4月 « 2013 « -パーフェクトWIN5予想サイト

2013 年 4 月 のアーカイブ

2013年天皇賞(春)の結果

2013 年 4 月 30 日 火曜日

2013年天皇賞(春)の結果

2013年天皇賞(春)の結果

2013年天皇賞(春)の勝馬はフェノーメノでした。
当サイトの予想は的中でした!!
トーセンラーを外していたので内心ヒヤヒヤしていたのですが、フェノーメノがやってくれました!
それにしてもゴールドシップが沈んでしまうとは予想外でしたね。最初のうちは後方にいてもこれはいつもの作戦だと安心していたのですが…
早い展開になったこともそうですが、同じゴールドステイ産駒でこうも差が出てしまったのはフェノーメノが東京・京都コースに適性があるのに対し、ゴールドシップが阪神・中山コース適性があるからだという見方もあるようです。
やはり、競馬に絶対はないということが身にしみた結果となりましたね。

追い込みは届かないという過去データがありましたが、他の有力馬も追い込み型でしたし、ゴールドシップには当てはまらないだろうと高をくくっていましたが、やはり過去データは侮れませんね。
今回のことで改めてデータの見直しの必要性を感じました。
データといえば、ここ数年間に外国馬が天皇賞(春)で良い成績を残していなかったので、レッドカドーも意外でしたね。状態は良さそうだったので好走はするかなとは思っていましたが、3着圏内にはこないだろうとノーマークでした。まさかここまでとは…
超有力馬がいてもやはり出走馬一頭一頭のチェックも欠かせませんね。

そうそう、自分と違ってファームの予想でトーセンラーがバッチリ入ってました。

4/28WIN5的中

まあ、人気馬ばかりといえばそれまでなんですが、カポーティスターやデスペラードを推していた予想サイトもある中での予想なので、あえて取り上げてみました。
それに27日の東京5R、6Rも的中させてましたし、本当にファームは当ててきますね。これからもチェックしていきたいと思います!

次回予告はNHKマイルカップ

次回はWIN5対象レース、NHKマイルカップの傾向を見ていこうと思います。
おなじみ3歳マイルチャンピオン決定戦!最近は1番人気が優勝する傾向にありますが、数年前は人気薄の馬が優勝したこともある実は波乱含みの一戦です。
キングカメハメハやディープスカイはこのレースで優勝し、自走のダービーを制覇しています。
今後のレースで注目すべきはどの馬なのか!
後日、過去の傾向を調べながら天皇賞(春)の有力馬をピックアップします!

2013年天皇賞(春)の予想

2013 年 4 月 26 日 金曜日

2013年天皇賞(春)の予想

天皇賞(春)の予想

天皇賞(春)の最終予想をしていきます。
天皇賞(春)の傾向だけを見たい!!という方はこちらの記事をご覧ください
天皇賞(春)の傾向

最終調教優秀馬

以下の馬は調教が優秀だった馬です。

  • ゴールドシップ
  • デスペラード
  • フェノーメノ
  • ジャガーメイル
  • アドマイヤラクティ

大川慶次郎でも天皇賞(春)の詳しい追い切りタイムなどが公開されてましたので参考にどうぞ。
大川慶次郎で追い切り情報をみる

傾向では予想していなかったジャガーメイル、アドマイヤラクティが入って来ました。
ジャガーメイルは昨年同レースで4着。前走も前々走も3,400mのコースを2着でゴールしています。内枠有利の京都芝のコースで2枠をとっています。
アドマイヤラクティは2011年9月のレースから3着以内の成績をキープしています。距離は2000mが主ですが、前走のダイヤモンドステークス3400mで優勝しています。

天皇賞(春)の最終勝馬候補

WIN5対象レース有馬記念の勝馬候補は以下の通りです。

  • ゴールドシップ
  • デスペラード
  • フェノーメノ

この3頭を天皇賞(春)の勝ち馬候補に選びます!!
人気馬ばかりですが、実力や調教の情報からもこの3頭が有力だと思います。
一番内枠のトーセンラーにも注目したいのですが、距離と脚質を見た時に2枠のデスペラードの方に目が向いてしまいました。
ムスカテールやアドマイヤラクティもいれたかったのですが、ムスカテールは大外枠。
アドマイヤラクティは最近のレースを追い込みでゴールしているのですが、ゴールドシップが追い込んできたら勝てるのかと考えて今回は外すことにしました。
ゴールドシップとフェノーメノが人気みたいなので、写真はあえてデスペラードにしました。WIN5のみ賭けている人はゴールドシップを選んでいる方が多いかと思いますが、他の追い込みが得意な馬もよい勝負をしてくれたらなと思います。

2013年天皇賞(春)の傾向

2013 年 4 月 24 日 水曜日

2013年天皇賞(春)の傾向

天皇賞(春)の傾向

天皇賞(春)の傾向を見ていきます。
昨年の天皇賞(春)の勝ち馬はビートブラックでした。
14番人気だったビートブラックが優勝するなど、人気度では計り知れない要素が顕著に見られるレースのようですが、今年は菊花賞、有馬記念と続けて長距離G1レースを制しているゴールドシップが出走してきます!
追い切り状態も文句のない出来で、今の時点でダントツ1番人気の注目を集めています。
果たして、ゴールドシップの連勝を揺るがすような馬が現れるのか。はたまた、連年の流れを振り切りゴールドシップが1番人気1着を見事勝ち取るのか。
では、天皇賞(春)の傾向を見ていきましょう!

穴馬の好走が目立ちます!

1番人気 (1-0-2-7)
2番人気 (2-2-1-5)
3番人気 (1-2-0-7)
4番人気 (0-3-2-5)
5番人気 (0-0-3-7)
6番人気 (0-0-0-10)
7~9人 (2-1-1-26)
10人以下(4-2-1-76)

上位人気馬は馬券に絡んではいますが、6番人気以下の馬が好走しているところを見ると確実ではなさそうです。
実力が確かな馬がいたら人気に惑わされず抑えておくのがよいかもしれません。

若い馬が健闘。

4歳 (5-3-3-44) 9.1% 14.5% 20.0%
5歳 (3-3-6-31) 7.0% 14.0% 27.9%
6歳 (2-2-1-28) 6.1% 12.1% 15.2%
7歳上(0-2-0-40) 0.0% 4.8% 4.8%

4、5歳馬が中心のレースとなりそうです。ここ数年は6歳馬が絡んでいるレースもあったので、6、7歳以上は前走で調子の良い馬がいたらチェックしておくとよいかもしれません。

追い込みは届かない!

逃げ(2-0-0-10)
先行(2-7-4-23)
差し(5-3-6-63)
追込(0-0-0-47)
マクリ(1-0-0-0)

早めに動ける馬でなければ京都外回りのコースはキツそうです。コース適正のある馬に要注目です。

前走G1の馬に注目!

重賞(9-9-9-110)
├阪神大賞典(3-1-4-46)
├日経賞(1-5-2-34)
├産経大阪杯(3-3-2-18)
├ダイヤモンドS(0-0-0-4)
└京都記念(1-0-1-3)

OP特別(1-1-1-24)
├大阪ハンブルクC(1-1-1-21)
└メトロポリタンS(0-0-0-0)

条件戦(0-0-0-8)

前走は阪神大賞典、大阪杯、日経賞のどれかをローテーションで組んでいる馬がほとんどです。重賞レースを勝ち上がっている馬に注目です。

前走は3着以内で。

1着  (4-4-4-31)
2着  (3-1-3-18)
3着  (1-2-2-20)
4着  (0-0-0-19)
5着  (0-0-0-13)
6~9着(1-1-0-32)
10以下(1-2-1-10)

上記のことと合わせて考えると、前走重賞レースで3着以内の馬がかたいようです。

傾向だけでみた有馬記念の勝馬候補

WIN5対象レース、天皇賞(春)傾向からみた勝馬候補は以下の通りです。

  • ゴールドシップ
  • フェノーメノ
  • デスペラード
  • カポーティスター
  • ムスカテール

傾向から見た勝ち馬有力候補この5頭です!

傾向だけだと入ってきそうなラインにいる馬もいるのですが、バッサリ切ってみました。調教を見てもう少し絞れたらと思ってます。

金曜日に調教評価を含めて天皇賞(春)の勝ち馬予想を決定します!!

2013年フローラステークスの結果

2013 年 4 月 22 日 月曜日

2013年フローラステークスの結果

フローラステークスの結果

4/21の勝ち馬はデニムアンドルビーでした!!
馬群の大外をまくって一気に射程圏内へ。最後は横一閃の形になりましたが、最後まで食い下がるエバーブロッサムを残り100メートルで突き放して見事にゴールイン!
3着は3歳未勝利(阪神・芝1800)を1着で勝ち上がってきたブリュネット。わずかな差でテンシンランマン3着圏内届かず…いやー惜しかったですね。

最後方からの競馬だったのでいつ来るかハラハラしましたね。
デニムの陣営も後方からの競馬で大丈夫かと不安をのぞかせていたようですが、フローラステークス3勝目となる内田騎手が絶妙なレース運びを魅せてくれました!

さて、当サイトの予想結果はどうだったか振り返ってみましょう。

フローラステークスの最終勝馬候補

WIN5対象レースフローラステークスの勝馬候補は以下の通りです。

  • イリュミナンス
  • スイートサルサ
  • エバーブロッサム
  • テンシンランマン
  • デニムアンドルビー

デニムアンドルビー入ってますね!!
ちょっとヒヤヒヤしましたが、WIN5の予想としては的中しました!
しかし、残念なことに21日に予定されていた第1回福島競馬6日目が降雪のため中止となったため、WIN5も中止となりました(><)
競馬は屋外の競技だけに、天候には逆らえませんね。また次のレースで的中できるよう予想していきたいと思います。

次回予告は天皇賞(春)

今週は天皇賞(春)の予想をしたいと思います!!
過去10年間のデータを見ると、単勝1番人気で1着だった馬はディープインパクトだけ。それ以前に優勝した馬も歴史的名馬ばかりというかなり波乱の決着が予想されるレースです。
予想が難しいレースですが、過去の傾向を調べながら天皇賞(春)の有力馬をピックアップします!

2013年フローラステークスの予想

2013 年 4 月 19 日 金曜日

2013年フローラステークスの傾向&予想

フローラステークスの傾向

2012年のフローラステークスの勝ち馬はミッドサマーフェアでしたね!
道中先行集団の後ろを追走していたミッドサマーフェアが先頭2頭をあっさりと交わして2着に2馬身半差をつけて快勝!!
1、2着は人気通りでしたが、意外だったのが18番人気のダイワデッセーが上がってきたことです。道中内を回り、先行してなだれ込む形で3着圏内へ。弱い馬だとは思いませんが、条件に恵まれていたんだと思います。

さて、今年も波乱の展開が予想されるフローラステークス。
いつものように過去のデータを見ながら傾向を探り、今年好走する穴馬を予想していきます!!
下記のデータは過去10年のレース結果から出した傾向です。

人気薄の馬にも要注目!

1番人気 (4-1-0-5)
2番人気 (2-1-1-6)
3番人気 (0-3-2-5)
4番人気 (0-2-3-5)
5番人気 (1-0-0-9)
6番人気 (0-1-0-9)
7~9人 (1-1-1-27)
10人以下(2-1-3-76)

1、2番人気が当然の好走を見せていますが、人気薄の馬にも注目する必要がありそうです。

単勝100倍以上の超大穴がくる!?

1.0~1.9倍 (2-0-0-0)
2.0~2.9倍 (1-1-0-1)
3.0~3.9倍 (1-0-0-4)
4.0~4.9台 (2-1-0-3)
5.0~6.9倍 (0-2-4-5)
7.0~9.9倍 (1-2-2-8)
10.0~14.9倍(0-1-0-13)
15.0~19.9倍(0-1-1-15)
20.0~29.9倍(2-1-0-15)
30.0~49.9倍(0-0-1-22)
50.0~99.9倍(0-0-0-29)
100倍以上  (1-1-2-27)

2011年は9番人気バウンシーチューンが1着、15番人気マイネソルシエールが2着。2012年は18番人気のダイワデッセーが3着と大番狂わせが起こる可能性があります。オッズが高いからといって舐めてかかると痛い目みるかも?

前走は関係ない?

重賞(5-2-4-42)
├フラワーC(4-1-0-31)
├フィリーズR(1-0-0-3)
├チューリップ賞(0-0-1-3)
└桜花賞(0-0-2-3)

OP特別(1-2-0-19)
├アネモネS(0-1-0-6)
└忘れな草賞(1-1-0-11)

500万下(3-5-4-52)
└ミモザ賞(0-3-0-19)

新馬・未勝利(1-1-2-28)

前走が重賞で特にフラワーカップ3着以内の馬が好成績ですが、500万下を勝ち上がってきた馬も好走する可能性があります。

外枠でもいける。

1枠(1-2-0-16)
2枠(1-3-0-16)
3枠(2-1-2-14)
4枠(2-1-0-17)
5枠(0-1-2-17)
6枠(1-1-1-17)
7枠(0-0-4-22)
8枠(3-1-1-23)

東京芝2000mは、スタート後すぐにコーナーを向かえるため外枠は不利な条件。ただし、フローラステークスでは8枠は別のよう。大外枠でなければそんなに不利な条件にはならないようです。

前走は芝1800メートルに注目!

1700m以下(1-2-4-36) 2.3% 7.0% 16.3%
1800m  (7-4-2-54)10.4% 16.4% 19.4%
2000m  (2-4-2-49) 3.5% 10.5% 14.0%
2100m以上(0-0-2-3) 0.0% 0.0% 40.0%

前走1800メートルから出走する馬は多いですが、その中でも人気の馬は要チェックです。

傾向だけでみたフローラステークスの勝馬候補

WIN5対象レース、フローラステークスの傾向からみた勝馬候補は以下の通りです。

  • エバーブロッサム
  • テンシンランマン
  • セキショウ
  • イリュミナンス
  • デニムアンドルビー

傾向から見た勝ち馬有力候補この5頭です!

最終調教優秀馬

WIN5対象レースフローラステークスの最終調教優秀馬は以下の通りです。

  • イリュミナンス
  • スイートサルサ
  • エバーブロッサム
  • テンシンランマン

今回のフローラステークスは上位人気が揃っ調教の評価が良く、人気どころをおさえておけばある程度安心かもしれません。点数を縛りたい場合は結構悩むかもしれませんね。どの馬も外せない感じがします。

大川慶次郎」という予想サイトで、調教評価と、調教の内容について書かれていました。
蛯名騎手は初コンビを組むスイートサルサの調教に1カ月以上に付き添ってきたそうです!
これは本気モードかもしれません。枠も開幕週の内枠なら、持ち味のキレる脚も生かせそうです。
頑張ってほしいです!!
無料の登録が必要ですが、スイートサルサ以外にも調教から見た注目馬が公開されていましたので参考に
→「大川慶次郎のサイト

フローラステークスの最終勝馬候補

WIN5対象レースフローラステークスの勝馬候補は以下の通りです。

  • イリュミナンス
  • スイートサルサ
  • エバーブロッサム
  • テンシンランマン
  • デニムアンドルビー

レース出走数が少ないながらも、これからの成長に期待できる牝馬ばかりでかなり迷いましたが、5頭に絞らせてもらいました。
テンシンランマンは大外枠で不利かもしれませんが、過去データと調教の仕上がりを信じて、候補にいれました。
カミノタサハラについで2着になった時の実力がどれほどのものかみてみたいという個人的な期待もありますが(^_^;)
ロジプリンセスも気になりましたが、同じディープインパクト産駒のデニムの方をを推させていただきます。
またもやオッズ通りという予想になりましたが、参考にしていただけたら幸いです。

2013年皐月賞の結果

2013 年 4 月 16 日 火曜日

2013年皐月賞の結果

皐月賞結果

4/14の皐月賞の勝ち馬はロゴタイプでした!!
8年間ほど連続で荒れ続けていた皐月賞でしたが、混戦の中人気通りに決まりました。
しかし、人気通りのレースとは珍しいこともあるものですね。
あと、デムーロ兄弟の活躍で、G1レースにおいての外国人ジョッキーの強さを思い知らされる結果となりましたね。

さて、当サイトの予想結果はどうでしょうか?

皐月賞の最終勝馬候補

WIN5対象レース皐月賞の勝馬候補は以下の通りです。

  • ロゴタイプ
  • コディーノ
  • エピファネイア
  • カミノタサハラ
  • タマモベストプレイ

はい、先頭5着の馬全て的中です!
馬名は順不同であげていたのですが、上から1着とするとコディーノとエピファネイアの順序を逆にすれば3連単狙えてたかも!?なんて。ふざけるのは止めておきます。
レース途中まではどの馬も均衡していて、ロゴタイプが先に抜け出したワケで、他の馬が先に仕掛けていたらどうなっていたかわからないですからね。
本命を絞りきれず5頭にしておいたわけなんですが、WIN5予想の参考になった方がいたら幸いです。

しかし、デムーロ兄弟は兄弟で2週続けて優勝を飾るなんて本当に強いですね。
特にお兄さんの方はもう日本じゃ馴染みがありすぎて重賞レースに出てるのが当たり前みたいな感じがします。

ロゴタイプの次走は2冠の懸かるダービーですね。デムーロお兄さんの方は短期免許が切れてしまうため、弟くんが騎乗する予定だそうです。
ここまで日本で功績ををあげる外国人騎手がいたら、この免許制度って近い将来見直されるのではないでしょうか。

次回予告はサンケイスポーツ賞フローラステークス

今週はサンケイスポーツ賞フローラステークスの予想をしたいと思います!!
オークスのトライアルレースとして知られるフローラステークス。ラストグルーヴを始め、蛯名騎手と初コンビとなるスイートサルサなど気になる馬が目白押しの一戦!
よく人気馬が好走しますが、一昨年は9番人気と15番人気の馬が1,2着に入っているので、油断できないレースです。

今週も過去データを元に予想していきたいと思います!

2013年皐月賞の予想

2013 年 4 月 12 日 金曜日

2013年皐月賞の傾向&予想

皐月賞の傾向

2012年の皐月賞の勝ち馬はゴールドシップでしたね!
馬場の状態が悪い中、内を突いたゴールドシップが他馬の猛追を振り切って見事優勝を獲得しました。
ダービーでは3着以内に届かなかったものの、その後の神戸新聞杯から4連勝しているゴールドシップ!
そんな勢いのあるゴールドシップに次いで皐月賞を制すのはどの馬なのか!
今年は前日当日ともに晴れの予報。良馬場での白熱したレースを期待したいですね。

いつものように過去のデータを見ながら傾向を探り、今年好走する穴馬を予想していきます!!
下記のデータは過去10年のレース結果から出した傾向です。

穴馬の好走に注意!

1番人気 (3-2-1-4)
2番人気 (0-2-2-6)
3番人気 (1-0-3-6)
4番人気 (2-0-1-7)
5番人気 (0-0-0-10)
6番人気 (1-2-1-6)
7~9人気(2-1-1-26)
10人以下(1-3-1-85)

一番人気がよく馬券に絡んでいますが、人気薄の好走が比較的多いレースなので、穴馬に注意しましょう!

関西馬優勢。

美浦(1-3-1-57) 1.6% 6.5% 8.1%
栗東(9-6-9-93) 7.7% 12.8% 20.5%
地方(0-1-0-0) 0.0% 100.% 100.%

関西馬が圧倒的に優勢で、穴馬も関西馬に多いです。
しかし今年の出走馬をみると、上位人気有力のロゴタイプ、コディーノ、カミノタサハラなどは関東馬ですが、この傾向をどう予想に反映させるか迷っています。

差しが優勢!

逃げ(2-0-1-7)
先行(2-2-2-27)
差し(5-4-5-61)
追込(0-3-1-40)

差し馬の好成績が目立っていますが、逃げと先行も見逃せません。
今回出走する馬で差し専門の馬というのは見ませんが、差しと先行で成績を上げている馬が多いようです。

前走1着はかたい。

1着  (8-3-5-43)
2着  (0-3-3-28)
3着  (1-2-0-21)
4着  (1-1-0-9)
5着  (0-0-0-10)
6~9着(0-1-2-19)
10以下(0-0-0-20)

前走で1着馬は断然好成績ですが、前走4着以内の馬もはずせません。
穴馬の好走も多く、広い見方をしないといけない皐月賞ですが、前走の着順を参考にある程度予想する馬を絞れそうですね。

トライアルレース重視。

重賞(9-6-9-124)
├スプリングS(5-3-1-49)
├弥生賞(3-3-5-34)
├共同通信杯(1-0-2-7)
├京成杯(0-0-1-3)
├毎日杯(0-0-0-11)
├きさらぎ賞(0-0-0-9)
└アーリントンC(0-0-0-7)

OP特別(1-4-1-23)
├若葉S(1-4-1-16)
└すみれS(0-0-0-4)

トライアルレースからの強豪が3着以内をほぼ占めています。特に、スプリングステークスと弥生賞の3着以内の馬は要チェックです。

傾向だけでみた皐月賞の勝馬候補

WIN5対象レース、皐月賞の傾向からみた勝馬候補は以下の通りです。

  • ロゴタイプ
  • タマモベストプレイ
  • カミノタサハラ
  • コディーノ
  • エピファネイア
  • レッドルーラー

傾向から見た勝ち馬有力候補この6頭です!

最終調教優秀馬

WIN5対象レース皐月賞の最終調教優秀馬は以下の通りです。

  • ロゴタイプ
  • コディーノ
  • エピファネイア
  • カミノタサハラ

皐月賞の最終勝馬候補

WIN5対象レース皐月賞の勝馬候補は以下の通りです。

  • ロゴタイプ
  • コディーノ
  • エピファネイア
  • カミノタサハラ
  • タマモベストプレイ

傾向をそのまま当てはめてみたら、よくニュースで見る5頭になってしまいました(^^;)どの馬も能力が高く、調教も仕上がっているだけに的を絞りきることができませんでした。
穴馬をフェイムゲームやコパノリチャードにしているサイトもあり、どなたも的を絞りきれてない印象を受けました。
桜花賞で騎手が騒がれた分、騎手の成績や馬との相性なども吟味して慎重になっているようです。
予想がバラバラになるのは美味しいですね。なんとか当てたいところです。

今週は、先週の阪神牝馬Sの7番人気クィーンズバーンを推奨するなど、予想の調子がいいグリーンマイルという予想サイトに期待しています。
まだ情報が公開前でしたが、明日には公開されるのでチェックしておこうと思います。
最近リニューアルして、無料情報が以前よりも豊富になっていたのでみなさんも良かったら参考にそうぞ→「グリーンマイル

2013年桜花賞の結果

2013 年 4 月 8 日 月曜日

2013年桜花賞の結果

桜花賞の結果

4/7の桜花賞の勝ち馬はアユサンでした!!
桜花賞でアユサンに騎乗する予定だった丸山元気騎手が落馬負傷のため、C.デムーロに乗り代わりになっていたのですが、なんと2着には兄M.デムーロが騎乗したレッドオーヴァルと、デムーロ兄弟でのワンツーV!

C・デムーロ騎手は元々出走する予定ではなかったレースで、G1勝利、さらには兄弟でのワンツーということで、かなり嬉しそうにしていました。
レース後のコメントでは、落馬負傷した丸山騎手を気遣うコメントもしていて「乗れなかった丸山騎手のためにも勝つことが出来て良かった。」と話していました。

さて!!当サイトの予想結果はというと。

桜花賞の最終勝馬候補

WIN5対象レース桜花賞の勝馬候補は以下の通りです。

  • アユサン
  • クロフネサプライズ
  • メイショウマンボ
  • ローブティサージュ

1着アユサン、堂々の的中です!
7番人気、単勝オッズ18倍というやや穴馬のアユサンでしたが、きちんと予想に入れていました。
WIN5の予想としては的中です。

そして、この桜花賞に穴を開けたのがプリンセスジャック。
チューリップ賞では8着に敗れていたプリンセスジャックは、桜花賞では14番人気を支持率は低かったのですが、落ち着いて走れていた印象ですね。
最後の伸びもよく、デムーロ兄弟が前で競合うなか、まさか抜けて出てきたのがプリンセスジャックだとは・・・。
馬も強かったですし、「牝馬の福永騎手」も見事ですね。

次回予告は皐月賞

今週は皐月賞の予想をしたいと思います!!
牝馬たちの戦いのあとは、3歳牡馬の戦いです!!
ちらっとJRAの過去データを見てみましたが、伏兵馬の好走も多い皐月賞では前走レースや枠に注目した方がいいみたいですね!
ここ2年はゴールドシップ、オルフェーヴルが勝利しており、今年もステイゴールド産駒に注目かなと思っていたのですが、今年はステイゴールド産駒の出走は無いようですね。
末脚の瞬発力がある馬がよく馬券に絡んでいるようなので、そのあたりにも注目して予想したいと思います。
後日、過去の傾向を調べながら桜花賞の有力馬をピックアップします!

2013年桜花賞の予想

2013 年 4 月 5 日 金曜日

2013年桜花賞の傾向&予想

桜花賞の傾向

2012年の桜花賞の勝ち馬はジェンティルドンナでしたね!
つい先日もドバイワールドカップで注目の的だったジェンティルドンナです。
ジェンティルドンナは桜花賞を制して移行、ジャパンカップまで負け無しの5連勝!
今年もジェンティルドンナに続く、最強牝馬が誕生するのでしょうか!!

いつものように過去のデータを見ながら傾向を探り、今年好走する穴馬を予想していきます!!
下記のデータは過去10年のレース結果から出した傾向です。

人気馬の信頼度は低く波乱傾向!

1番人気 (3-4-1-2)
2番人気 (4-1-0-5)
3番人気 (1-1-1-7)
4番人気 (0-1-2-7)
5番人気 (0-0-0-3)
6番人気 (1-0-0-9)
7~9人 (0-1-1-28)
10人以下(1-2-2-83)

2桁人気の穴馬の好走も割と多い方です。
勝馬に関しては上位人気から出ていることが多いのでWIN5では上位人気を中心におさえておきましょう。

単勝オッズを指標に!

1.0~1.9倍 (1-1-0-0)
2.0~2.9倍 (2-1-0-1)
3.0~3.9倍 (2-2-1-3)
4.0~4.9台 (2-0-0-1)
5.0~6.9倍 (1-0-0-8)
7.0~9.9倍 (0-1-3-4)
10.0~14.9倍(1-2-2-12)
15.0~19.9倍(0-0-0-10)
20.0~29.9倍(0-1-3-14)
30.0~49.9倍(1-0-0-28)
50.0~99.9倍(0-2-1-22)
100倍以上  (0-0-0-45)

単勝オッズ別の成績を見てみると、5倍未満の馬がよく馬券に絡んでいます。

関西馬が優勢!

美浦(3-2-4-62) 4.2% 7.0% 12.7%
栗東(7-8-6-85) 6.6% 14.2% 19.8%
地方(0-0-0-1) 0.0% 0.0% 0.0%

穴馬も関西馬から出ていることが多いようです。

関東馬が優勢!

1枠(0-0-0-12)
2枠(0-0-1-11)
3枠(0-0-0-12)
4枠(1-1-0-9)
5枠(3-0-0-9)
6枠(0-0-2-10)
7枠(1-2-2-13)
8枠(1-3-1-13)

コースの傾向的には外枠が不利になっているのですが、桜花賞に限っては内が詰まることが多いので、外枠の馬の方が成績が良いです。
1~3枠は想像以上に苦戦しています。どの枠に入るかが結果を左右しそうですね。

必ずしも外が不利ではない!

1枠(0-0-2-13)
2枠(1-2-2-12)
3枠(1-1-2-14)
4枠(2-1-0-15)
5枠(0-2-1-15)
6枠(3-1-0-14)
7枠(1-2-1-14)
8枠(1-0-1-15)

中山芝1600mのコースでは、スタート直後にコーナーがあるため、外枠の馬はロスがあります。
しかし、桜花賞では内芝が荒れていたりすると、内枠の馬が苦戦したりするので、前日や当日のレースを見て馬場の状態や好走枠をチェックした方が良いと思います。
近年の桜花賞では2~5枠の好走率が高いようですよ。

斤量が軽すぎても重すぎても良くない!

重賞(9-9-8-118)
├チューリップ賞(5-4-3-26)
├フラワーC(2-2-1-11)
├フィリーズR(2-0-2-53)
└クイーンC(0-3-2-15)

OP特別(1-1-2-28)
├エルフィンS(1-1-0-1)
└アネモネS(0-0-1-21)

前走は重賞だった馬がほとんどです。
前走で大敗していた馬の巻き返しは少なく、前走着順5着以下では(0-1-1-50)。
馬券に絡んだ2頭どちらも重賞勝ちがある馬です。

傾向だけでみた桜花賞の勝馬候補

WIN5対象レース、桜花賞の傾向からみた勝馬候補は以下の通りです。

  • クラウンロゼ
  • ウインプリメーラ
  • アユサン
  • クロフネサプライズ
  • メイショウマンボ

傾向から見た勝ち馬有力候補この6頭です!

最終調教優秀馬

WIN5対象レース桜花賞の最終調教優秀馬は以下の通りです。

  • ストークアンドレイ
  • アユサン
  • ティズトレメンダス
  • クロフネサプライズ

桜花賞の最終勝馬候補

WIN5対象レース桜花賞の勝馬候補は以下の通りです。

  • アユサン
  • クロフネサプライズ
  • メイショウマンボ
  • ローブティサージュ

この4頭を桜花賞の勝馬候補に挙げます!
中でもチューリップ賞を圧勝したクロフネサプライズが注目の1頭です。
傾向的にもバッチリ当てはまりますし、調教も良し、枠も良し。ということで、鉄板と言ってもいいくらいですが、発展途上の3歳馬のレースということもあって、ここで成長を見せる馬もいるかもしれないので、最終的に4頭残しました!
戦績が少なくデータが不十分な3歳馬たちですので、ここは慎重に予想したいと思います。

ちなみに、ここ2週連続で穴馬予想を的中させている予想サイト「タクティクス」で今週の桜花賞の穴馬が2頭公開中されていました。
無料登録が必要ですが、毎週注目馬が見れるので参考になるサイトです。登録しておいて損は無いかと思います。
予想の参考にどうぞ⇒「タクティクス
私はWIN5だけでなく他の馬券種の参考にもしてます。

2013年ダービー卿CTの結果

2013 年 4 月 2 日 火曜日

2013年ダービー卿CTの結果

ダービー卿CTの結果

3/31のダービー卿CTの勝ち馬はトウケイヘイローでした!!
重賞で初勝利を飾ったトウケイヘイロー!!今回初コンビを組んだ松岡騎手は、思ったペースで行けなかったが馬に助けられたとトウケイヘイローの力を賛えていました。
ちなみに松岡騎手はこの日600勝のリーチがかかっていて、もしかしたらダービー卿CTで600達成か?!と思っていましたが、達成したのは中山6Rのカフェリュウジンとの勝利でした。
その後のダービー卿CTでも気を抜かず頑張ってくれた松岡騎手にも感謝。

さて、当サイトの予想でもトウケイヘイローはバッチリ抑えていました!

ダービー卿CTの最終勝馬候補

WIN5対象レースダービー卿CTの勝馬候補は以下の通りです。

  • ダイワマッジョーレ
  • ドナウブルー
  • ホーカーテンペスト
  • ムクドク
  • トウケイヘイロー
  • リルダヴァル

予想のときに参考サイトとして紹介していたタクティクスで「穴馬」としてトウケイヘイローが推されてましたね!
ダービー卿CTの結果
1頭推奨で見事単勝的中とは!!
これを見て私も僅かながらトウケイヘイローの単勝を買っていました。9.2倍ということで大穴ではないですが1000円が9200円、あと馬連と馬単を200円ほど買っていたので、全部合わせて20000円ちょっとゲット出来ました。
三連複より馬単の配当の方が高いというラッキーな結果でした。
タクティクス、結構当たるサイトでいい感じですね!来週の予想にも期待したいです!

さて、次回予告は桜花賞

今週は桜花賞の予想をしたいと思います!!
牝馬三冠レースのひとつに位置づけられている桜花賞!歴代の勝馬を見てみてもメジロラモーヌ、ブエナビスタ、アパパネ、ジェンティルドンナなど錚々たる顔ぶれです!
クラシックの幕を開ける一戦ということもあってワクワクしますね。
過去の傾向を調べながら桜花賞の有力馬をピックアップします!