
知ってたら馬券も買ったのに。
そのほかにもスワンステークスのグランプリボスや新馬勝ちしたフィールドメジャーも当たってました・・・。
登録して【3レース情報希望】とメールしたらもらえます。
WIN5の予想というわけではないのですが、今回のようにWIN5対象レースの情報が公開されることもあるので参考になると思います。
ファームはこちら

さて、WIN5対象レースの結果を見ておきましょう。

長岡京Sのシャイニーホーク

個人的には京都は苦手なのかと思っていましたが、そうでもないのかも。
骨折明けでもこれだけ粘り強いレースができるなんて、すごいと思います!
一度怪我して走らなくなる馬もいますが、シャイニーホークはこれからまだまだ走ってくれそうですね。

紅葉Sのミトラ

前走出遅れたこともあって、スタートを気を付けたんだとスミヨン騎手のコメントがありました。
スタートはとてもスムーズでしたし、位置取りも良く、いつものレースができたという印象でした。
前回は人気にこたえることができずに大敗していましたが、このレースで汚名返上できましたね。

魚沼Sのデルフォイ

1年1ヵ月振りのレースで2着に2馬身半差で快勝!
もぅ、私の中では全くのノーマークでした。
さすがに1年1ヵ月振りではと思っていたら、久々とは思えないほど落ち着いてレースに挑めていました。
このデルフォイの勝利でスペシャルウィーク産駒通算700勝達成とのことです。おめでとう。

カシオペアSのリルダヴァル

初コンビの池添騎手を背に、なかなか勝ちきれなかった悔しさをバネに勝利をつかみましたね!
OPに昇格し1番人気に支持されながら、馬券内には入るものの1着に届かないという悔しさを味わってきたリルダヴァルでしたが、ここにきて底力を発揮。
私の中で2010年のNHKマイルで3着ということで、東京のマイルのイメージが強いのですが、京都の1800~2000mくらいでもいい成績が出せそうですね。

次回予告はアルゼンチン共和国杯

次回はWIN5対象レース、アルゼンチン共和国杯の傾向を見ていこうと思います。
こちらも歴史のあるレースで、今年で50回目という節目を迎えます。
アルゼンチン共和国杯は芝2500mということで、長距離の実績がある馬に注目したいとおもいます。
そのあたりも踏まえて、今週はこのアルゼンチン共和国杯の傾向を徹底的に調べて予想していきます!

2012年天皇賞(秋)の予想

2012 年 10 月 26 日 金曜日

2012年天皇賞(秋)の予想

天皇賞(秋)の予想

天皇賞(秋)の最終予想をしていきます。
天皇賞(秋)の傾向だけを見たい!!という方は昨日の記事をご覧ください⇒天皇賞(秋)の傾向

最終調教優秀馬

以下の馬は調教が優秀だった馬です。

  • フェノーメノ
  • ルーラーシップ
  • ダークシャドウ
  • トランスワープ
  • カレンブラックヒル

有力どころの調教がよく、人気薄ではとびきり目立っている馬はいなかったです。

天皇賞(秋)の最終勝馬候補

WIN5対象レース天皇賞(秋)の勝馬候補は以下の通りです。

  • フェノーメノ
  • ルーラーシップ

勝ち馬候補はこの2頭で。
傾向といい、枠といい、調教といい、この2頭が勝ち馬候補で良いと思います。
カレンブラックヒルも気にはなりますが、8枠というところは実に不安。相手がこのレベルになると、これぐらいの不利があっても勝てる!とは言い切れません。

天皇賞(秋)の絞込み一頭

天皇賞(秋)の絞込み一頭は、フェノーメノです。
ルーラーシップとかなり悩みました。
はじめは当日の天気が雨だったので、それならルーラーシップかな・・・と思ったのですが・・・
東京の印象から言えばフェノーメノかなと思ったのと、5歳馬より3歳馬の方が勝率が高い、そして決め手となったのが「調教後の馬体重」。
ルーラーシップ「496㌔→526㌔」ちょっとこれは・・・怖くないですか??
てなわけで1頭に絞るならフェノーメノにしました。

ちなみに穴馬とまではいかないかもしれませんが、個人的な勘でナカヤマナイトが気になってます。

2012年天皇賞(秋)の傾向

2012 年 10 月 25 日 木曜日

2012年天皇賞(秋)の傾向

天皇賞(秋)の傾向

天皇賞(秋)の傾向を見ていきます。
昨年の天皇賞(秋)の勝ち馬はトーセンジョウダンでしたね!今年もトーセンジョーダンは出走予定ですが半年振りのレースということで思ったよりも人気が無さそうです。
天皇賞(秋)では重要な過去データも多いのできっちりおさえておきましょう。
では、今年の天皇賞(秋)の傾向を見ていきます!

人気薄の好走に注意!!

1番人気 (5-1-1-3)
2番人気 (0-3-2-5)
3番人気 (1-0-1-8)
4番人気 (1-1-1-7)
5番人気 (1-1-0-8)
6番人気 (0-0-2-8)
7~9人 (1-3-1-25)
10人以下(1-1-2-80)
1番人気の勝率はまずまずだすが、人気薄の好走も多く、波乱傾向のレースです。

内枠有利!

1枠(3-1-1-13)
2枠(1-1-1-15)
3枠(0-0-1-16)
4枠(0-4-3-11)
5枠(0-2-0-16)
6枠(1-0-2-15)
7枠(3-1-0-19)
8枠(1-0-1-24)
外枠はロスがあるため、内枠の馬のほうが有利なコースです。
過去10年の天皇賞(秋)を調べてみたところ、馬番15番以降で勝ったのはシンボリクリスエス1頭のみでした。
ちなみに当日1番人気です。
今年は有力候補の1頭カレンブラックヒルが8枠の16番です。
影響があるかもしれませんね。

前走好走している馬に注目!!

過去10年の傾向では、前走G1・G2で連対していた馬が好走しています。
さらに言うと勝ち馬10頭の内9頭、3着以内30頭の内20頭が前走で連対した馬でした。

逆に前走クラスに関わらず、6着以下だった馬は(0-0-2-50)と連対馬は出ていません。

「芝2000m」or「東京・芝コース」で行われたG1・G2優勝馬に注目!!

これはJRA情報ですが、芝2000mのG1・G2で優勝経験があった馬は、3着内率35.8%。
また、東京競馬場・芝2000mで行われた2003年以降に限ると、「東京・芝コース」で行われたG1・G2で優勝経験があった馬も3着内率37.5%と成績がいいとのこと。
ここも要チェックです。

傾向だけでみた天皇賞(秋)の勝馬候補

WIN5対象レース、天皇賞(秋)傾向からみた勝馬候補は以下の通りです。

  • カレンブラックヒル
  • ダークシャドウ
  • トーセンジョーダン
  • ナカヤマナイト
  • フェノーメノ
  • ルーラーシップ

今年は3歳世代が強いので、上位争いに加わることは必至でしょうね。
カレンブラックヒルは8枠と不利な枠を引いてしまいましたが、軽視はできません。
一方、フェノーメノはいい感じの枠を引きました。
近走で調子が良い馬が好走するということで調教も調べておいたほうがいいでしょうね。

大川慶次郎の追い切り心眼馬で、ルーラーシップ、カレンブラックヒルの追い切りタイムや、状態などが詳しく書かれていました。
全頭ではないですが参考に。

大川慶次郎に無料登録後、「追い切り心眼馬」から。

2012年菊花賞の結果【的中!】

2012 年 10 月 22 日 月曜日

2012年菊花賞の結果

菊花賞の結果

菊花賞の勝馬はゴールドシップでした。
最も多くの人が期待し、望んでいた結果かなと思います。

それにしても今週のWIN5の配当は、なんと低いんでしょう。
7,320円は過去最低配当ですね。

さて、WIN5対象レースの結果を見ておきましょう。

甲斐路Sのダイワマッジョーレ

2番人気とは言え、1番人気のサトノアポロとは0.5倍差しかなく、人気に答えての勝利といっても良いでしょう。
実力もメンバー中上位でしたので、勝つと予想していた方は多いはずです。

桂川Sのアイラブリリ

ゲートに入るときに一頻りゴネていたので、走りたくないのかな?と誰もが不安に思っていました。
ところが、ゲートが開くと同時に1どの馬よりも好スタートをきったアイラブリリ。
さっきの嫌がり具合はなんだったの?というとても良い走りでした。

轟Sのエバーローズ

1000mではもはや鉄板?!
この距離の戦いならばエバーローズとアフォードの一騎打ちだろうと予想していましたが、結果は想像通りこの2頭が1、2着。
私の予想ではエバーローズよりもアフォードの方が優勢かなと思っていたのですが、斤量の差が大きすぎましたかね。
それでもアフォードも57キロを背負いながら、上がりは3F32.1秒でエバーローズに迫ってましたからね。
やはり力はあるなと再確認しました。

ブラジルCのナムラビクター

こちらも人気に答えての勝利。
しかも2着グラッツィアに5馬身もの差をつけての快勝でした。
前走は芝のレースでシンガリ負けでしたが、ダートでは馬が変わったように強い馬ですね。
先輩馬たちとの経験の差をものともしない走りを見せました。今後のダート戦での活躍が楽しみです。

次回予告は天皇賞(秋)

次回はWIN5対象レース、天皇賞(秋)の傾向を見ていこうと思います。
ついにこのレースがやって参りましたね。
今年は、重賞での活躍が記憶にも新しいフェノーメノ、カレンブラックヒル、宝塚記念でオルフェーヴルに次ぐ2着のルーラーシップなどなど、幅広い世代の実力馬が勢揃いします!
今週はこの天皇賞(秋)の傾向を徹底的に調べて予想していきます!

2012年菊花賞の予想

2012 年 10 月 19 日 金曜日

2012年菊花賞の予想

菊花賞の予想

菊花賞の最終予想をしていきます。
菊花賞の傾向だけを見たい!!という方は昨日の記事をご覧ください⇒菊花賞の傾向

最終調教優秀馬

以下の馬は調教が優秀だった馬です。

  • ゴールドシップ
  • フェデラルホール
  • エタンダール
  • マウントシャスタ
  • ダノンジェラート

特にタイムがよかった馬だけピックアップしましたが、甲乙付けがたい内容でした。
さすが3歳世代のトップレベルの馬が集まった菊花賞だけあります。
調教の内容だけでは判断しにくいです。

菊花賞の最終勝馬候補

WIN5対象レース菊花賞の勝馬候補は以下の通りです。

  • ゴールドシップ
  • タガノビッグバン
  • ビービージャパン

勝ち馬候補はこの3頭で。
ゴールドシップ1頭でもいいと思いますが、菊花賞は荒れるという傾向から3頭出させてもらいました。

菊花賞の穴馬

最近穴馬予想も好評なので今回も、WIN5以外で予想するならこの馬たちを買い目に入れます。

  • ミルドリーム
  • ラニカイツヨシ
  • ダノンジェラート

重賞以外のレース「甲斐路S」「桂川S」「轟S」の予想はこのサイトがお勧め!

2012年菊花賞の傾向

2012 年 10 月 18 日 木曜日

2012年菊花賞の傾向

菊花賞の傾向

菊花賞の傾向を見ていきます。
昨年のの菊花賞ではオルフェーヴルが勝ち、三冠を達成しました。
その後もG1タイトルを2つ取ったオルフェーヴルは現在は5冠馬にまで成長。先日の凱旋門賞での大健闘も記憶に新しいです。
今年はダービー馬ディープブリランテの回避が発表され、ざわめきが・・・。
上位人気必至だったディープブリランテの回避で予想を急いで立て直している競馬ファンも多いのでは?
では、今年の菊花賞の傾向を見ていきましょう!

人気薄の好走が多い!!

過去10年で馬券に絡んだ馬は1~5番人気で16頭、6番人気以下で14頭。
人気薄が馬券に絡むことが多いですがが、単勝オッズ100倍以上では連対がないのでWIN5の予想で狙いにくいです。

関西馬が全勝!

美浦(0-1-1-43)
栗東(10-9-9-104)
地方(0-0-0-1)
関東馬は関西馬の半分位の頭数しか出走はないですが、それいしても苦戦しています。
よほどのことがない限り関西馬を選んだほうが良さそうです。

先行・差し優勢!

逃げ(0-0-1-11)
先行(7-1-6-19)
差し(2-7-2-67)
追込(0-2-1-49)
マクリ(1-0-0-1)
3000mという長距離のレースでは極端な脚質の馬は難しそうです。
折り合いをつけて走れる先行・差し馬が良いですね。

前走別神戸新聞杯組みが大活躍!

過去10年では神戸新聞杯(8-6-6-46)、セントライト記念(0-2-2-38)と同じ重賞組でもこんなにも差が。
後の2勝は前走1000万下だった馬です。

傾向だけでみた菊花賞の勝馬候補

WIN5対象レース、菊花賞傾向からみた勝馬候補は以下の通りです。

  • ゴールドシップ
  • マウントシャスタ
  • タガノビッグバン
  • ロードアクレイム
  • フェデラルホール

傾向がどうこう関係なしにやはり注目馬は、ゴールドシップでしょう。
この良血馬の持つパワーはこれまでに兄弟たちによっても証明されてきていますからね。
ただ、菊花賞は荒れるレースということのあるので、穴馬も入れておくのは忘れずに。
1000万クラスからの馬でも2勝しているということから私はタガノビッグバン、フェデラルホールにも注目しています!

2012年秋華賞の結果【的中!】

2012 年 10 月 15 日 月曜日

2012年秋華賞の結果

秋華賞の結果

秋華賞の勝馬はジェンティルドンナでした。
当サイトの予想もバッチリ1頭予想で的中
先週は1番人気のカレンブラックヒルをあえて外して痛い目見ましたが、今週はバッチリです。
ジェンティルドンナを外そうなんてそんな勇気私にはなかったのですが、WIN5の結果を見てみると勇者は結構いるようで。

10/14WIN5結果

4レース目から5レース目にかけて約2000票減っています。1人の方が複数同じ買い目を買っていない限り2000人近くの人がジェンティルドンナを買っていなかったということですよね・・・。
この結果からは1~4レースまで当たっていた人でジェンティルドンナを外した人しか分からないので、WIN5を買った人全体でいくともっともっといるということですもんね。
6972票2000票はかなりの割合ですよね?10分の1くらいかなと勝手に思っていましたが。全然違いました。
でも、こういう勝負師の方々が2億円とかの高配当をドカンと当てるのでしょうね?

あと、当サイトの穴馬予想で紐に推奨していた2頭の内の1頭アロマティコが見事3着に!
おかげ様で私個人的にWIN5ではなく、秋華賞の3連単的中しました。
1着軸ジェンティルドンナ
2着10頭
3着軸アロマティコ
で10点で的中。3,660円の配当でしたがw大きいレースで当てると嬉しいものです。

さて、今週もWIN5対象レースの結果を見ておきましょう。

秋嶺Sのイジゲン

人気に答えての優勝でしたね!
スタートからハナを切る形でのレースでしたが、そのまま上がりも35.5秒とメンバー中最速でさらに差を広げて、結果3馬身差をつけての快勝でした。

三年坂特別のセイルラージ

休み明けを叩い状態が万全でしたね。調教もよく、当日は2番人気でした。
1番人気に支持されたプレミアムブルーもすんなり負けてしまう程度の馬ではないのですが、今回は状態も良く自分のレースが出来たセイルラージに軍配が上がりました。

信越Sのファイアーフロート

粘り強さが生き見事勝利!
津村騎手のレース後のコメントでは
「精神的に落ち着いていて、ウォーミングアップでもいい雰囲気でした。スローペースでも折り合っていたし、重賞を勝ったときよりもいい感じで、この先も楽しみになってきました」
と今後にも期待できそうです。
調教では微妙だったので私の予想には入ってなかったのですが、ファイアーフロートは今までのレースでも調教とは関係なく好走したりしてるので、次回から要注意です。

アイルランドTのアカンサス

前走の秋風Sでは、11着を無念の結果に終わっていたアカンサスですが、今回のレースでは見間違えるような勝っぷりでした。
上がり3F33.5秒の末脚で1番人気のリルダヴァルをゴール寸前で捉えてアタマ差での勝利でした!
牡馬にも負けない豪脚、やっぱりアカンサスはこうでなくては!!

次回予告は菊花賞

次回はWIN5対象レース、菊花賞の傾向を見ていこうと思います。
クラシックの最終戦の菊花賞。3000mという未知な距離でのレースです。
前走で負けた馬の巻き返しも多く、穴馬の好走もあります、強いメンバーも揃い、予想も簡単にはいかなそうですので、しっかり傾向から見ていこうと思います。

2012年秋華賞の予想

2012 年 10 月 12 日 金曜日

2012年秋華賞の予想

秋華賞の予想

秋華賞の最終予想をしていきます。
秋華賞の傾向だけを見たい!!という方は昨日の記事をご覧ください⇒秋華賞の傾向

最終調教優秀馬

以下の馬は調教が優秀だった馬です。

  • ハワイアンウインド
  • ジェンティルドンナ
  • ブリッジクライム
  • アイムユアーズ

ジェンティルドンナの調教はいいようですね。
私が参考にしているサイトにも文句なしと書いてありました。
いよいよジェンティルドンナの鉄板説が強まりました。

秋華賞の最終勝馬候補

WIN5対象レース秋華賞の勝馬候補は以下の通りです。

  • ジェンティルドンナ

勝ち馬候補はこの馬以外見当たりませんでした。
データ、実績、枠、調教….どれをとっても1番良かったように思います。まさにこれ鉄板という1頭でしょうね。

秋華賞の穴馬

ジェンティルドンナが勝ちますよーの予想ではみなさん面白くないと感じると思いますので、今週は特別に穴馬予想をしてみました。
秋華賞の穴馬はアロマティコ、ハワイアンウインドです!!
先行争いが激しくなることも多い秋華賞では、差し馬の好走も目立ちます。ということで末脚に自身のある馬に期待が出来るというわけです。
アロマティコ出遅れ癖がある馬なのですが、脚は確かです!
ハワイアンウインドも調教が良くて穴候補には持って来いです。
win5の参ではなく、紐の参考にどうぞ。

重賞以外のレース「秋嶺S」「三年坂特別」「信越S」の予想はこのサイトがお勧め!
⇒『10/14のWIN5予想

2012年秋華賞の傾向

2012 年 10 月 11 日 木曜日

2012年秋華賞の傾向

秋華賞の傾向

秋華賞の傾向を見ていきます。
昨年の勝ち馬はアヴェンチュラでした。アヴェンチュラは漁火S(1600万)、クイーンS(G3)を勝って秋華賞まで3連勝と本当に強い馬でした。
残念ながら怪我で引退が決まってしまいましたが、短い現役時代にも関わらず、競馬ファンの記憶には深く息づいている馬です。
今年はジェンティルドンナ、ヴィルシーナ、アイムユアーズなど、アヴェンチュラも負けないくらいの有力馬が揃いました。
今年はどの馬が、このレースを制するのでしょうか?
それでは早速秋華賞の傾向を見ていきましょう!

1・2番人気の複勝率は75%!

10番人気以下の連対はない。
過去10年の結果を見ていると10回中9回は1・2番人気のどちらかが勝っています。
今年も1・2番人気は予想から外さない方が良いでしょうね。

関西馬が優勢!

美浦(2-3-5-60) 2.9% 7.1% 14.3%
栗東(8-7-5-90) 7.3% 13.6% 18.2%
関東馬も馬券内にはよく絡んでいますが、勝率は関西馬が圧勝ですね。

前走は重賞の馬に注目!

重賞(10-10-8-80)
├ローズS(8-8-3-56)
├オークス(1-0-0-11)
└クイーンS(1-1-2-6)

OP特別(0-0-1-36)
└紫苑S(0-0-1-36)

条件戦(0-0-1-26)

過去10年の連対馬は全て前走が重賞レースだった馬です。br />
ローズSからのローテが多いので勝ち馬数も8頭と多いですが、クイーンSからの馬も出走頭数が少ない中よく馬券に絡んでいます。

前走ローズSで1番人気だった馬に注目!

前走ローズSで1番人気だった馬は(5-1-1-2)とかなり堅実。今年のローズSで1番人気だった馬ジェンティルドンナです。

傾向だけでみた秋華賞の勝馬候補

WIN5対象レース、秋華賞傾向からみた勝馬候補は以下の通りです。

  • アイムユアーズ
  • ジェンティルドンナ
  • ミッドサマーフェア
  • ヴィルシーナ

傾向での注目馬は、ジェンティルドンナです。
実績といい、傾向との一致といい、今のところ負け得る要素がないですね。
何か「よっぽどのこと」がないと負けないでしょう。
後は調教の情報を調べて、その「よっぽどのこと」を起こしそうな馬がいたら1頭には絞りませんが、いなければこの馬1頭に絞って大丈夫でしょう。

2012年毎日王冠の結果

2012 年 10 月 10 日 水曜日

2012年毎日王冠の結果

毎日王冠の結果

毎日王冠の勝馬はカレンブラックヒルでした。
当サイトの予想は残念ながら外れてしまいましたが、今回のレースでカレンブラックヒルの強さが本物だと再確認することが出来ました。
ちなみに、我ながら3着のタッチミーノット(9番人気)を予想に入れていたことは満足です。
しかし、上には上がいますね。2着になったジャスタウェイ(12番人気)の好走を予想していたサイトもありました。
競馬予想サイトからの穴馬情報を公開しているサイト

毎日王冠穴馬予想

情報元は「大馬神」という予想サイトのメルマガだそうです。

毎日王冠穴馬予想
パーフェクト予想とは・・・。このサイト目指すパーフェクトWIN5とかぶってますねwちょっと負けずに当てないと!!!

1番人気のカレンブラックヒルが1着にも関わらず、ジャスタウェイとの馬連でも12,640円!三連単なら328,820円

私は今回の毎日王冠はカレンブラックヒル外しで予想してしまったので3連単は無理でしたが、07-08のワイドだけ買ってました。8,940円と三連単には及びませんがありがたい的中でした。
この穴馬予想ですが毎週3頭中1頭は馬券に絡んでいて、最近だと、穴馬予想でお勧めされていたコウユータイセイ、ケイアイダイオウがいずれも8番人気で馬券に絡んでいます。
いつもとても参考になっていますので皆さんにもお勧めです。

前置きが長くなしましたがWIN5対象レースの結果を見ておきましょう。

六社特別のサトノギャラント

人気に答えての優勝でしたね!
出遅れたのでハラハラしましたが、最後の上がり33.3秒の脚は圧巻でしたね。
前回も出遅れて今回もだったので、次回もスタートが不安ですが、今後も期待は大きいですね。

大原Sのオーシャンブルー

こちらも人気に答えての1着でした。
コンスタントに好走している印象ですね。
持ち味の末脚も不発がなく、何となく毎回安心して見ていられる馬です。
2、3着のマイネジャンヌ 、レインフォールも力のある馬で、今回のレースも調教の評価もよく万全の体制で臨んでいました。
その2頭に正々堂々勝ったということで、これからのオーシャンブルーがとても楽しみです!

テレビ静岡賞のトキノフウジン

東京コースとの相性バツグン!
東京の実績がとても良かったトキノフウジンが今回も勝利しました。
トキノフウジンが東京コースで走るときは要注意です!

オパールSのテイエムオオタカ

見事に逃げ切り勝ち!
持ち前のスピードを生かしてハナを奪ったテイエムオオタカが後続に一歩も譲らずそのまま逃げ切りました。
最近1200mのレースへの出走がほとんどでしたが、今回の1400mでのレースっぷりを見て次走はスワンSを予定しているとのことです。

次回予告は秋華賞

次回はWIN5対象レース、秋華賞の傾向を見ていこうと思います。
3歳牝馬にとって三冠のラストG1レースとなる秋華賞!!
ジェンティルドンナが3冠目指して挑んできます!今のところ、ジェンティルドンナに不安予想が1点もないですが、詳しく傾向などを見ていきたいと思います。