9月 « 2013 « -パーフェクトWIN5予想サイト

2013 年 9 月 のアーカイブ

2013年スプリンターズSの結果

2013 年 9 月 30 日 月曜日

2013年スプリンターズSの結果

スプリンターズSの結果

9/29のスプリンターズSの勝ち馬はロードカナロアでした!!

2番人気のハクサンムーンが絶好のスタートでハナを切ってハイペースを演出する形でレースが進みました。
対照的に1番人気のロードカナロアはスタートで後手を踏み他馬に挟まれる格好になりました。しかし、急坂を上り切ってから強じんな末脚を繰り出し、見事に先頭でゴールしました!

2着には2番人気のハクサンムーンが粘り、3着には15番人気のマヤノリュウジンが奮闘しました。

『世界の』というだけあって、直線の末脚はさすがでしたね。ロードカナロアはサクラバクシンオー以来19年ぶり史上2頭目の連覇。そして、G1レース5連勝を決めました!
安田調教師はカレンチャンからの3連覇です。

ロードカナロアと安田調教師。おめでとうございます!

さて!!当サイトの予想結果はというと。

スプリンターズSの最終勝馬候補

WIN5対象レーススプリンターズSの勝馬候補は以下の通りです。

  • ロードカナロア
  • ハクサンムーン
  • ドリームバレンチノ
  • サクラゴスペル
  • サドンストーム

WIN5の予想としては的中です。

といいますか皆さんもロードカナロアに投票されていたと思うので、今週はそんなに参考になりませんでしたかね?
しかし、スタートを少し出遅れた時には皆さんもハラハラされていたと思います。あれがロードカナロアでなければその馬のリズムで競馬することは難しかったということで、格の違いを見せつけられました。

2着は好スタートから3/4馬身差で2着に入り、3着には伏兵15番人気のマヤノリュウジンがハクサンムーンにクビ差で3着。

過去データの傾向で波乱傾向ということはお伝えしていましたが、まさかのマヤノリュウジンが穴を開けました。
中山競馬場でのレースは初めてでしたが、好スタートを切って直線で内から力強く伸びていました。
重賞レースの出走は前走のセントウルS(順位は7着)のみでしたし、それで人気していなかったようです。

今年の2月に小倉開催の周防灘特別で1着、3月の阪神の心斎橋Sで1着と今年に入って条件戦で調子が良いようでしたし、今レースで騎乗した池添騎手が言うように、陣営が最高の状態に仕上げてきていた故の3着だったんでしょうね。

次回予告は毎日王冠

今週は毎日王冠の予想をしたいと思います!!
同日開催の京都大賞典では、ゴールドシップが出走してきます。今回のレースと同じように人気した上に圧勝することが容易に想像がつくので、毎日王冠の方を選びました!

しかも毎日王冠は伏兵が大活躍しているレースでもあるので、伏兵の傾向にも注意したいと思います。
後日、過去の傾向を調べながら毎日王冠の有力馬をピックアップします!

2013年スプリンターズSの傾向&予想

2013 年 9 月 27 日 金曜日

2013年スプリンターズSの傾向&予想

スプリンターズSの傾向

2012年のスプリンターズSの勝ち馬はロードカナロアでしたね!
ロードカナロアは高松宮記念で3着、函館スプリントSで2着、セントウルSでも2着と勢いに停滞が見られていました。スプリンターズSでも2番人気と主役の座をカレンチャンに譲っているような状況でした。

レースでは、前走から鞍上を任されている岩田康誠騎手は中団に控えて脚を溜め、なおかつカレンチャン1頭に照準を合わせる策を取ります。直線に入ると残り200m地点で先行勢を交わすカレンチャンと、外から馬体を合わせにいくロードカナロア

2頭の白熱した叩き合いは、最後に4分の3馬身でロードカナロアが競り勝ちました。さらに1分06秒7のレコードタイムも叩き出しました。

いつものように過去のデータを見ながら傾向を探り、今年好走する穴馬を予想していきます!!
下記のデータは過去10年のレース結果から出した傾向です。

1~3番人気は確実

1番人気 (3-3-0-4)
2番人気 (1-4-1-4)
3番人気 (2-1-1-6)
4番人気 (0-0-0-10)
5番人気 (2-0-1-7)
6番人気 (1-0-1-8)
7~9人 (0-1-5-24)
10人以下(1-1-1-65)

1~3番人気のいずれかは馬券に絡んでいますが穴馬も好走しており、波乱傾向にあります。
人気薄でも中山のコースで好成績を残している馬に注目ですね。

4、5歳馬が中心

3歳 (1-0-1-10) 8.3% 8.3% 16.7%
4歳 (4-1-4-15)16.7% 20.8% 37.5%
5歳 (1-7-3-38) 2.0% 16.3% 22.4%
6歳 (2-1-2-33) 5.3% 7.9% 13.2%
7歳上(2-1-0-32) 5.7% 8.6% 8.6%

4歳馬の勝率が高いように見えますが、出走頭数を見ると他の年齢の馬とそれほど差はないようです。
7歳以上の馬は人気馬の場合に注意しておきましょう。

逃げ、先行馬に注目

逃げ(4-0-0-6)
先行(3-5-3-24)
差し(2-3-3-61)
追込(1-2-4-37)

スタートから下り坂のあるコースなので、ハイペースになりやすいです。ただ、ゴール前直線の坂もあるので差しや追い込みも決まっています。
坂があるコースも大丈夫な馬には要注意です。

7枠が好成績

1枠(0-1-2-16)
2枠(0-3-2-15)
3枠(1-1-0-18)
4枠(2-0-0-18)
5枠(2-1-0-17)
6枠(0-1-3-16)
7枠(4-2-3-10)
8枠(1-1-0-18)

過去5年の成績を見ても必ず7枠が絡んでおり、人気馬が入っていなければその馬が穴馬となる可能性も…!?

前走は夏の重賞

セントウルS(4-5-4-45)
キーンランドC(1-3-2-19)
北九州記念(2-0-1-4)
安田記念(1-0-1-5)
アイビスSD(1-0-0-8)
函館スプリントS(0-0-0-8)
高松宮記念(0-1-0-5)
CBC賞(0-0-0-1)
OP特別・条件戦(0-0-0-14)

セントウルSから出走した馬の連対率が高いですが、夏に開催された重賞レースから出走する馬も勝っています。
但し、大敗から巻き返している馬もいることから前走の着順にこだわる必要はなさそうです。

傾向だけでみたスプリンターズSの勝馬候補

WIN5対象レース、スプリンターズSの傾向からみた勝馬候補は以下の通りです。

  • ロードカナロア
  • ハクサンムーン
  • ドリームバレンチノ
  • サクラゴスペル
  • サドンストーム

傾向から見た勝ち馬有力候補この5頭です!

最終調教優秀馬

WIN5対象レーススプリンターズSの最終調教優秀馬は以下の通りです。

  • ロードカナロア
  • サクラゴスペル

スプリンターズSの最終勝馬候補

WIN5対象レーススプリンターズSの勝馬候補は以下の通りです。

  • ロードカナロア
  • ハクサンムーン
  • ドリームバレンチノ
  • サクラゴスペル
  • サドンストーム

今回はロードカナロアで間違いないと思いますが、対抗馬として選ぶならどの馬かということを考えて他4頭を選んでみました。

人気馬は走ると思いますが、グランプリボスは初の距離短縮ということでちょっとどうなるか分からないところがあるので、外しました。
今のところ3番人気以外のサクラゴスペルは7枠の馬で、中山の短距離コースで勝鞍を挙げていることから選びました。
サドンストームは武豊騎手が重賞レースで上がってこないというのは考えられなかったので、穴馬的な感じで選びました。

WIN5予想だけでなく、スプリンターズSの予想の参考にしていただけたらと思います。

スプリンターズS予想のおすすめサイト

ベストレコード

以前からWIN5の情報を提供しているサイトとして当サイトでも一目置いているサイトです。
予想サイトにはサイトによってよく当たる時期とそうでない時期というのがあるのですが、今の時期に無料情報が当たっているので続けて的中することが予想されます!
WIN5だけでなく、保険として無料情報もご一緒に見てみてはどうでしょうか?
『ベストレコード』のサイトは下のリンクからチェックできます!

△▼△ベストレコードの公式サイト△▼△

2013年神戸新聞杯の結果

2013 年 9 月 24 日 火曜日

2013年神戸新聞杯の結果

神戸新聞杯の結果

9/22の神戸新聞杯の勝ち馬はエピファネイアでした!!

テイエムイナズマが少し遅れてのスタートとなりました。先頭争いはヒルノドンカルロを制して、ウインアルザスがハナを切りました。
2頭の後続を引き離す先行争いでペースが速くなる中、1番人気のエピファネイアは中団の外を追走しました。
4コーナー手前で早くも逃げた2頭が後続につかまり、直線では差し馬が一気に前に出てきました。その馬群から馬場のど真ん中から突き抜けたのが、エピファネイア!力強い脚どりで他馬を完封し、文句なしのレースぶりでゴールしました。

2馬身1/2差の2着には、4コーナーで最後方にいた7番人気のマジェスティハーツ、3/4馬身差の3着が2番人気のサトノノブレスでした。

さて!!当サイトの予想結果はというと。

神戸新聞杯の最終勝馬候補

WIN5対象レース神戸新聞杯の勝馬候補は以下の通りです。

  • エピファネイア
  • カシノピカチュウ
  • ラストインパクト
  • テイエムイナズマ
  • バッドボーイ

WIN5の予想としては的中です。候補馬に2番人気のサトノノブレスを入れていなかったことが、予想しているものとしては痛かったです。
エピファネイアは休み明けでも変わらず強かったですね!4コーナーから馬場の真ん中を突き抜ける姿が印象的でした。
2着のマジェスティハーツの鞍上デビュー3年目の森一馬騎手ということで、注目されていましたね。
通算30勝に満たないためにG1での騎乗ができないということでしたが、「乗り慣れている」という厩舎側の進言もあっての神戸新聞杯での騎乗でした。
それ故に、森騎手もかなり気合が入っていたと思われます。また、マジェスティハーツは2歳の頃は武豊騎手が騎乗していましたが、森騎手に乗り変わったところ、気が合ったようで500万下と1000万下と順当に勝ち上がってきました。
菊花賞では再び武豊騎手が騎乗するということで、人馬一体となれるかどうかに注目したいところです。

あと、意外だったのはタマモベストプレイやラストインパクトが上位に上がってこなかったことですね。
後日談で、タマモベストプレイは「久々だったため、あまり伸びなかったが次は良さそう」ということなので、次のレースに期待しておきまsしょう!

ラストインパクトはレース直前の落鉄でテンションが上がってしまっていたんだそうです。

テイエムイナズマは幸騎手から四位騎手への乗り替わりなんかもありましたし、休み明けということもあってエピファネイア以外は人気通りにはいきませんでしたね。

菊花賞までにどのような調整をしてくるか出走予定馬の動向をチェックしておきたいところです。

次回予告はスプリンターズS

今週はスプリンターズSの予想をしたいと思います!!
ついに、ロードカナロアとハクサンムーンの再対決の舞台がやってきますね!そして秋初戦のG1でもあります!
優勝馬は近3走以内で2着以内の成績を収めている馬から出ています。やはりG1となると実績が重要になってきますね。
後日、過去の傾向を調べながらスプリンターズSの有力馬をピックアップします!

2013年神戸新聞杯の傾向&予想

2013 年 9 月 20 日 金曜日

2013年神戸新聞杯の傾向&予想

神戸新聞杯の傾向

2012年の神戸新聞杯の勝ち馬はゴールドシップでしたね!
道中は中団やや後方に位置取っていた1番人気のゴールドシップが、徐々に進出していくと直線半ばで外から先頭に立ちました。馬場の真ん中から伸びたロードアクレイムを2馬身半突き放しての快勝でした。
3着には2番人気マウントシャスタが入り、菊花賞の優先出走権を手にできる3頭が決定しました。

いつものように過去のデータを見ながら傾向を探り、今年好走する穴馬を予想していきます!!
下記のデータは過去10年のレース結果から出した傾向です。

人気馬が堅い

1番人気 (5-3-0-2)
2番人気 (1-1-5-3)
3番人気 (3-3-1-3)
4番人気 (0-0-0-10)
5番人気 (0-2-2-6)
6番人気 (0-0-2-8)
7~9人 (1-1-0-27)
10人以下(0-0-0-46)

馬券に絡んだことのある人気薄の馬は8番人気が最低となっており、それ以下の人気が低い馬は馬券に絡んでいないので、人気馬で決まりそうです。

【ピックアップした傾向】

1枠(1-0-1-5)
2枠(0-0-0-9)
3枠(2-0-0-8)
4枠(0-1-0-9)
5枠(0-3-1-8)
6枠(1-0-2-8)
7枠(0-1-1-11)
8枠(2-1-1-9)

あまり特徴は見られませんが、連対率が1番高いのは8枠となっています。
スタートよりも最後の直線で使える脚を持っている馬に注目です。

差し馬が優勢

逃げ(0-1-1-5)
先行(0-1-1-15)
差し(5-4-3-23)
追込(1-0-1-24)

長距離なのでスタミナが必要なレースとなっています。また、直線が長く広いコースなので、追い込みも決まります。

前走ダービーが圧倒的

重賞(10-10-8-48)
├日本ダービー(9-6-4-26)
├ラジオNIKKEI賞(1-2-2-8)
├宝塚記念(0-1-2-0)
└札幌記念(0-1-0-1)

OP特別(0-0-0-7)
1000万下(0-0-2-26)
1600万下(0-0-0-2)
500万下(0-0-0-20)

日本ダービーから出走してくる馬が圧倒的な強さを見せています。あとはラジオNIKKEI賞からの馬に注意しておけば良さそうです。

傾向だけでみた神戸新聞杯の勝馬候補

WIN5対象レース、神戸新聞杯の傾向からみた勝馬候補は以下の通りです。

  • エピファネイア
  • カシノピカチュウ
  • ラストインパクト
  • テイエムイナズマ
  • バッドボーイ

傾向から見た勝ち馬有力候補この5頭です!

最終調教優秀馬

WIN5対象レース神戸新聞杯の最終調教優秀馬は以下の通りです。

  • エピファネイア
  • テイエムイナズマ
  • タマモベストプレイ

神戸新聞杯の最終勝馬候補

WIN5対象レース神戸新聞杯の勝馬候補は以下の通りです。

  • エピファネイア
  • カシノピカチュウ
  • ラストインパクト
  • テイエムイナズマ
  • バッドボーイ

WIN5の予想馬としてはエピファネイア1択だと思うのですが、それでは面白くないので3着内に来るのはどの馬かということも考えて5頭選びました。
まず、ダービーからの出走馬なのですがエピファネイア以外の馬はテイエムイナズマを選びました!
タマモベストプレイも追い切り状態は優秀という評価を受けているのですが、皐月賞からG1は勝ちきれていないところを見ると若干の不安が残るので、もう少しで掲示板圏内だったテイエムイナズマを候補にあげてみました。

カシノピカチュウはラジオNIKKEI賞からの馬ということで選んでいます。

また、春の青葉賞で2着に入ったラストインパクトと8枠出てくる条件戦からの馬ということでバッドボーイを穴馬として選んでおきます。

神戸新聞杯のおすすめサイト

タクティクス

条件戦からの馬は厳しいはずなのですが、1000万下からの馬を選んでいるサイトがあったので、紹介しておきます。
以前からこのサイトの穴馬情報には注目しているのですが、今回は陣営側の情報を公開していました。
どういう見解を出しているかというのは直接サイトをチェックしてみて下さい。

◆◇◆タクティクスの公式サイト◆◇◆

2013年セントライト記念の結果

2013 年 9 月 18 日 水曜日

2013年セントライト記念の結果

セントライト記念の結果

9/17のセントライト記念の勝ち馬はユールシンギングでした!!
1000メートルの通過タイムは01分01秒07のゆったりした流れとなりました。ユールシンギングは中団後方、9番手を折り合いながらの追走。
パワーを十分にためて直線に入り、残り1ハロンの所でダービーフィズとレッドルーファスに前を塞がれ、加速できず、ワンテンポ遅れた仕掛けから懸命に追い上げます。

残り100メートルで、先頭のダービーフィズとはまだ1馬身半差ありましたが脚を伸ばして並びかけ、鼻差かわしたところでゴールして初の重賞優勝しました!

さて!!当サイトの予想結果はというと。

セントライト記念の最終勝馬候補

WIN5対象レースセントライト記念の勝馬候補は以下の通りです。

  • ヒラボクディープ
  • ケイアイチョウサン
  • ダービーフィズ
  • アドマイヤスピカ
  • ヒロノプリンス

WIN5の予想としては不的中です。
北村騎手が騎乗する馬ということで、馬名は挙げていましたが実績を重視してヒロノプリンスの方を候補として挙げました。
しかし、500万下からの昇級戦で優勝するとは、、、恐るべき人馬一体の力!といったところでしょうか。

ちなみに2着は5番人気ダービーフィズ、3着は6番人気のアドマイヤスピカという結果でした。2番人気のケイアイチョウサンは5着と掲示板入りしましたが、1番人気に推されていたヒラボクディープはというと、13着と沈んでしまいました。

これはよっぽど立て直さないと来月のG1は厳しそうですね。

ただこれが菊花賞トライアルということを考えると、本当にこの結果で良かったのかという気がします。調教師も勝利コメントで「菊花賞を目標と思っていなかった」と言っていたということで、予想外の展開となったことが伺えます。

最近はセントライト記念から菊花賞への出走馬も少ないということなので、来週の神戸新聞杯に注目が集まりそうですね。

この3日開催の間になんとWIN5を当てていたサイトを見つけたので、紹介しておきます。
そのサイトとは『競馬スピリッツ』です!

9月15日のWIN5予想で、492万3330円!!

もうご存知の方もいるかもしれませんが、このサイトのWIN5予想をしている松本大吉さんという方は、今年に入ってからなんと今回を合わせて5回。合計すると7回もWIN5を当てています!
1回目の的中から『競馬スピリッツ』の松本大吉さんのコラムを見ている人はどれだけ稼げているのでしょうか、、、恐ろしい。そして羨ましい。

競馬スピリッツの情報が気になる方はサイトをチェックしてみて下さい。
▼△▼△▼競馬スピリッツの公式サイト▼△▼△▼

次回予告は神戸新聞杯

ローズSの結果の記事にも書きましたが、今週は神戸新聞杯の予想をしたいと思います!!
後日、神戸新聞杯の予想もお楽しみに!
2013年ローズSの結果はこちら

2013年ローズSの結果

2013 年 9 月 17 日 火曜日

2013年ローズSの結果

ローズSの結果

9/15のローズSの勝ち馬はデニムアンドルビーでした!!

スタートで2馬身ほど出遅れ、道中は最後方18番手からの追走となったデニムアンドルビー
3コーナー辺りからスパートを開始して直線に向いて馬場の外へと持ち出されると、残り100mで前を行く各馬を一気に抜き去って豪快に差し切り、ゴール前で追い込んだシャトーブランシュに1/2馬身差をつけ優勝しました。
3着は直線でよく脚を伸ばしたウリウリに決まり、上位3頭が秋華賞への優先出走権を獲得しました。

さて!!当サイトの予想結果はというと。

ローズSの最終勝馬候補

WIN5対象レースローズSの勝馬候補は以下の通りです。

  • デニムアンドルビー
  • メイショウマンボ
  • エバーブロッサム
  • レッドオーヴァル
  • ローブティサージュ

WIN5の予想としては的中です。しかし、オークス上位馬で秋華賞の優先権を勝ち取ったのがデニムアンドルビーだけということには驚きました。

道悪のせいかとも思いましたが、3番人気レッドオーヴァルも2番人気エバーブロッサムも重馬場や稍重の馬場で3着内に入る成績を残していたので、そこまで影響しないかと思いましたが、不良馬場でも好成績を残しているシャトーブランシュが穴馬になりましたね
ウリウリも2歳未勝利戦で雨だった時に、人気に応えて1着になっていました。
4番人気のメイショウマンボはクビ差で4着となりましたが、惜しかったですね。

馬場の適性だけではないんですが、最近は強い馬が最後にゴボウ抜きするという展開が多いように感じます。
G1では強い馬同士の対決を拝みたいものですね。

次回予告は神戸新聞杯

今週は神戸新聞杯の予想をしたいと思います!!
菊花賞の前哨戦ということで注目のレースです。ダービー2着のエピファネイアが出走予定の他、春シーズンで活躍した馬の出走にもワクワクが止まらない一戦です。
後日、過去の傾向を調べながら神戸新聞杯の有力馬をピックアップします!

2013年セントライト記念の傾向&予想

2013 年 9 月 14 日 土曜日

2013年セントライト記念の傾向&予想

セントライト記念の傾向

2012年のセントライト記念の勝ち馬はフェノーメノでしたね!
道中スローペースで進み、各馬団子状態でレースが進みました。その中でフェノーメノが終始スムーズなレース運びを見せ、その後ろにダノンジェラートが追走していましたが、ゴール前で脚を貯めていたスカイディグニティがダノンジェラートに先着する形でゴールしました。

フェノーメノがダービー2着馬の強さを見せつけるレースとなりました。

いつものように過去のデータを見ながら傾向を探り、今年好走する穴馬を予想していきます!!
下記のデータは過去10年のレース結果から出した傾向です。

人気薄の好走あり

1番人気 (3-2-1-4)
2番人気 (1-2-1-6)
3番人気 (1-2-0-7)
4番人気 (1-2-2-5)
5番人気 (0-0-1-9)
6番人気 (1-0-1-8)
7~9人 (2-1-3-24)
10人以下(1-1-1-72)

人気上位馬の連対率は安定していますが、10番人気以下の馬からも勝馬が出ていることから人気薄の馬にも要注意です。

先行馬が優勢

逃げ(1-2-0-8)
先行(6-4-6-20)
差し(3-3-4-68)
追込(0-1-0-34)
マクリ(0-0-0-1)

中山2200mの内回りコースを使用するためにペースが速くなりにくく、先行馬に有利なコースとなっています。
追い込み馬が届かずに苦戦しています。

やや外枠が有利

1枠(0-3-1-13)
2枠(1-0-2-16)
3枠(1-2-0-17)
4枠(1-2-0-17)
5枠(1-0-0-19)
6枠(2-1-2-15)
7枠(2-0-3-18)
8枠(2-2-2-20)

1枠以外は勝馬がどの枠からも出ており、そんなに違いはないように見えますが、近年のレースでは6枠~8枠から勝馬が出ています。

勝馬は重賞級

重賞(7-4-5-38)
├東京優駿(3-3-2-14)
├ラジオNIKKEI賞(3-0-2-15)
└札幌記念(0-1-0-2)

OP特別(0-0-0-13)
1600万下(0-1-0-1)
1000万下(1-5-2-42)
500万下(1-0-3-35)
未勝利(0-0-0-1)

前走は日本ダービーとラジオNIKKEI賞からの馬が勝率、連対率が高いです。
しかし、1000万下からの馬も健闘しているため、条件戦からの馬にも注目です。

傾向だけでみたセントライト記念の勝馬候補

WIN5対象レース、セントライト記念の傾向からみた勝馬候補は以下の通りです。

  • ヒラボクディープ
  • ケイアイチョウサン
  • ダービーフィズ
  • アドマイヤスピカ
  • ヒロノプリンス

傾向から見た勝ち馬有力候補この5頭です!

セントライト記念の追い切りでは、最優秀に評価された馬がいませんでした。どの馬も状態はそこそこ良いといったところだと思います。
また、ダービーで3着に入ったアポロソニックが「右前脚靭帯炎発症」で故障ということで、出走回避して前走、前々走重賞級で上位に入っている馬が2頭しかいないというメンバーとなりました。

やはり重賞級に出走経験のある馬は外せないということで、4頭を選びました。アドマイヤスピカは追い切り評価はあまり良くないので心配ですが、このメンバーなら上位に来るのではないかと思います。

穴候補としては、勝率22%の北村騎手が騎乗するユールシンギングに注目したいところですが、前走1000万下で堅実な成績を残している7枠のヒロノプリンスを推しておきます。

▼9/15(日) ローズSの予想はこちら▼

セントライト記念予想のおすすめサイト

ファームの注目馬情報

どのサイトも1番人気のヒラボクディープを推している中で、ヒラボクディープ抜きで注目馬情報を出していたので、注目したいサイトです。
競馬応援サイトファームの公式サイト

2013年ローズSの傾向&予想

2013 年 9 月 13 日 金曜日

2013年のローズS傾向&予想

ローズSの傾向

2012年のローズSの勝ち馬はジェンティルドンナでしたね!
ほぼそろったスタートからサンマルクイーンが先頭に立ち、ジェンティルドンナが2番手につける展開で4コーナーに向かいました。
4コーナーに入ると加速を増したジェンティルドンナが直線に入ってトップを奪い、鋭い伸びで後続を寄せつけずに2番人気のヴィルシーナを1馬身半差に抑えてゴールし、桜花賞とオークスの2冠を制した実力を見せつけました。

いつものように過去のデータを見ながら傾向を探り、今年好走する穴馬を予想していきます!!
下記のデータは過去10年のレース結果から出した傾向です。

1、2番人気が安定

1番人気 (4-2-1-3)
2番人気 (2-2-2-4)
3番人気 (0-0-2-8)
4番人気 (1-0-1-8)
5番人気 (2-1-2-5)
6番人気 (0-2-0-8)
7~9人 (1-2-1-26)
10人以下(0-1-1-50)

1、2番人気の連対率が安定していますが、3番人気の連対がないのでただ上位人気の馬を選ぶだけでは不安です。
人気薄でも前走G1で好走している馬がいたら候補に入れておきましょう。

関東馬も好走

美浦(2-1-2-14)10.5% 15.8% 26.3%
栗東(8-9-8-92) 6.8% 14.5% 21.4%
地方(0-0-0-6) 0.0% 0.0% 0.0%

関西馬の出走がほとんどなのですが、勝率を見ると関東馬も好走しているので、有力馬であればこだわる必要はなさそうです。

差し馬優勢

逃げ(1-0-0-5)
先行(2-0-2-17)
差し(3-5-4-24)
追込(0-1-0-22)

広くて直線の長いコースなので、スローペースになりやすいです。追い込み馬が苦戦していて差し馬の連対数が多いので、差し馬で強烈な決め手がある馬に要注目です。

前走はオークス

重賞(9-9-5-39)
├優駿牝馬(8-5-3-30)
├桜花賞(1-0-0-1)
└クイーンS(0-2-1-2)

OP特別(0-1-0-4)
1000万下(0-0-5-18)
500万下(1-0-0-36)
未勝利(0-0-0-6)

オークスからの馬の出走数が多く、圧倒的な強さを見せています。
また前走オークスの勝馬だけでなく、掲示板を逃している馬で条件の良さそうな馬にも注意しておきましょう。

傾向だけでみたローズSの勝馬候補

WIN5対象レース、ローズSの傾向からみた勝馬候補は以下の通りです。

  • デニムアンドルビー
  • メイショウマンボ
  • エバーブロッサム
  • レッドオーヴァル
  • ローブティサージュ

傾向から見た勝ち馬有力候補この5頭です!

最終調教優秀馬

WIN5対象レースローズSの最終調教優秀馬は以下の通りです。

  • メイショウマンボ
  • デニムアンドルビー

ローズSの最終勝馬候補

WIN5対象レースローズSの勝馬候補は以下の通りです。

  • デニムアンドルビー
  • メイショウマンボ
  • エバーブロッサム
  • レッドオーヴァル
  • ローブティサージュ

オークスから出走する馬が中心ということで候補を選びましたが、今回は人気通りに決まりそうな予感がします。
ローブティサージュだけは春のクラッシックレースでの勝ち鞍がありませんが、上がり3ハロンのタイムを見る限りではクラッシクタイトルを勝ち取った馬に1番対抗できそうです。

夏競馬から出走する馬と休み明けのG1馬がどんな走りを見せてくれるか楽しみですね。

▼9/16(月) セントライト記念の予想はこちら▼

ローズS予想のおすすめサイト

馬券フォーカス

注目レースの考察が詳しく、参考にできます。注目馬情報もただ人気馬を選んでいるのではなく、前走のレース内容や追い切りの状態から選んでいるので、そういた情報が気になる方にはチェックする価値があるサイトだと思います。
馬券フォーカスの公式サイト

2013年セントウルSの結果

2013 年 9 月 9 日 月曜日

2013年セントウルSの結果

セントウルSの結果

9/8のセントウルSの勝ち馬はハクサンムーンでした!!

大外枠での出走となったハクサンムーン。スタートが遅れましたが、外から上がっていって先手を奪い、先頭を進む形でレースが進みました。
直線に入り、1番の人気ロードカナロアが迫ってきましたが、坂を駆け上がりながらもリードを保ったハクサンムーンがそのまま逃げ切ってゴールしました。

3着争いは横に広がりましたが、3番人気のドリーンバレンチノがクビ差で4着を抑えて先着しました。

さて!!当サイトの予想結果はというと。

セントウルSの最終勝馬候補

WIN5対象レースセントウルSの勝馬候補は以下の通りです。

  • ロードカナロア
  • ハクサンムーン
  • シュプリームギフト
  • ローガンサファイア
  • ティーハーフ

WIN5の予想としては的中です。
ロードカナロアが1.0というほぼ間違いないオッズで1番人気でしたが、一歩届かずという結果となりました。
最近は1番人気が素直に1着しないレースが多いですね。しかし、
人気上位馬が3着内に入ったので、3連複や3連単で当たったという方も多いのではないでしょうか?

人気薄の馬が来るかもしれないレースだったので、穴馬も含めた勝馬候補を公開していましたが、穴馬の予想は要らなかったようですね。
まあ、これはレースが終わってから言えることなんですが…(汗)

最優秀調教馬通りの1着2着となったので、人気馬が走るとわかっている時は調教評価もしっかり考慮に入れておくことが大切だと改めて感じたレースでした。

次回予告はローズS

今週はローズSの予想をしたいと思います!!
優勝馬にはホエールキャプチャジェンティルドンナなど3歳以降もGⅠ級レースで活躍を見ることとなる有望な3歳牝馬同士の対決です。
秋華賞へのメインルートだけに春のクラシックで好走した馬が出走する注目レースです。
今年はフローラS優勝馬のデニムアンドルビーやオークス優勝馬のメイショウマンボ、フローラSやオークスともに2着のエバーブロッサムなど有力馬の走りに注目したいですね。
後日、過去の傾向を調べながらローズSの有力馬をピックアップします!

2013年セントウルSの傾向&予想

2013 年 9 月 6 日 金曜日

2013年セントウルSの傾向&予想

セントウルSの傾向

2012年のセントウルSの勝ち馬はエピセアロームでしたね!
ほぼそろってのスタートから2番人気のマジンプロスパーが抜け出してトップに立ち、3番人気のカレンチャンが2番手、1番人気のロードカナロアが3番手につける展開で3コーナーに入りました。

4コーナーからロードカナロアが直線でトップを奪い、カレンチャンも最後の追い上げを見せましたが、間から驚異の末脚で追い上げたエピセアロームがゴール直前でロードカナロアを捉えて頭差で抜け出し1着でゴールしました。
2着のロードカナロアとはアタマ差、3着のアンシェンブルーともクビ差の大接戦でした。

いつものように過去のデータを見ながら傾向を探り、今年好走する穴馬を予想していきます!!
下記のデータは過去10年のレース結果から出した傾向です。

1、2番人気が安定

1番人気 (2-3-3-2)

2番人気 (2-3-1-4)

3番人気 (1-1-0-8)

4番人気 (1-0-2-7)

5番人気 (2-1-1-6)

6番人気 (1-0-0-9)

7~9人 (0-1-1-28)

10人以下(1-1-2-53)

1、2番人気の成績が安定していますが、近5年では1番人気が不振で6番人気内から勝馬が出ています。
人気薄の好走にも注意が必要なようです。

4、5歳馬が中心

3歳 (2-2-1-17) 9.1% 18.2% 22.7%

4歳 (3-2-4-20)10.3% 17.2% 31.0%

5歳 (4-3-3-33) 9.3% 16.3% 23.3%

6歳 (1-1-1-28) 3.2% 6.5% 9.7%

7歳上(0-2-1-19) 0.0% 9.1% 13.6%

7歳以上の馬からは勝馬が出ておらず、4、5歳馬が中心と見て良さそうです。

牝馬が活躍

牝馬  (7-3-3-35)

牡・セン(3-7-7-82)

昨年の勝馬エピセアロームも牝馬で、12番人気で3着に入ったアンシェルブルーも牝馬でした。
一昨年の勝馬も牝馬で、2009年には1~3着内すべて牝馬が入っているところを見ると牝馬が馬券の要となるレースとなっています。

北九州記念からの馬に注目

北九州記念(4-1-2-41)

アイビスSD(2-0-0-3)

函館スプリントS(0-2-1-1)

高松宮記念(0-1-0-4)

キーンランドC(1-1-0-7)

関屋記念(0-0-0-3)

安田記念(0-0-0-6)

OP特別(3-2-4-25)

1600万下(0-0-0-5)

1000万下(0-0-0-3)

北九州記念から出走の馬が多いだけに勝馬も多いです。
ただ、今年はアイビスSDとキーンランドCの勝馬もいるだけに、実績のある人気馬にも注意したいところです。

傾向だけでみたセントウルSの勝馬候補

WIN5対象レース、セントウルSの傾向からみた勝馬候補は以下の通りです。

  • ロードカナロア
  • ハクサンムーン
  • シュプリームギフト
  • ローガンサファイア
  • ティーハーフ

傾向から見た勝ち馬有力候補この5頭です!

最終調教優秀馬

WIN5対象レースセントウルSの最終調教優秀馬は以下の通りです。

  • ロードカナロア
  • ハクサンムーン

セントウルSの最終勝馬候補

WIN5対象レースセントウルSの勝馬候補は以下の通りです。

  • ロードカナロア
  • ハクサンムーン
  • シュプリームギフト
  • ローガンサファイア
  • ティーハーフ

最近荒れているレースですが、今年はロードカナロアで決まりそうな気もします。
ただ傾向を見ると穴馬も怖いので、13頭立てですが5頭勝馬候補を挙げさせてもらいました。

また牝馬が強いということですが、今年は3頭しかいません。
そして、牝馬で3着内に入りそうな馬といったらシュプリームギフトしかいなかったので、キーンランドCからの出走馬としても候補に入れておきます。

ローガンサファイアは3歳牝馬で、阪神での実績があり、北九州記念からの馬ということで成績穴馬候補に挙げました。
また、OP特別からの馬の成績も良いのでOP特別の成績の良いティーハーフを挙げておきます。

セントウルS予想のおすすめサイト

大川慶次郎の追い切り情報

追い切りの最終調教優秀馬はロードカナロアとハクサンムーンですが、その他にも調子の良さそうな馬がいたようです。
「大川メソッド」の観点からの調教結果の評価が気になる方は『大川慶次郎』の公式サイトをチェックしてみて下さい。
『大川慶次郎』の公式サイト