6月 « 2013 « -パーフェクトWIN5予想サイト

2013 年 6 月 のアーカイブ

2013年ラジオNIKKEI賞の傾向&予想

2013 年 6 月 28 日 金曜日

2013年ラジオNIKKEI賞の傾向&予想

ラジオNIKKEI賞の傾向

2012年のラジオNIKKEI賞の勝ち馬はファイナルフォームでしたね!
先行集団でレースを進め、4コーナーを回ってからも抜け出せずに、戸崎騎手が外に持ち出してそこから追い上げていってゴールしました。
他の先行集団にいた馬もスピードが落ちず、外からも追い上げてくる馬がいる中で、良いタイミングで持ち出したなという感じでしたね。さすがは戸崎騎手!

いつものように過去のデータを見ながら傾向を探り、今年好走する穴馬を予想していきます!!
下記のデータは過去10年のレース結果から出した傾向です。

狙いは2番人気?

1番人気 (2-1-2-5)
2番人気 (4-2-1-3)
3番人気 (1-2-1-6)
4番人気 (0-0-1-9)
5番人気 (2-0-0-8)
6番人気 (0-1-1-8)
7~9人 (1-1-1-27)
10人以下(0-3-3-59)

1番人気の信頼度はあまり高くありません。
強いて言えば2番人気が好走しているように見えますが、オッズに頼らず実力のある馬を選びましょう!

内枠有利。

1枠(1-0-0-5)
2枠(2-1-2-13)
3枠(1-1-4-12)
4枠(1-2-0-15)
5枠(0-1-0-17)
6枠(1-1-0-16)
7枠(2-1-1-14)
8枠(1-2-2-13)

小回りコースのため、内枠が有利と言われていますが、外枠も割と良い成績です。
基本的に内枠を狙って、外枠に走りそうな馬がきたら外枠を狙うのも良いかと思います。

先行馬に注意!

逃げ(0-1-2-10)
先行(5-3-3-25)
差し(3-3-2-36)
追込(1-2-2-43)

スパイラルカーブと直線の下り坂でスピードが落ちにくいコースとなっています。
前残りしそうな馬や早めに動ける馬は要チェックです!

重ハンデに注目!

52kg以下(1-0-1-17) 5.3% 5.3% 10.5%
53kg  (1-1-2-25) 3.4% 6.9% 13.8%
54kg  (3-2-0-21)11.5% 19.2% 19.2%
55kg  (1-2-3-12) 5.6% 16.7% 33.3%
56kg以上(1-2-1-13) 5.9% 17.6% 23.6%

斤量54kg以上の馬が好走しています。
斤量53kg以下の馬も悪くはありませんが、斤量が軽いからといって選んでしまうのは早計かと思います。

前走は条件戦。

重賞(2-1-2-35)
├青葉賞(2-0-0-2)
├NHKマイルC(0-1-2-3)
├日本ダービー(0-0-0-7)
├オークス(0-0-0-2)
├桜花賞(0-0-0-1)
└京都新聞杯(0-0-0-4)

OP特別(1-6-4-26)
1000万下(3-1-2-27)
500万下(4-2-2-34)

重賞で強豪相手に走った馬も勝ち星をあげていますが、断然条件戦からの出走馬が多い上に勝っています。
但し、勝っているのは実績のある馬なので、どのレースからではなく、どういうレースで成績をあげていrかを見た方が良さそうです。

傾向だけでみたラジオNIKKEI賞の勝馬候補

WIN5対象レース、ラジオNIKKEI賞の傾向からみた勝馬候補は以下の通りです。

  • アドマイヤドバイ
  • インプロヴァイズ
  • ガイヤースヴェルト
  • シンネン
  • ミエノワンダー

傾向から見た勝ち馬有力候補この5頭です!

最終調教優秀馬

WIN5対象レースラジオNIKKEI賞の最終調教優秀馬は以下の通りです。

  • サンブルエミューズ
  • アドマイヤドバイ
  • カフェリュウジン
  • ダイワストリーム
  • ガイヤースヴェルト

ラジオNIKKEI賞の最終勝馬候補

WIN5対象レースラジオNIKKEI賞の勝馬候補は以下の通りです。

  • アドマイヤドバイ
  • インプロヴァイズ
  • ガイヤースヴェルト
  • カフェリュウジン
  • ミエノワンダー

追い切りの状態は牝馬が良好のようですが、このレースでの牝馬の勝ちはない傾向にあるので、今回は牝馬は外しました。
ガイヤースヴェルトは若干不安なところがありますが、追いきりの状態もよく、鞍上が内田騎手ということで入れてみました。
カフェリュウジンは斤量は53キロとやや軽いですが追いきりの状態もよいので候補にいれて大外枠のシンネンを外してみました。
これでどのような展開になるかドキドキです。

デビューからダート戦に出走しているあの馬に注目!?
面白い予想しているサイトがあったので、ご紹介しておきます。

競馬予想サイトファースト

⇒ファーストの公式サイト

2013年宝塚記念の結果

2013 年 6 月 24 日 月曜日

2013年宝塚記念の結果

宝塚記念の結果

6/23の宝塚記念の勝ち馬はゴールドシップでした!!

レースはイメージ通りシルポートの大逃げという展開。その後をダノンバラードが10馬身差で追走して、ダノンバラードを3強を含めた馬群が追うという形になりました。
4コーナーを過ぎて伸びたのはゴールドシップ!フェノーメノとジェンティルドンナはあまり伸びずに早い段階から2着に着けていたダノンバラードが最後の直線でも粘りますが、ゴールドシップが差をつけてゴール!!
スタートからジェンティルドンナに並び、いつものマクリと違う走りを見せたゴールドシップ。内田騎手との調教の成果を遺憾なく発揮させたように見えました。
陣営の前走の屈辱を晴らすという想いとそれに応えたゴールドシップの見事な優勝でした。重賞7勝目おめでとうございます!!

さて!!当サイトの予想結果はというと。

宝塚記念の最終勝馬候補

WIN5対象レース宝塚記念の勝馬候補は以下の通りです。

  • フェノーメノ
  • ゴールドシップ
  • ジェンティルドンナ
  • トーセンラー

WIN5の予想としては的中ですが、フェノーメノとジェンティルドンナが最後の直線であまり伸びなかったこととダノンバラードの好走は意外でした。
やはりゴールドシップの強さは本物だったということですね。
ダノンバラードは調子が良いということで3強が崩れた時の3着候補くらいに思っていましたが、2着につけてそのまま直線に入ってからも脚が伸びていましたね。
どの馬場でもコンスタントに結果を出している馬だけにこの大舞台で好走するとは良い意味でビックリしました。
鼻出血していたそうなので、これからのシーズンゆっくり休養して欲しいですね。

ゴールドシップは重賞7勝目、G1は4勝目ということで秋レースでもまた素晴らしいレースを見せて欲しいです!

次回予告はラジオNIKKEI賞

今週はラジオNIKKEI賞の予想をしたいと思います!!
ハンデキャップ競走である点はもちろん、様々なレースを経て出走する馬が多く、出走馬同士の能力比較が難しいレースですが、がんばって予想したいと思います!
負担重量の重い馬が優勢という情報が入っていますが、どういうことなのか…
後日、過去の傾向を調べながらラジオNIKKEI賞の有力馬をピックアップします!

2013年宝塚記念の傾向&予想

2013 年 6 月 21 日 金曜日

2013年宝塚記念の傾向&予想

宝塚記念の予想

2012年の宝塚記念の勝ち馬はオルフェーヴルでしたね!
前走の天皇賞(春)では1番人気を取りながらも11着という残念な結果に終わっていたオルフェーヴル。しかし、ファンからの支持は厚く、1番人気で宝塚記念に出走となりました!
4コーナーで中団馬群から空いたスペースへ突っ込んでいき、直線で末脚を弾けさせて2着に2馬身差をつけてゴールしました!!
この完璧ではないけども、強い姿がオルフェーヴルらしさというか人気の理由でしょうね。
なんとなく人間味があるというか…
ファンからの支持も厚いだけに今年の出走回避が悔やまれますが、気を取り直して傾向を見ていきましょう!!

下記のデータは過去10年のレース結果から出した傾向です。

人気馬は堅実。

1番人気 (3-3-1-3)
2番人気 (1-2-1-6)
3番人気 (1-2-3-4)
4番人気 (0-0-2-8)
5番人気 (1-0-0-9)
6番人気 (2-1-1-6)
7~9人 (1-1-1-27)
10人以下(1-1-1-62)

中穴の好走も多いですが、人気薄で重賞連対の実績のある馬ばかりです。
3番人気以内が大きく外れる事は少ないです。

4歳馬が圧倒的!

3歳 (0-0-0-5) 0.0% 0.0% 0.0%
4歳 (6-3-4-35)12.5% 18.8% 27.1%
5歳 (1-5-2-35) 2.3% 14.0% 18.6%
6歳 (2-1-3-22) 7.1% 10.7% 21.4%
7歳上(1-1-1-28) 3.2% 6.5% 9.7%

5歳以上になると途端に勝率が下がっていますが、連対率は高いです。
実力のある馬がいればチェックしておきましょう!

関西馬が優勢。

美浦(1-0-2-28) 3.2% 3.2% 9.7%
栗東(9-10-8-93) 7.5% 15.8% 22.5%
地方(0-0-0-4) 0.0% 0.0% 0.0%

関西馬が活躍していますが、最近は関東馬も好走傾向なので、あまり捕われずにに実績を重視しましょう。

中枠優勢?

1枠(1-1-3-9)
2枠(0-1-1-14)
3枠(1-1-1-15)
4枠(0-3-1-14)
5枠(1-2-1-14)
6枠(4-0-0-14)
7枠(0-0-1-18)
8枠(2-1-1-17)

今回は頭数が少ないですし、枠順も有利不利のないコースなのでそんなに差はないと思いますが、
6枠で好走しそうな馬が来たら注意しましょう!

差し馬注意!

逃げ(2-0-0-8)
先行(1-6-4-25)
差し(5-0-4-46)
追込(1-3-1-36)

逃げ先行が有利のコースです。差し馬なら早めに動ける馬に注意しましょう!

天皇賞(春)が有力!

天皇賞春(4-5-2-30)
安田記念(1-0-2-13)
目黒記念(0-0-1-21)
海外G1(1-1-0-7)
鳴尾記念(0-0-1-3)
OP特別(1-0-0-2)
1600万下(0-0-0-2)

天皇賞(春)で健闘した馬が強いです。
今年からレース開催時期の変更があり、前走が金鯱杯から鳴尾記念に変更となった馬もいるためデータ不足です。
鳴尾記念から出走する馬で実力のありそうな馬は要チェックです。

傾向だけでみた宝塚記念の勝馬候補

WIN5対象レース、宝塚記念の傾向からみた勝馬候補は以下の通りです。

  • フェノーメノ
  • ゴールドシップ
  • ジェンティルドンナ
  • トーセンラー

傾向から見た勝ち馬有力候補この5頭です!

最終調教優秀馬

WIN5対象レース宝塚記念の最終調教優秀馬は以下の通りです。

  • フェノーメノ
  • ジェンティルドンナ

皐月賞の最終勝馬候補

WIN5対象レース宝塚記念の勝馬候補は以下の通りです。

  • フェノーメノ
  • ゴールドシップ
  • ジェンティルドンナ
  • トーセンラー

3強+トーセンラーという予想になりました。
どの馬も強いですが、それぞれ弱みというか不安な点があるので絞り込むのは危険と判断して4頭にしました。

フェノーメノは阪神芝コースが初ですし輸送もあります。
馬体重の不安もありませんし、もちろん陣営は宝塚記念用に調整していると思いますがレースの展開と鞍上の蛯名騎手の手腕に左右されるかと思います。

ゴールドシップは天皇賞(春)での不可解な走りが気になります。
内田騎手がついて後方からまくってくる走りを宝塚記念に合わせた調教をして調整しているようですが、当日も調教通りの走りをするかどうか不安半分期待半分といったところです。

ジェンティルドンナは調教内容も素晴らしいものですが、今年の日本での第1戦が梅雨時期の馬場というのが気になるところです。
天気予報では晴れですがジャパンカップで見せた走りを宝塚記念でも見せることができるのかが気になるところですかね。
ただ、不安要素が1番少ないのがジェンティルドンナなので、好走に期待したいところです。

以前から私もお世話になっている『大川慶次郎』というサイトがあるんですが、週末のレースに出走する馬の対戦成績など細かいデータを見ることができて、追い切りの独自の評価などをしています。
私の予想の納得いかないという方はぜひ参考にしてみて下さい。

大川慶次郎

→大川慶次郎の公式サイトはこちら

2013年函館スプリントSの結果

2013 年 6 月 17 日 月曜日

2013年函館スプリントSの結果

函館スプリントSの結果

6/16の函館スプリントSの勝ち馬はパドトロワでした!!
好スタートを決めて好位置で楽な手応えのまま最後の直線へと向いてくると、フォーエバーマークを差し切り、伸びてきたシュプリームギフトにアタマ差をつけてゴールしました!

シュプリームギフトが伸びてきた時はどっちが勝つかドキドキしていましたが、パドトロワが勝ちましたね!
アンカツさんが引退されて騎手が乗り替わるのはプラスにはならないんじゃないかと思っていましたが、夏に必ず結果を出している馬だけにそんな心配はいらなかったですね。

さて!!当サイトの予想結果はというと。

函館スプリントSの最終勝馬候補

WIN5対象レース函館スプリントSの勝馬候補は以下の通りでした。

  • ドリームバレンチノ
  • フォーエバーマーク
  • サクラアドニス
  • テイエムオオタカ

今回は残念な結果となりました。
堅いと思っていたドリームバレンチノとテイエムオオタカが伸びませんでした。
おまけにサクラアドニスが出走中に鼻出血をするというアクシデントもあり、本調子の走りが見られませんでした。

1着馬のパドトロワ、2着馬のシュプリームギフトが3着内に入ったレースに注目してみると、どちらも7月~8月のレースで連勝しており、その内1レース以上は札幌か函館で行われたレースで勝ち星を上げていました。
傾向では重賞重視だったので外していたのですが、やはりコース実績のある馬と暑さや寒さに強く、同じ時期に成績を上げている馬は侮れませんね。
反省しておきます。

次回予告は宝塚記念

今週は宝塚記念の予想をしたいと思います!!
スターホースが一堂に会するドリームレース!
昨年優勝馬のオルフェーヴルは出走回避しましたが、ジェンティルドンナ、ゴールドシップ、フェノーメノの3強の競走が見れるということで、注目されています!4歳馬の最強はどの馬なのか見逃せませんね!

後日、過去の傾向を調べながら宝塚記念の有力馬をピックアップします!

2013年函館スプリントSの傾向&予想

2013 年 6 月 14 日 金曜日

2013年函館スプリントSの傾向&予想

2012年の函館スプリントSの勝ち馬はドリームバレンチノでしたね!
好位置から差し切り、追ってくるロードカナロアを尻目にそのままゴールしました!
3着には11番人気のビスカヤが入り、若干波乱傾向を見せました。

いつものように過去のデータを見ながら傾向を探り、今年好走する穴馬を予想していきます!!
下記のデータは過去10年のレース結果から出した傾向です。

人気馬は間違いなし。

1番人気 (4-3-0-3)
2番人気 (4-1-1-4)
3番人気 (1-1-1-7)
4番人気 (0-0-2-8)
5番人気 (0-1-2-7)
6番人気 (0-2-0-8)
7~9人 (0-2-0-28)
10人以下(1-0-4-46)

1,2着は人気馬が安定した走りを見せています。
ただ、3着馬は10番人気以下の馬も入ってくる可能性があるので、芝適性などをしっかりチェックしておきましょう!

7歳以上は苦しい。

3歳 (1-2-2-13) 5.6% 16.7% 27.8%
4歳 (3-2-2-12)15.8% 26.3% 36.8%
5歳 (5-0-1-25)16.1% 16.1% 19.4%
6歳 (1-4-4-28) 2.7% 13.5% 24.3%
7歳上(0-2-1-33) 0.0% 5.6% 8.3%

7歳以上は厳しい展開になっているようです。一方、5歳で有力馬がいたら要チェックです!

牝馬が好走!

牝馬  (8-1-2-18)
牡・セン(2-9-8-93)

夏に強い牝馬が好走の予感。実力のある牝馬がいたらぜひ候補に加えたい。

関西馬が優勢。

美浦(2-3-6-49) 3.3% 8.3% 18.3%
栗東(8-7-4-61)10.0% 18.8% 23.8%
地方(0-0-0-1) 0.0% 0.0% 0.0%

関西馬が人気上位に来たらぜひ候補に加えましょう!複勝率約85%!

前が有利!

逃げ(0-2-2-5)
先行(6-3-2-23)
差し(2-3-4-38)
追込(1-1-1-32)

函館のコースはゴール前の直線が短いため、追い込みが届かない可能性が大きいです。
先行・差しの得意な馬をチェック!

前走は重賞から。

重賞(7-7-6-54)
├高松宮記念(2-3-4-5)
├ヴィクトリアマイル(0-0-1-1)
├京王杯SC(0-0-1-9)
└NHKマイルC(1-0-1-5)

OP特別(2-2-2-38)
1600万下(1-0-1-13)
1000万下(0-1-0-2)

いろんなローテーションの馬が集まりますが、中でも高松宮記念を勝ち上がってきた馬が有力のようです。
しかし、こだわらずにコース適性がある実力のある馬に注意しましょう!

傾向だけでみた函館スプリントSの勝馬候補

WIN5対象レース、函館スプリントSの傾向からみた勝馬候補は以下の通りです。

  • ドリームバレンチノ
  • フォーエバーマーク
  • サクラアドニス
  • テイエムオオタカ

傾向から見た勝ち馬有力候補この5頭です!

最終調教優秀馬

WIN5対象レース皐月賞の最終調教優秀馬は以下の通りです。

  • テイエムオオタカ

函館スプリントSの最終勝馬候補

WIN5対象レース皐月賞の勝馬候補は以下の通りです。

  • ドリームバレンチノ
  • フォーエバーマーク
  • サクラアドニス
  • テイエムオオタカ

前年度優勝馬ドリームバレンチノは安定した成績で、今年も優勝最有力候補!!
他に1着争いをしてくるとしたらテイエムオオタカ。調教の仕上がりも文句なしの出来ということです。
牝馬で好走が期待されるのがフォーエバーマーク
穴馬としてディープインパクトカップ1着馬のサクラアドニスを加えておきます。

競馬のエンターテイメントサイトの江戸川乱舞さんが函館スプリントSについての見解を出しています!
もしまだ見ていない方がいたらチェックしてみて下さい♪

競馬スピリッツのサイトへGO!

2013年エプソムカップの結果

2013 年 6 月 10 日 月曜日

2013年エプソムカップの結果

エプソムカップの結果

6/9のエプソムカップの勝ち馬はクラレントでした!!

今年は1番人気サトノアポロが7着、4番人気クラレントが優勝しました!。1番人気連対率のデータを裏切る結果となりました。
クラレントは最初の方から逃げ馬を追走し、好位置から最終コーナーを過ぎてゴール前直線へ。馬群の中からジャスタウェイ、サンレイレーザー、リルダヴァルが上がってきて、ゴール直前ジャスタウェイの猛追をハナ差で凌いでの優勝でした!
同着かと思いましたが、クラレントの方がギリギリ先にゴールしていました。
判定写真見たら本当にちょっとの差でした。ジャスタウェイがもう少しクビを伸ばしていたら違った結果になっていたかもしれません。
それにしても、岩田騎手は最近重賞で勝ち星を上げていますね。乗り方についてかなり競馬ファンからキツイ意見も飛び交っているようですが…。
出走馬が怪我がないように祈るばかりですね。

さて!!当サイトの予想結果はというと。

エプソムカップの最終勝馬候補

WIN5対象レースエプソムカップの勝馬候補は以下の通りでした。

  • サンレイレーザー
  • アドマイヤタイシ
  • クラレント
  • サトノアポロ
  • ジャスタウェイ
  • リルダヴァル

ピックアップした馬は多かったですが、3着まで的中です!WIN5の予想としても的中しました。!
有力候補だったアドマイヤタイシ、サトノアポロは今回は残念でしたね。
特にアドマイヤタイシは中止にはならなかったものの、鞍上の丸山騎手がレース後に「歩様が気になる」と言っていたので怪我をしていないか気になるところです。
4着馬のリルダヴァルはゲートの出遅れが致命的だったとのこと。
サンレイレーザーは力をつけているようですが、距離が長い様子。1600mなら勝っていたかもしれません。
調子の悪い馬もいたみたいで、今回は予想が当たりましたが、これが競馬の怖い所ですよね。
レースだと普段と調子の変わる馬もいるので、ちゃんと特徴を掴んでおかないといけませんね。

次回予告は函館スプリントS

今週は函館スプリントSの予想をしたいと思います!!
サマースプリントシリーズがいよいよ開幕ですね!今年はサマースプリントシリーズサマー2000シリーズサマージョッキーズシリーズに、加えて「サマーマイルシリーズ」が行われます。
傾向として5走前までのレースで3着でゴールした馬が優勝しています!前走のリベンジに燃えている馬が好走するということでしょうか!?

後日、過去の傾向を調べながら函館スプリントSの有力馬をピックアップします!

2013年エプソムカップの傾向&予想

2013 年 6 月 7 日 金曜日

2013年エプソムカップの傾向&予想

エプソムカップの傾向&予想

2012年のエプソムカップの勝ち馬はトーセンレーヴでしたね!
最後の直線まで先頭3頭の順位は変わらず、3番手で先行していたトーセンレーヴがゴール前で伸びて、追ってきたダノンシャークを尻目にそのままゴール!1番人気に応えて重賞を初優勝しました。
ブエナビスタの兄弟だけあってやはり強かったですね。

いつものように過去のデータを見ながら傾向を探り、今年好走する穴馬を予想していきます!!
下記のデータは過去10年のレース結果から出した傾向です。

1番人気が堅い。

1番人気 (4-2-3-1)
2番人気 (1-3-1-5)
3番人気 (1-4-1-4)
4番人気 (2-0-0-8)
5番人気 (1-0-0-9)
6番人気 (0-1-0-9)
7~9人 (1-0-2-27)
10人以下(0-0-3-86)

1番人気の連対率はなんと90%!今回は1番人気を信用してよさそうです。
2着以降は混戦模様なので、人気に頼らず東京芝で好走している馬に注目しましょう。

4歳馬に注目!

3歳  (0-0-0-1)  0.0% 0.0% 0.0%
4歳  (6-4-3-26) 15.4% 25.6% 33.3%
5歳  (3-5-1-45) 5.6% 14.8% 16.7%
6歳  (1-1-2-38) 2.4% 4.8% 9.5%
7歳以上(0-0-4-39) 0.0% 0.0% 9.3%

若い世代が中心のレース。特に4歳馬の成績が圧倒的ですが、5、6歳馬も外さずチェックです!

内枠有利。

1枠(3-1-1-15)
2枠(1-0-2-17)
3枠(1-0-1-18)
4枠(2-3-0-15)
5枠(0-1-0-19)
6枠(1-1-2-16)
7枠(1-3-3-22)
8枠(1-1-1-27)

内枠有利のコースになっています。
外枠は不利というのが通説ですが、4枠の成績も気になる所なので実力のある馬が入ってきたら候補に入れても良さそうですね。

先行・差しが中心。

逃げ(0-2-1-7)
先行(7-2-5-24)
差し(3-4-2-71)
追込(0-2-1-47)
マクリ(0-0-1-0)

直線が長いため逃げ馬には厳しいですね。かといって追い込みが届くというわけでもないようです。
先行して成績を上げている馬をチェックです!

新潟大賞典が圧倒的!

重賞(7-6-5-94)
├新潟大賞典(4-2-4-30)
├マイラーズC(2-2-0-2)
├中日新聞杯(0-0-0-2)
├福島牝馬S(0-0-0-1)
└ダービー卿CT(0-0-0-2)

OP特別(2-1-4-41)
├メイS(0-1-0-7)
└都大路S(1-0-1-5)

1600万下(1-3-1-13)

前走が重賞なおかつ新潟大賞典からの馬を要チェックです。マイラーズから出走してくる馬も外せませんね。

前走重賞は2番人気に注目!

前走重賞
1番人気 (0-0-1-3)
2番人気 (4-1-1-2)
3番人気 (0-2-0-4)
4番人気 (1-1-0-8)
5番人気 (1-0-0-5)
6~9人 (1-1-0-36)
10人以下(0-1-3-36)

安田記念と宝塚記念の合間だからか1番人気はあまり出走しておらず、出走してもあまり好走はしないようです。
前走2番人気がいたら要注目です。

傾向だけでみたエプソムカップの勝馬候補

WIN5対象レース、エプソムカップの傾向からみた勝馬候補は以下の通りです。

  • アドマイヤタイシ
  • クラレント
  • サトノアポロ
  • ジャスタウェイ
  • リルダヴァル

傾向から見た勝ち馬有力候補この5頭です!

最終調教優秀馬

WIN5対象レースエプソムカップの最終調教優秀馬は以下の通りです。

  • サンレイレーザー
  • リルダヴァル
  • セイウンジャガーズ
  • タムロスカイ

エプソムカップの最終勝馬候補

WIN5対象レースエプソムカップの勝馬候補は以下の通りです。

  • サンレイレーザー
  • アドマイヤタイシ
  • クラレント
  • サトノアポロ
  • ジャスタウェイ
  • リルダヴァル

頭数が多くなってしまいましたが、この6頭で!!
サイレンレーザーは当初候補に入れる予定ではなかったのですが、4歳でマイラーズから出走。内枠で追い切りの状態も良いということで入れました。
ただ、東京芝コースも1年ぶりですし、1800mで良い成績を残せていないのでそれが気がかりですかね。
他の馬はサトノアポロジャスタウェイが外枠ですね。不利と言われていますが、2頭とも追い込みタイプなので外枠でも問題ないかなと思います。
そして今回1頭だけ57㎏の斤量を背負うことになったアドマイヤタイシ。陣営は苦笑いしていたそうですが…
出走馬の中では有力候補なのは確かですが、果たしてヴィルシーナのように2着馬の雪辱をこのレースで晴らすことができるか注目です。

私が候補に入れていない馬を選んでいるサイトがありましたので、気になる方は参考にどうぞ♪
無料情報の注目馬の解説が納得できるという声が多く、評判のサイトみたいです。

タクティクス
⇒タクティクスの公式サイト

2013年安田記念の結果

2013 年 6 月 3 日 月曜日

2013年安田記念の結果

安田記念の結果

6/2の安田記念の勝ち馬はロードカナロアでした!!

シルポートが飛ばして先頭を切り、最終コーナーを回ってから一気に他の馬が追い込んできました。
横一閃の2着馬争いの上、ロードカナロアとショウナンマイティが競り合いながらゴール!!
クビ差でロードカナロアが勝利しました。
最近は本当に僅差が多いですが、結果を見てハナ差クビ差がほとんどという、まさに例年通りの波乱含みのレースでした。

さて!!当サイトの予想結果はというと。

安田記念の最終勝馬候補

WIN5対象レース安田記念の勝馬候補は以下の通りでした。

  • ダイワマッジョーレ
  • グランプリボス
  • ロードカナロア
  • ダノンシャーク
  • ショウナンマイティ

的中しました!ついでに2着のショウナンマイティと3着のダノンシャークも候補に入れていました!
距離が不安でしたが、1番人気に答えるべく最後も末脚がよく伸びていましたね。
スプリンターだからということで軸馬から外した方は残念でした。
血統でも不安があるなど色々な方が様々な角度から予想されていましたが、当日の状態が少し違えばショウナンマイティや他の馬が勝っていたかもしれない接戦でした。

香港勢はそこまで脅威にはなりませんでしたね。やはり東京芝のコースは合わなかったみたいですね。
上位人気を脅かした存在といえば、牝馬の2頭!4着にマイネイサベルが入っていたことに驚きました。
ヴィルシーナもスタート直後は先頭を切って好走を見せてくれました。
東京芝のコースは以前よりも軽くなって、牝馬が好走するようになったと言いますが、コースだけの問題なのか馬の能力によるものなのかは分かりません。
今後検証するのも面白いかもしれませんね。

次回予告はエプソムカップ

今週はエプソムカップの予想をしたいと思います!!
夏競馬を前にここで勝負しておきたいという馬が出走してくるフルゲートのレース。激戦が予想されます。
気になる傾向として57㎏以上で好走している馬が毎年連対しています!
さて、それはどの馬かしっかりとチェックしなくてはいけませんね。
後日、詳しく過去の傾向を調べながらエプソムカップの有力馬をピックアップします!