2月 « 2013 « -パーフェクトWIN5予想サイト

2013 年 2 月 のアーカイブ

2013年弥生賞の予想

2013 年 2 月 28 日 木曜日

2013年弥生賞の傾向&予想

弥生賞の傾向

昨年の弥生賞の勝ち馬はコスモオオゾラでしたね。
弥生賞は皐月賞トライアルに位置づけられたレースで、上位3着までの馬(収得賞金0の馬は2着まで)に皐月賞への優先出走権が与えられます。
また、過去の出走馬にはディープインパクト、ロジユニヴァースなど、皐月賞を経てクラシックを制覇した馬も多く、注目のレースとなっています。

3歳馬の戦歴がまだ浅い馬たちのレースということもありますのでm、弥生賞の特徴や傾向はいつも以上にしっかりとチェックしておきたいですね!
下記のデータは過去10年のレース結果から出した傾向になります。

人気馬は堅実!

1番人気 (6-1-0-3)
2番人気 (3-1-2-4)
3番人気 (0-3-0-7)
4番人気 (0-1-0-9)
5番人気 (0-1-3-6)
6番人気 (0-2-1-7)
7~9人 (1-1-4-24)
10人以下(0-0-0-30)

過去10年では1、2番人気が9勝ということで、上位人気の信頼度は高いと見て良いでしょう。
2桁代人気は馬券に絡んでいません。

関西馬が優勢!

美浦(3-3-7-49) 4.8% 9.7% 21.0%
栗東(6-7-3-39) 10.9% 23.6% 29.1%
地方(1-0-0-2) 33.3% 33.3% 33.3%

関西馬の勝率は関東馬の倍位高いです。
ただし人気薄での好走は関東馬が多いようです。

枠による有利振りはない。

1枠(1-1-1-8)
2枠(2-2-1-7)
3枠(2-3-1-7)
4枠(0-1-1-12)
5枠(1-1-2-10)
6枠(2-0-0-14)
7枠(0-1-3-16)
8枠(2-1-1-16)

スタート後の直線は長いコースなので、枠による有利振りはさほどありません。
しかし、過去10年分の馬番別の成績を見ると11番以降で馬券に絡んでいる馬は1頭のみなので、出走頭数が多くなると外枠の成績が低下しているようです。

近年では先行・差しが好走。

逃げ(1-1-0-9)
先行(4-5-3-24)
差し(2-3-5-21)
追込(2-0-2-33)
マクリ(1-1-0-3)

最後の直線が短いコースなので、中山・芝2000mでは逃げ・先行有利のイメージがありますが、弥生賞では追込やマクリでも勝っています。
しかし、近年では2010年の雨・重馬場だった年にヴィクトワールピサ、ダイワファルコンが馬券になっているくらいで、先行・差し馬の好走が目立ちます。

前走重賞だった馬が中心。

重賞(9-6-9-36)
├朝日杯FS(2-2-3-5)
├ラジオNIKKEI杯2歳S(3-1-0-5)
├京成杯(1-1-3-7)
├共同通信杯(2-0-1-10)
├シンザン記念(1-0-1-1)
└きさらぎ賞(0-2-1-5)

OP特別(1-0-0-8)
500万下(0-2-1-34)
新馬・未勝利(0-2-0-8)

前走距離1600~2000mの馬に注目!

1500m以下(0-0-0-5) 0.0% 0.0% 0.0%
1600m  (3-4-5-17)10.3% 24.1% 41.4%
1800m  (2-4-2-32) 5.0% 15.0% 20.0%
2000m  (5-2-3-31)12.2% 17.1% 24.4%
2400m  (0-0-0-5) 0.0% 0.0% 0.0%

これまで弥生賞の馬券になった馬は全て前走芝1600~2000mだった馬です。前走ダートでも(0-0-0-20)。

傾向だけでみた弥生賞の勝馬候補

WIN5対象レース、弥生賞傾向からみた勝馬候補は以下の通りです。

  • コディーノ
  • エピファネイア
  • キズナ
  • バッドボーイ
  • ヘミングウェイ

傾向から見た勝ち馬有力候補この5頭です!

最終調教優秀馬

WIN5対象レース弥生賞の最終調教優秀馬は以下の通りです。

  • エピファネイア
  • クロスボウ
  • カミノタサハラ
  • キズナ

弥生賞の最終勝馬候補

WIN5対象レース弥生賞の勝馬候補は以下の通りです。

  • エピファネイア
  • コディーノ

弥生賞の穴馬候補

弥生賞で1着は難しいそうでも3着以内なら!という馬。

  • クロスボウ
  • マイネルクロップ
  • カミノタサハラ
  • バッドボーイ

傾向的にも上位人気が堅いレースだと思います。
1番人気であろうエピファネイアは傾向にも当てはまる点が最も多いですし、調教も良く、不安材料も少ないです。
しかし、不安材料が無いということも無く、初めての遠征という点と、これまでのレースが超スローペースだったということで、今回の弥生賞でもペース次第で結果が変わってくるのでは?という考えがあります。
弥生賞はハイペースになりにくいレースではありますが、エピファネイアだけに絞るのはちょっと怖いかもしれませんね。

2013年中山記念の予想

2013 年 2 月 22 日 金曜日

2013年中山記念の傾向&予想

中山記念の傾向

昨年の中山記念の勝ち馬はフェデラリストでしたね。
去年の中山記念では1、2番人気のトゥザグローリー、レッドデイヴィスが揃ってブービーという結果で、波乱の決着となっています。
とは言え、比較的人気馬の成績はよく、大穴の連対は少ないです。
2010年は不良馬場で荒れましたが、他のとしは中穴までといった感じです。

その他の中山記念の特徴や傾向も確認して予想していきます!
下記のデータは過去10年のレース結果から出した傾向になります。

大穴の連対は少なく、人気から中穴までの好走が多い!

1番人気 (4-1-1-4)
2番人気 (1-1-2-6)
3番人気 (1-2-1-6)
4番人気 (1-3-2-4)
5番人気 (0-0-2-8)
6番人気 (2-0-0-8)
7~9人 (0-2-2-26)
10人以下(1-1-0-41)

2桁台人気の大穴が馬券に絡む事は少なく、単勝オッズで見てみても30倍以上では(0-0-0-38)と馬券絡みがないです。

古馬の好走に注意!

4歳 (3-2-2-22) 10.3% 17.2% 24.1%
5歳 (1-2-4-20) 3.7% 11.1% 25.9%
6歳 (2-5-1-24) 6.3% 21.9% 25.0%
7歳上(4-1-3-37) 8.9% 11.1% 17.8%

7歳以上の馬のでも好走する事が多いです。
過去10年で勝った4頭全ての馬は、中山の重賞で連対している実績があります。
過去の中山での実績にには注目です。

関東馬の勝率が高い!

美浦(7-3-6-63) 8.9% 12.7% 20.3%
栗東(3-7-4-40) 5.6% 18.5% 25.9%


複勝率では関西馬の方が優秀ですが、勝率でみると関東馬がやや優勢です。
また、関西馬は人気サイドの好走が多いです。

外枠がやや不利。

1枠(2-3-0-8)
2枠(3-1-2-8)
3枠(1-2-1-11)
4枠(1-0-1-12)
5枠(1-2-2-13)
6枠(0-0-2-17)
7枠(2-1-0-17)
8枠(0-1-2-17)

最初のコーナーまでの距離が200mと短いため、外枠に不利があります。

基本的には逃げ先行が有利。

逃げ(2-2-1-5)
先行(3-3-5-21)
差し(4-0-1-43)
追込(0-5-2-34)
マクリ(0-0-1-0)

内回りの4つのコーナーをまわるため、ペースが落ち着きやすく逃げ先行が有利です。
ただし、スタート後の直線で先行争いが激化した場合は逃げ馬が苦しくなるため注意が必要です。
開幕週ですので前残りが目立ち、追込が後一歩届かないというイメージがあります。

前走と、当日の人気に注目!

前走がG1だった馬は、当日4番人気以内なら(4-3-1-2)と信頼度がたかいです!

またG1以外の馬でも、前走2番人気以内で当日4番人気以内なら(5-3-5-12)と成績がです。

傾向だけでみた中山記念の勝馬候補

WIN5対象レース、中山記念傾向からみた勝馬候補は以下の通りです。

  • ナカヤマナイト
  • タッチミーノット
  • ダノンバラード
  • ダイワファルコン
  • リアルインパクト
  • シルポート
  • スマイルジャック

傾向から見た勝ち馬有力候補この7頭です!

最終調教優秀馬

WIN5対象レース中山記念の最終調教優秀馬は以下の通りです。

  • ダイワファルコン
  • ナカヤマナイト
  • ダノンバラード
  • タッチミーノット
  • ダトーセンレーヴ

中山記念の最終勝馬候補

WIN5対象レース中山記念の勝馬候補は以下の通りです。

  • ダイワファルコン
  • ナカヤマナイト
  • ダノンバラード
  • リアルインパクト
  • シルポート

さて、傾向も調べて枠順も決定してあとは予想してWIN5レースを待つだけなのですが、なんと上位人気の2頭が揃って8枠に入るという・・・
馬券的には面白いですが、当て辛くなりました(>_<)
傾向だけでは無く、沢山の情報を集めるため、競馬予想サイトの無料情報をどんどん集めているところです。

ファームの中山記念の予想
ファームの予想

大川慶次郎中山記念の予想
大川慶次郎の予想

ファースト中山記念の予想
ファーストの予想

これはほんの一部ですが、やはりどのサイトもタッチミーノットやナカヤマナイトには注目は置いているようです。
しかし、枠を見ても調教診断や穴馬予想で挙がっているこの2頭以外の情報にもっと注目して行く必要がありそうです。
現在メルマガなどの情報も入手中ですが、当日まで悩まされそうです・・・。

2013年小倉大賞典の結果

2013 年 2 月 19 日 火曜日

2013年小倉大賞典の結果

小倉大賞典の結果

2/3の小倉大賞典の勝ち馬は6番人気ヒットザターゲットでした!!

去年の新潟大賞典ぶりの勝利となりました!
当サイトの予想もバッチリ的中しています。

小倉大賞典の最終勝馬候補

WIN5対象レース小倉大賞典の勝馬候補は以下の通りです。

  • エクスペディション
  • ダコール
  • ゲシュタルト
  • サトノパンサー
  • ヒットザターゲット
  • マルカボルト

過去の実績を見て、小倉での成績が良かったので予想に入れていました。
抑えていて良かったです!

1番人気の馬券内率は高いと思われた小倉大賞典でしたが、当日1番人気に支持されたパッションダンスは5着とギリギリ馬券内という結果でした。
特に不利があったわけでもなく、500万~1600万までトントン拍子で登って来たパッションダンスでも、上位馬との力差はあったという事だと思います。
重賞で競合相手に戦ってきた上位馬の方が一枚上手でした。

しかし、このメンバーで1着とも0.3秒差まで詰め寄ったパッションダンス!!今後の期待は高まります!

そして、個人的に気になっていたエクスペディションはなんと最下位(>_<)
結果だけ見たら、怪我か?!と思ってしまうような着順でしたが・・・
そういうわけでもなく、競馬解説者の方々も「冬は苦手」のコメント^^;
そういえば、去年の小倉大賞典でも2番人気で10着以下に負けてました・・・見落としてました。
しかし、その後の小倉記念ではトーセンラーに2馬身半差で圧勝してますし!
夏まで待って復活を祈ります!!

次回予告は中山記念

次回はWIN5対象レース、中山記念の傾向を見て予想していこうと思います。
AJCCを回避してファンお待ちかねのナカヤマナイトが参戦予定ですね。
その他中山巧者が揃って人気も割れそうな予感。
実績がある古馬の好走も多く、穴馬の好走もありそうです!
過去の傾向を踏まえて有力馬をピックアップしていきます!!

2013年小倉大賞典の予想

2013 年 2 月 15 日 金曜日

2013年小倉大賞典の傾向&予想

小倉大賞典の傾向

昨年の小倉大賞典の勝ち馬はエーシンジーラインでしたね。
前回の予告の際にも言いましたが、小倉記念は人気薄の馬も頻繁に馬券に絡んでくるレースです。
人気の中心は4~6歳馬の場合が多いですが、7歳以上の古馬の好走も多く、荒れる要因となっていそうです。

その他の小倉大賞典の特徴や傾向も確認して予想していきましょう!
下記のデータは過去10年のレース結果から出した傾向になります。

上位人気馬の勝率が低く、人気薄の好走が多い!

1番人気 (1-3-2-4)
2番人気 (0-2-1-7)
3番人気 (1-1-2-6)
4番人気 (0-1-0-9)
5番人気 (1-0-2-7)
6番人気 (2-0-1-7)
7~9人 (2-2-1-25)
10人以下(3-1-1-62)

上位人気の馬は、よく馬券にはからんでいるものの、1着は少ないですね。
一方人気薄の好走が多く、人気薄+人気馬が1~3着に入ってくる事が多いです。
穴馬の好走も多いですが、単勝50倍以上の馬の成績は(0-0-0-44)と、馬券に絡んで以内ので1つの指標になりそうです。

古馬の好走に注意!

4歳 (1-3-1-21) 3.8% 15.4% 19.2%
5歳 (2-3-2-25) 6.3% 15.6% 21.9%
6歳 (2-2-5-32) 4.9% 9.8% 22.0%
7歳上(5-2-2-49) 8.6% 12.1% 15.5%

7歳以上の馬の好走がかなり目立ちます。
4歳馬の若い馬は人気馬が好走している印象です。

逃げ馬優勢!

逃げ(3-0-0-6)
先行(2-4-5-22)
差し(2-5-4-46)
追込(2-0-0-40)

逃げ・先行馬の成績が良いです。
今年は、逃げ専の馬が見当たりませんね。逃げ馬不在ですが、このメンツならば逃げそうなのはマルカボルトでしょうか。

前走大敗からの巻き返しも可能性高!!

前走が重賞、OPで、10着以下に大敗している馬でも巻き返しがあります。

過去10年で小倉大賞典を制した馬は全て関西馬です。
今年出走予定の関東馬はリッツィースターのみです。

前走ダートだった馬の馬券絡みは無し

前走芝(10-10-10-117)
前走ダート(0-0-0-8)

前走ダートからの参戦は少ないですが、過去10年では馬券絡みがありません。
今年はコウセイコタロウ1頭が当てはまります。

傾向だけでみた小倉大賞典の勝馬候補

WIN5対象レース、小倉大賞典傾向からみた勝馬候補は以下の通りです。

  • エクスペディション
  • ダコール
  • ゲシュタルト
  • ヒットザターゲット
  • ダローネガ
  • マルカボルト
  • ミッキードリーム
  • サトノパンサー

傾向から見た勝ち馬有力候補この8頭です!

最終調教優秀馬

WIN5対象レース小倉大賞典の最終調教優秀馬は以下の通りです。

  • シャイニーホーク
  • ヒットザターゲット
  • マルカボルト
  • テイエムアンコール
  • エクスペディション
  • ゲシュタルト
  • ミッキードリーム

小倉大賞典の最終勝馬候補

WIN5対象レース小倉大賞典の勝馬候補は以下の通りです。

  • エクスペディション
  • ダコール
  • ゲシュタルト
  • サトノパンサー
  • ヒットザターゲット
  • マルカボルト

小倉大賞典の予想
ちなみに、競馬予想サイトファームのニュースではではダコール、ゲシュタルト、サトノパンサーがピックアップされ、評価が良かったです。

2013年京都記念の結果

2013 年 2 月 13 日 水曜日

2013年京都記念の結果

京都記念の結果

2/3の京都記念の勝ち馬は6番人気トーセンラーでした!!

2011年のきさらぎ賞振りの勝利となりました!
ここ最近は1番人気に支持されながらなかなか勝ちきれないレースが続いていました。
本当にようやくという印象ですね。

今回騎乗したのは、デビューのころコンビを組んでいた武豊騎手でした。
デビュー時にも見せていた鮮やかな末脚での勝利でした。

京都記念を勝ったことで、武豊騎手は27年連続重賞勝利という快挙を2013年も残りたくさんの日を残して早々と達成しました。

私が個人的に注目していた、ビートブラックは4着と惜しくも馬券には絡めませんでした(>_<)
前半はいつもの様に軽快に逃げていたように見えましたが、粘れず…
やはり58キロはきつかったようです。

過去に京都記念を勝った馬は、海外に進出している馬も多いですが、トーセンラーは次の目標を天皇賞(春)に定めて、G1制覇を狙うもようです!

次回予告は小倉大賞典

次回はWIN5対象レース、小倉大賞典の傾向を見て予想していこうと思います。
G1のフェブラリーSもありますが、あえて小倉大賞典を予想することにします。
小倉大賞典は1番人気の馬券内率は高いですが、なかなか勝ちきれず苦戦しています。
しかも、穴馬が馬券に絡むことも多く今年も荒れる可能性ありです!!
上位人気を抑えつつ、穴馬を見つけだづことで、配当妙味も高いレースだと思います!
私は、WIN5以外の馬券も買おう思っているので、それを踏まえて有力馬をピックアップしていきます!!

2013年京都記念の予想

2013 年 2 月 7 日 木曜日

2013年京都記念の傾向&予想

京都記念の傾向

昨年の京都記念の勝ち馬はトレイルブレイザーでした。
トレイルブレイザーは5番人気で京都記念を制しましたが、例年、比較的上位人気の馬が勝つことが多いようです。

その他の京都記念の傾向も探りながら予想していきたいと思います!
下記のデータは過去10年のレース結果から出した傾向になります。

上位人気馬の信頼度は高い!

1番人気 (5-3-0-2)
2番人気 (2-1-2-5)
3番人気 (1-2-2-5)
4番人気 (0-1-0-9)
5番人気 (1-1-1-7)
6番人気 (0-1-0-9)
7~9人 (1-1-3-25)
10人以下(0-0-2-36)

穴馬が馬券に絡むことはありますが、勝率で見ると圧倒的に人気上位馬が優勢ですね。

4歳馬に注目!

4歳 (6-1-1-21) 20.7% 24.1% 27.6%
5歳 (3-1-3-23) 10.0% 13.3% 23.3%
6歳 (1-7-4-27) 2.6% 20.5% 30.8%
7歳上(0-1-2-27) 0.0% 3.3% 10.0%

過去10年では4歳馬の活躍がかなり目立ちます!
ただし、ここ最近では、5、6歳の馬も力を発揮しているので、とらわれすぎもよくないかもしれません。

牝馬にも可能性あり!

牝馬  (1-1-0-8)
牡・セン(9-9-10-90)

牝馬は出走自体が少ないので、データ的に不十分ですが、過去には2010年ブエナビスタやと2011年メイショウベルーガが馬券になています。
今年の出走馬の中ではジョワドヴィーヴルが唯一の牝馬です。
長期休養明けですので、調教を見て検討したいところですね!

勝馬は全て関西馬!

美浦(0-3-1-14)
栗東(10-7-9-84)

過去10年で京都記念を制した馬は全て関西馬です。
今年出走予定の関東馬はリッツィースターのみです。

前走重賞馬に注目!

有馬記念(3-2-4-10)
日経新春杯(3-0-3-16)
ジャパンC(0-0-0-3)
天皇賞秋(0-1-0-2)
AJCC(0-0-1-15)
中山金杯(0-2-0-4)
京都金杯(1-0-1-0)
海外G1(3-0-0-0)
OP特別(0-0-0-14)
条件戦(0-1-0-10)

勝馬全てが前走重賞の馬です。

前走2400~2500mだった馬が活躍。

1600m以下 (1-0-1-7) 11.1% 11.1% 22.2%
1800m   (0-2-0-7) 0.0% 22.2% 22.2%
2000m   (1-3-1-24) 3.4% 13.8% 17.2%
2100~2200m(0-0-1-18) 0.0% 0.0% 5.3%
2400~2500m(8-3-7-24)19.0% 26.2% 42.9%
3000m以上 (0-2-0-7) 0.0% 22.2% 22.2%

傾向だけでみた京都記念の勝馬候補

WIN5対象レース、京都記念傾向からみた勝馬候補は以下の通りです。

  • ショウナンマイティ
  • ジャスタウェイ
  • ベールドインパクト
  • ビートブラック
  • カポーティスター
  • ジョワドヴィーヴル

傾向から見た勝ち馬有力候補この6頭です!

最終調教優秀馬

WIN5対象レース京都記念の最終調教優秀馬は以下の通りです。

  • 調査中

京都記念の最終勝馬候補

WIN5対象レース京都記念の勝馬候補は以下の通りです。

  • 調査中

今週の京都記念の勝ち馬候補は現在予想中です!
参考にしている競馬サイトの調教情報がまだ公開されてなかったので、その情報を確認し次第公開します!

京都記念の予想
競馬予想サイトファームのニュースでは傾向から見た勝馬候補でピックアップしたジョワドヴィーヴル、ショウナンマイティ、ビートブラックが評価よく書かれていました。
おそらくショウナンマイティは1番人気ですが、ジョワドヴィーヴル、ビートブラックはやや人気低めになりそうなので、オイシイかもしれません!

2013年東京新聞杯の結果

2013 年 2 月 5 日 火曜日

2013年東京新聞杯の結果

東京新聞杯の結果

2/3の東京新聞杯の勝ち馬は2番人気クラレントでした!!

当サイトの予想も的中しました!
2着だったダイワマッジョーレも最終有力馬に推奨していました!

東京新聞杯の最終勝馬候補

WIN5対象レース東京新聞杯の勝馬候補は以下の通りです。

  • ダイワマッジョーレ
  • クラレント
  • ドナウブルー
  • インプレスウィナー
  • リアルインパクト

3着のトライアンフマーチも調教優秀馬でピックアップしてましたよ!!
今週は、お役に立てたのではないでしょうか?w

最終調教優秀馬

WIN5対象レース東京新聞杯の最終調教優秀馬は以下の通りです。

  • トライアンフマーチ
  • ガルボ
  • ドナウブルー
  • ダイワマッジョーレ
  • クラレント

連対した2頭、どちらとも抜群の反応でしたね!!
ダイワマッジョーレもかなり後方から追い上げる形になりましたが、クラレントを差す勢いでしたね!!

クラレントはこれで重賞3勝目、岩田騎手とのコンビで東京での重賞を2勝しました。
とても相性が良いように見えますね。
今回のレースでも、前目に位置をとって、やや掛かり気味かな?と思ったのですが、岩田騎手が上手くレースを読んで仕掛けもどころもドンピシャな感じでした。
次の目標は安田記念です!

橋口師もレース後のコメントでは「マイルCSの除外は悔しかったね。でも今年はこれで(GIの出走は)文句なしでしょう。昨年の秋から体つきが変わった。マイルでの瞬発力は相当だし、どうやったら安田記念で最大限の力を出せるか。次走も含めてこれから考えます」と、今回の東京新聞杯のレース内容に満足していると同時に、次の安田記念への期待や自信が伺えました。

次回予告は京都記念

次回はWIN5対象レース、京都記念の傾向を見て予想していこうと思います。
軽く過去データを調べてみましたが、人気上位馬での決着が多いレースで、波乱は少ないです。
登録馬も見てみましたが、休み明けの馬が多いので、調教も詳しく調べたほうが良さそうですね!!
これから調べて予想を公開しますのでお楽しみに!!

2013年東京新聞杯の予想

2013 年 2 月 1 日 金曜日

2013年東京新聞杯の傾向&予想

東京新聞杯の傾向

昨年の東京新聞杯の勝ち馬はガルボでした。
去年のガルボは単勝16.8倍の8番人気での勝利でした。
東京新聞杯は人気馬が飛んで、波乱になることもしばしばあり、出走馬は広い視野で見ておく必要がありそうです!

例年も、あまり断トツ人気に支持されう馬はいなかったのですが、今年の予想オッズを調べてみたところ、例年に増して人気が割れそうな予感です…。
これは、自分でしっかりと情報を集めて、自分を信じて予想していかないといけませんね!!

では、東京新聞杯の過去10年の傾向を見ながら予想していきたいと思います。

人気薄の好走に注意!

1番人気 (2-2-1-5)
2番人気 (1-2-1-6)
3番人気 (1-0-0-9)
4番人気 (0-1-1-8)
5番人気 (2-1-1-6)
6番人気 (1-0-3-6)
7~9人 (2-2-2-24)
10人以下(1-2-1-59)

人気に惑わされす、幅広く予想することか必要です。

100倍以上では(0-0-0-29)馬券絡みなし。

波乱は多く、10人気以上の馬が好走することも多いですか、100倍以上では3着以内がありません。
このあたりはひとつの基準にできそうです。

7歳以上の馬は苦戦傾向!

4歳 (4-3-4-24)11.4% 20.0% 31.4%
5歳 (3-2-5-26) 8.3% 13.9% 27.8%
6歳 (3-4-0-29) 8.3% 19.4% 19.4%
7歳上(0-1-1-44) 0.0% 2.2% 4.3%

4歳~6歳の馬が中心です。

牝馬が馬券に絡んだことはない!

牝馬  (0-0-0-11)
牡・セン(10-10-10-112)

過去10年で馬券になった馬は全て牡馬です。
しかし、出走した牝馬で人気だった馬はほとんどおらず、過去のレース結果を調べて見ましたが、人気にしては好走している牝馬も多かったので、さほど気にする必要はないかもしれません。
去年出走した唯一の牝馬フミノイマージンも9番人気ながら3着とクビ差の4着でかなり惜しかったです。

今年は牝馬のドナウブルーがおそらく1番人気に支持されそうですが、私的には牝馬だからというよりも、1番人気の信頼度が低いという点でドナウブルーに本命を打つことをためらいますね。

勝ち馬は関東馬が多い!

美浦(7-4-2-69) 8.5% 13.4% 15.9%
栗東(3-6-8-54) 4.2% 12.7% 23.9%

馬券内率でみると関西馬が優勢ですが、勝ち馬だと関東馬の方が多いです。
WIN5の予想なら関東馬に注目でしょう。

追い込みは2着までか!

逃げ(1-1-1-6)
先行(4-2-3-27)
差し(3-2-4-43)
追込(1-4-1-36)

近年は特に追い込みが届いておらず、私は2着までかなと思っています。

傾向だけでみた東京新聞杯の勝馬候補

WIN5対象レース、東京新聞杯傾向からみた勝馬候補は以下の通りです。

  • ダイワマッジョーレ
  • ブライトライン
  • クラレント
  • インプレスウィナー
  • ガルボ
  • リアルインパクト

傾向から見た勝ち馬有力候補この6頭です!

最終調教優秀馬

WIN5対象レース東京新聞杯の最終調教優秀馬は以下の通りです。

  • トライアンフマーチ
  • ガルボ
  • ドナウブルー
  • ダイワマッジョーレ
  • クラレント

東京新聞杯の最終勝馬候補

WIN5対象レース東京新聞杯の勝馬候補は以下の通りです。

  • ダイワマッジョーレ
  • クラレント
  • ドナウブルー
  • インプレスウィナー
  • リアルインパクト

今週の東京新聞杯の勝ち馬候補はこの5頭です!

あとは先週も重賞レースの勝ち馬を的中させていたファームの推奨馬情報もチェックして決めます!
穴馬予想にという予想サイトも発見したので、色々参考にしてみようと思います!
穴馬や注目馬の無料予想提供サイト