10月 « 2013 « -パーフェクトWIN5予想サイト

2013 年 10 月 のアーカイブ

2013年天皇賞(秋)の結果

2013 年 10 月 28 日 月曜日

2013年天皇賞(秋)の結果

天皇賞(秋)の結果

10/27の天皇賞(秋)の勝ち馬はジャスタウェイでした!!

予想通りハナはトウケイヘイローが切っていって、その後をジェンティルドンナが追走する形でレースがスタートしました。
道中ジャスタウェイは中団の位置からの競馬。4コーナーから除々に上位進出して早めに外に持ち出すと内に切れ込む形で1級品と言われる末脚を使ってきました。
トウケイヘイローをかわして早めにハナに立ったジェンティルドンナもスルーし、あっという間に3馬身、4馬身と差を広げて圧勝しました。

福永騎手は菊花賞に続いてG1レースを2連勝しました!
菊花賞と天皇賞(秋)を続けて優勝したのは天皇賞(秋)をシンザンで優勝した1965年の栗田騎手以来の快挙!
また、父の洋一氏が72年にヤマニンウェーブで制しているため、横山騎手に続く2組目の親子制覇となりました!

さて!!当サイトの予想結果はというと。

天皇賞(秋)の最終勝馬候補

WIN5対象レース天皇賞(秋)の勝馬候補は以下の通りです。

  • ジェンティルドンナ
  • エイシンフラッシュ
  • トウケイヘイロー
  • ジャスタウェイ
  • ダノンバラード

WIN5の予想としては的中です。
しかし、ジャスタウェイは結構人気すると思っていましたが、4番人気はコディーノだったんですね。
コディーノジャスタウェイのどちらを選ぶか迷っていましたが、近走のレースで好成績のジャスタウェイを選んでいて正解でした
5番人気以下の馬からも勝馬が出ていると傾向を出していましたが、まさしく5番人気が勝っちゃいましたね。
印は穴馬がくると見込んでダノンバラードを連下に選んでいましたが、外してしまいました。

オッズ2.0で断トツの人気だったジェンティルドンナはスタートが良すぎたため、速いペースを刻むトウケイヘイローに付いていく形となり、結果的に得意の末脚が使えなかったようですね。
鞍上の岩田騎手は「ゲートで馬がビックリするような感じで出てしまった」とのことで、見ている側には好スタートを切ったと見えたものの、馬からしてみれば落ち着いてレースできていなかったようです。

2番人気のトウケイヘイローについては、鞍上の武豊騎手が「前半から力んで抜けなかった。コーナーが4つの競馬なら、1コーナーでいつも抜けるんだけど」とコメントしていました。
また、重馬場で結果を出していた馬だけに「馬場も乾き過ぎた感じ」とも語っていました。

台風の影響があると思えた天皇賞(秋)でしたが、馬場状態も良い具合にジャスタウェイに味方したようです。
また、天皇賞(秋)で4馬身差を着けたことは87年の優勝馬ニッポーテイオーの5馬身差に次ぐ大きな着差で、良馬場では最大の記録です!
ジャスタウェイにとって、元々持っていた能力の高さを満を持して発揮できたレースとなったみたいですね。
残念ながらジャパンCには出走しないということで、有馬記念に期待したいですね。

天皇賞(秋)の注目馬的中サイト!

ホースマンクラブの重賞注目馬

『ホースマンクラブ』
3ヶ月の休養がプラスに働いて、馬体が完成期に入ってきているために最近の2着続きという成績を残せていることに注目していました。

水曜日に更新している『重賞ピックアップ』の情報でしたので、気になる方はサイトの方をチェックしてみて下さい。
ホースマンクラブの公式サイト

次回予告はアルゼンチン共和国杯

今週はアルゼンチン共和国杯の予想をしたいと思います!!
ハンデ戦ながらも人気上位馬が崩れない傾向にあるということで、人気馬に注目ですね。

データでは、過去9年の優勝馬9頭は、いずれも同年にJRAの芝2000~2600mのレースで優勝した経験のある馬だったとのことで、出走馬のレース成績にも注目したいところです。
後日、過去の傾向を調べながらアルゼンチン共和国杯の有力馬をピックアップします!

2013年天皇賞(秋)の傾向&予想

2013 年 10 月 25 日 金曜日

2013年天皇賞(秋)の傾向&予想

天皇賞(秋)の傾向

2012年の天皇賞(秋)の勝ち馬はエイシンフラッシュでしたね!
昨年は天皇皇后両陛下がご来場され、7年ぶりの天覧競馬となりました。

5番人気エイシンフラッシュはスタートから中団馬群の内に近い位置に潜り込んで、4コーナーで最内を突きました。
最内は一直線にスペースが開けており、エイシンフラッシュが外で叩き合う他馬をまとめて交わして、残り150mで先頭に抜け出ました。そのまま2着のフェノーメノを抑えこんでゴールしました。

いつものように過去のデータを見ながら傾向を探り、今年好走する穴馬を予想していきます!!
下記のデータは過去10年のレース結果から出した傾向です。

波乱傾向アリ

1番人気 (5-2-1-2)
2番人気 (0-2-3-5)
3番人気 (0-0-1-9)
4番人気 (1-1-0-8)
5番人気 (2-1-0-7)
6番人気 (0-0-2-8)
7~9人 (1-3-1-25)
10人以下(1-1-2-80)

1番人気は安定していますが、5番人気以下の馬からも勝ち馬が出ていることから人気薄の馬にも注意を払っておきましょう。

4、5歳馬に注目

3歳 (0-3-2-11) 0.0% 18.8% 31.3%
4歳 (5-3-3-33)11.4% 18.2% 25.0%
5歳 (4-4-4-40) 7.7% 15.4% 23.1%
6歳 (0-0-1-27) 0.0% 0.0% 3.6%
7歳上(1-0-0-33) 2.9% 2.9% 2.9%

4、5歳馬の勝率、複勝率ともに高い成績を収めています。

差し馬中心

逃げ(0-1-0-9)
先行(2-3-2-28)
差し(8-4-5-64)
追込(0-2-3-42)

先行馬も勝っていますが、差し馬の勝率が圧倒的に高いです。逃げ切るのも追い込むのも難しくなっています。

前走はGⅠ・GⅡ

宝塚記念(3-2-1-16)
毎日王冠(4-3-2-54)
京都大賞典(1-0-1-14)
札幌記念(2-0-2-6)
オールカマー(0-1-0-21)
東京優駿(0-0-0-0)

OP特別(0-0-0-0)
1600万下(0-0-0-1)
地方(0-0-0-6)
海外(0-1-0-1)

宝塚記念、毎日王冠の2つに絞っても良さそうですが、札幌記念からの馬も侮れませんね。

休み明けにも注意

連闘(0-0-0-1)
中1週(0-1-1-1)
中2週(5-3-3-70)
中3週(0-0-0-2)
中4週~中8週(0-2-1-32)
中9週~半年(5-3-4-29)
半年以上(0-1-1-9)

中2週からの馬が多く、好成績を残しています。また、半年以内に休養を取っている馬の勝率が高いです。

傾向だけでみた天皇賞(秋)の勝馬候補

WIN5対象レース、天皇賞(秋)の傾向からみた勝馬候補は以下の通りです。

  • ジェンティルドンナ
  • エイシンフラッシュ
  • トウケイヘイロー
  • ジャスタウェイ
  • レッドスパーダ

傾向から見た勝ち馬有力候補この5頭です!

最終調教優秀馬

WIN5対象レース天皇賞(秋)の最終調教優秀馬は以下の通りです。

  • ジェンティルドンナ
  • エイシンフラッシュ
  • トウケイヘイロー
  • コディーノ

天皇賞(秋)の最終勝馬候補

WIN5対象レース天皇賞(秋)の勝馬候補は以下の通りです。

  • ジェンティルドンナ
  • エイシンフラッシュ
  • トウケイヘイロー
  • ジャスタウェイ
  • ダノンバラード

前走が宝塚記念、毎日王冠、札幌記念で掲示板に載った馬に絞って傾向を出しましたが、馬齢と宝塚記念の結果からダノンバラードを入れました。

また、調教ではコディーノが調子が良いということでちょっと悩みました。春のクラシックレースでは皐月賞で3着と結果を残しています。
また、3歳馬から勝馬は出ていませんが、2着・3着が出ているので、複勝圏内に入ってくる可能性があります。

しかし、3歳上のレースだけに春のレース結果まで考慮に入れるのはどうかと思い、近走3レースで2着と好成績のジャスタウェイを選びました。

印をつけるならこんな感じでしょうか。↓

◎ジェンティルドンナ
◯エイシンフラッシュ
△ダノンバラード

5番人気以下の馬も好走していることから、このようにつけてみました。参考にしていただければと思います。

天皇賞(秋)予想の参考サイト

最近管理人が評価して優良と判断したサイトがありましたので、【お役立ち競馬情報サイト一覧】のページを更新しています。
自分に合った予想サイトを探している方や無料で注目馬情報が知りたい方がいましたら、複数のサイトをピックアップしていますので、参考にされてみて下さい。

お役立ち競馬情報サイト一覧

※右上のメニューからも見れますよ!

2013年菊花賞の結果

2013 年 10 月 21 日 月曜日

2013年菊花賞の結果

菊花賞の結果

10/20の菊花賞の勝ち馬はエピファネイアでした!!

スタートでは先頭はネコタイショウかと思いきやバンデが先頭に立ち、2頭を見る形で他の馬が続きました。最後方は2番人気のマジェスティハーツで縦長の展開。

1番人気のエピファネイアは2周目3コーナー手前で2番手に上がり、直線に入って逃げる3番人気バンデ並びかけて追い出しを開始。そこからはグングンと後続を突き放して、中団から脚を伸ばしゴール前でバンデを交わした5番人気サトノノブレスに5馬身差をつけ優勝しました。

やはりエピファネイアは強かった!課題だった折り合い面をクリアして完勝し、鞍上の福永騎手は初の牡馬クラシックレースを優勝を果たしました。

さて!!当サイトの予想結果はというと。

菊花賞の最終勝馬候補

WIN5対象レース菊花賞の勝馬候補は以下の通りです。

  • エピファネイア
  • マジェスティハーツ
  • ユールシンギング
  • ラストインパクト
  • バンデ

WIN5の予想としては的中です。過去データからは荒れる傾向にあるということで、高額配当を期待していたのですが、予想よりも堅く決まってしまって少しガッカリです。
WIN5の方も1番人気と2番人気で手堅く決まって、配当金は3万円弱とあまり美味しい結果にはなりませんでしたね。
しかし、エピファネイアがゴール前で後続を突き放す姿にはテンションが上がりました!「やはりG1はこうでなきゃ!」と1人興奮しておりましたw

穴馬として選んでいた馬ではバンデが的中しました。距離適性があると評価されていただけあって、スタートから先頭をきっていたのにも関わらず最後まで粘っていましたね。

反対に上がってくると思われたマジェスティハーツは末脚伸びずに13着という結果。
鞍上の武豊騎手によると、「不良馬場がこたえたようで、エンジンに火がつかなかった」とのこと。
松永調教師の話では「馬場より距離。母エアラホーヤの短距離向きの血統がモロに出た」ということでした。

マジェスティハーツにはこのレースで適性を見極めて、結果を出せるレースでバンバン活躍して欲しいですね。

次回予告は天皇賞(秋)

今週は天皇賞(秋)の予想をしたいと思います!!
ジェンティルドンナエイシンフラッシュなどG1優勝馬や夏のレースで活躍した馬まで、結果を出している馬が一堂に会するレースとなっています。

近年は宝塚記念で2着以下に敗れていた馬が、天皇賞(秋)で巻き返すケースが多くなっていますが、どのような展開になることやら…。
後日、過去の傾向を調べながら天皇賞(秋)の有力馬をピックアップします!

2013年菊花賞の傾向&予想

2013 年 10 月 18 日 金曜日

2013年菊花賞の傾向&予想

菊花賞の傾向

2012年の菊花賞の勝ち馬はゴールドシップでしたね!
1番枠からスタートしたゴールドシップは、最後方からの競馬。向こう正面まで来ると少しずつ進出していき、3コーナーから4コーナーにかけても馬群の外を回してポジションを上げていき、直線入口では早くも先頭という強気の競馬を見せてのマクリでした。
食い下がるスカイディグニティやベールドインパクト、ゴール前で脚を伸ばしてきたユウキソルジャーらを完全に封じ込めてゴールしました。

ダービー馬のディープブリランテが屈腱炎で不出走の中、ゴールドシップが皐月賞と菊花賞の2冠を勝ち取りました。

さて、今年はどのような結果になるのか!
いつものように過去のデータを見ながら傾向を探り、今年好走する穴馬を予想していきます!!
下記のデータは過去10年のレース結果から出した傾向です。

波乱傾向!

1番人気 (4-1-2-3)
2番人気 (0-2-0-8)
3番人気 (0-0-3-7)
4番人気 (1-2-0-7)
5番人気 (0-2-2-6)
6番人気 (1-1-1-7)
7~9人 (4-1-2-23)
10人以下(0-1-1-86)

1番人気は堅実ですが、穴馬の好走が多いのが特徴です。特に今年は皐月賞馬のロゴタイプ、ダービー馬のキズナが出走しないので、波乱が予想されます。
人気がなくてもコース適正やスタミナのある馬には要注意です。

先行・差し馬中心

逃げ(0-0-1-11)
先行(7-2-5-19)
差し(2-6-3-67)
追込(0-2-1-50)
マクリ(1-0-0-1)

距離が長いので先行争いにはなりにくいです。しかし、ゴール前の下り坂からスピードが速くなるので、キレとスタミナの両方を備えた馬が活躍する傾向にあります。

神戸新聞杯組が主役

重賞(8-10-9-91)
├神戸新聞杯(8-6-6-42)
└セントライト記念(0-3-2-38)

OP特別(0-0-0-3)
1600万下(0-0-0-7)
1000万下(2-0-1-44)
500万下(0-0-0-2)

前哨戦の神戸新聞杯からの馬がほとんど3着内を占めています。しかし、注意したいのが1000万下の条件戦からも勝馬が出ているということ。
前走が条件戦の馬でも前走の内容や長距離適性が良さそうな馬には注意です。

前走距離は2400m以上

1800m以下(1-0-0-21) 4.5% 4.5% 4.5%
2000m  (3-3-4-37) 6.4% 12.8% 21.3%
2200m  (0-3-2-40) 0.0% 6.7% 11.1%
2400m  (5-4-4-43) 8.9% 16.1% 23.2%
2500m以上(1-0-0-6) 14.3% 14.3% 14.3%

前走は2400mの馬が好成績を残しています。また、2000mの馬もなかなか好走しています。
1800m以下の馬はよほど長距離の適性がなければ好走するのは難しそうです。

傾向だけでみた菊花賞の勝馬候補

WIN5対象レース、菊花賞の傾向からみた勝馬候補は以下の通りです。

  • エピファネイア
  • マジェスティハーツ
  • ユールシンギング
  • ラストインパクト
  • バンデ

傾向から見た勝ち馬有力候補この5頭です!

最終調教優秀馬

WIN5対象レース菊花賞の最終調教優秀馬は以下の通りです。

  • エピファネイア
  • フルーキー
  • マジェスティハーツ
  • ユールシンギング

菊花賞の最終勝馬候補

WIN5対象レース菊花賞の勝馬候補は以下の通りです。

  • エピファネイア
  • マジェスティハーツ
  • ユールシンギング
  • ラストインパクト
  • バンデ

一昨年がオルフェーヴル、昨年がゴールドシップと1番人気で安定していたので、今年のように皐月賞馬もダービー馬もいない年は何だか不気味ですね。
まあ、3歳馬同士ならエピファネイアがトップというのはほぼ間違いないかと思いますが、どの馬も初めての距離ですし、日曜日の京都競馬場は降水率50%と雨の予報となっていますので、どの馬が好走するか分からない要素が多分に含まれています。

対抗馬ならマジェスティハーツ
関東馬で侮れないのがセントライト記念優勝馬のユールシンギング
神戸新聞杯からの巻き返しを狙える馬ではラストインパクト
1000万下の条件戦から出走してくる距離適性のありそうなバンデ
などを候補にあげてみました。

他にも神戸新聞杯3着のサトノノブレスや潜在能力の高さが伺えるフルーキーなど気になる馬が多く出走してくる菊花賞ですが、参考にしていただければと思います。

菊花賞予想のおすすめサイト

平馬の鉄人の無料情報

以前も紹介しているんですが、『平馬の鉄人』というサイトです。
先週に無料情報が的中していたので、平場レースも予想される方はぜひ無料情報をチェックしてみて下さい。
また、キャンペーンで重賞レースの情報も提供しているので、そちらもチェックされてみると良いかと思います。

☆『平場の鉄人』の公式サイトはこちらから☆

2013年秋華賞の結果

2013 年 10 月 15 日 火曜日

2013年秋華賞の結果

秋華賞の結果

10/13の秋華賞の勝ち馬はメイショウマンボでした!!

ビーナストリックの逃げで幕を開けた秋華賞。セキショウ、ノボリディアーナも積極的に追走して、序盤はハイペースとなり、縦長の展開になりました。メイショウマンボは中団のやや後ろで外めからレースを進めていました。

後方にいたデニムアンドルビースマートレイアーが、先に仕掛けてきた3コーナー過ぎ。スピードに乗った2頭とは対照的に、メイショウマンボは手応えが鈍いように見えました。
しかし、直線に向いて手綱をしごくと一完歩ごとに加速していきました。鞍上の武幸四郎騎手が「加速すれば、止まる馬じゃない」とほれ込む末脚で抜け出し、兄の武豊騎手が騎乗するスマートレイアーに1馬身1/4差をつけて完勝しました。

武兄弟のワンツーフィニッシュはこれで3回目ですが、弟が勝ったのはこれが始めてです!
武幸四郎騎手、おめでとうございます!!
今年のクラッシックレースの結果を見ると、デムーロ兄弟に引き続き兄弟対決で弟が勝つという面白い展開となりましたね。

さて!!当サイトの予想結果はというと。

秋華賞の最終勝馬候補

WIN5対象レース秋華賞の勝馬候補は以下の通りです。

  • デニムアンドルビー
  • メイショウマンボ
  • スマートレイアー
  • ローブティサージュ
  • シャトーブランシュ

WIN5の予想としては的中です。デニムアンドルビーが4着に終わったのは意外でしたが、上位人気が連に絡むという堅実な結果となりました。
しかし、デニムアンドルビーは3着のリラコサージュとはハナ差、2着のスマートレイアーとはアタマ+ハナ差と僅かな差だっただけに悔しかったと思います。

そして、意外は波乱を生んだのが、3着のリラコサージュ。オークスでは8着、前哨戦のローズSでは18着と大敗しており、15番人気での出走でした。
しかし、12日の追い切りでは自らグイグイハミを取っており、陣営も「使った上積みもあるし枠も流れに乗りやすい」と話していました。今回は陣営の読み通りリラコサージュが巻き返す流れとなったわけですね。

秋華賞の予想的中サイト

無料情報が当たっていたサイトがあったので、紹介しておきます。
それは『タクティクス』です。

タクティクスの無料情報

穴馬予想はハズレでしたが、調教助手の話からメイショウマンボ1頭をズバリ的中させていました。

過去の無料情報も見ることができ、その結果を見ると的中率が高いことが伺えました。
1番人気に不振な点がある時の軸馬選びの参考にできる情報です。
気になる方は『タクティクス』の無料コンテンツの『週末重賞注目馬』をチェックしてみて下さい。

⇒タクティクスの公式サイトはこちら

次回予告は菊花賞

今週は菊花賞の予想をしたいと思います!!
神戸新聞杯組が中心のレースですが、今年はエピファネイアの圧勝でしたね。
菊花賞もそのままエピファネイアが勝ってしまうのか、それとも他の馬が好走するのかが見どころです。
過去5年の菊花賞優勝馬は、すべて3走前のレースを勝利していたということなので、各馬の成績にも注目しながら予想したいと思います。
後日、過去の傾向を調べながら菊花賞の有力馬をピックアップします!

2013年秋華賞の傾向&予想

2013 年 10 月 11 日 金曜日

2013年秋華賞の傾向&予想

秋華賞の傾向

2012年の秋華賞の勝ち馬はジェンティルドンナでしたね!
ジェンティルドンナの圧勝かと思いきや、本馬場入場で鞍上・岩田康誠騎手を振り落とす、予想外の流れのペースアップ、ヴィルシーナの差し返しなど様々なアクシデントが待ち受けていました。
しかし、そこはさすが牡馬に競り勝つだけの女傑!ヴィルシーナと鼻面を合わせてゴールし、長い写真判定を経てジェンティルドンナに軍配が上がり、見事3冠を達成しました。

さて、今年はどの馬が勝つのか?いつものように過去のデータを見ながら傾向を探り、今年好走する穴馬を予想していきます!!
下記のデータは過去10年のレース結果から出した傾向です。

2番人気が熱い!

1番人気 (2-2-3-3)
2番人気 (7-1-1-1)
3番人気 (0-1-0-9)
4番人気 (0-0-1-9)
5番人気 (0-2-1-7)
6番人気 (0-1-1-8)
7~9人 (0-3-1-26)
10人以下(1-0-2-87)

昨年もヴィルシーナが健闘したように、2番人気が好走するレースとなっています。
複勝率は80%と高い割合で1・2番人気のどちらかが勝っています。

枠は関係ない?

1枠(0-3-1-16)
2枠(2-0-2-16)
3枠(1-1-2-16)
4枠(0-0-0-20)
5枠(1-2-0-17)
6枠(2-1-2-15)
7枠(3-0-2-25)
8枠(1-3-1-25)

1コーナーまでの直線が短く、外枠は少しロスがあるものの外枠の馬も勝っています。
勝ち馬が出ていないのは1枠と4枠。それ以外の枠からはそれぞれ勝ち馬が出ているところを見ると枠番はあまり意識しなくても良さそうです。

差し馬に注意

逃げ(0-1-1-9)
先行(2-4-2-29)
差し(7-4-6-60)
追込(1-1-1-51)
マクリ(0-0-0-1)

フルゲートになる秋華賞では先行争いが激しくなる傾向にあるので、差し馬の好走が多いです。

レース出走間隔は中3週以上

連闘(0-0-0-0)
中1週(0-0-1-8)
中2週(0-0-1-6)
中3週(8-8-3-56)
中4週~中8週(1-1-3-53)
中9週~半年(1-1-2-24)
半年以上(0-0-0-3)

中2週以内では連対がなく、中3週の馬(ほぼローズSからの出走馬)の成績が圧倒的に多く好成績を残しています。

傾向だけでみた秋華賞の勝馬候補

WIN5対象レース、秋華賞の傾向からみた勝馬候補は以下の通りです。

  • デニムアンドルビー
  • メイショウマンボ
  • スマートレイアー
  • ローブティサージュ
  • シャトーブランシュ

傾向から見た勝ち馬有力候補この5頭です!

最終調教優秀馬

WIN5対象レース秋華賞の最終調教優秀馬は以下の通りです。

  • デニムアンドルビー
  • スマートレイアー

秋華賞の最終勝馬候補

WIN5対象レース秋華賞の勝馬候補は以下の通りです。

  • デニムアンドルビー
  • メイショウマンボ
  • スマートレイアー
  • ローブティサージュ
  • シャトーブランシュ

何だか図ったようにデニムアンドルビースマートレイアーの調教評価が高いですが、どうなんでしょうか…。しかし、その他の馬の追い切り状態も悪いというわけではないので、やはりコース適性や実力などを見ていくべきでしょうね。

過去データからみるとやはりここは1番人気と2番人気は外せないので、デニムアンドルビーメイショウマンボを入れました。
また、スマートレイアーは勝率の傾向に全て当てはまっていたのでこちらも外せませんでした。
春シーズンの時みたいに兄弟対決の展開になったらレースも一層盛り上がりそうです。

穴馬候補としては、内枠の複勝率40%超えとなっているので、もう一つの1枠に入った前走2着のシャトーブランシュ
そして、秋華賞での勝率50%の岩田騎手が騎乗するローブティサージュを選びました。

デニムアンドルビーとメイショウマンボが外枠、スマートレイアーが内枠に決まり、それぞれスタートからどういう競馬をするかしっかりと見ておきたいレースとなりそうです!

WIN5レース予想のおすすめサイト

勝馬ミリオン

『勝馬ミリオン』というサイトが秋華賞以外のWIN5レースの推奨馬と消し馬の情報を提供していたので、紹介しておきます。
また、無料で重賞レースの予想もしていますし、買い目もだいぶ絞っているので馬券代を抑えたいという人にもおすすめです!
興味を持たれた方はぜひサイトをチェックしてみて下さい。

▲▽▲勝馬ミリオンの公式サイト▲▽▲

2013年毎日王冠の結果

2013 年 10 月 7 日 月曜日

2013年毎日王冠の結果

毎日王冠の結果

10/6の毎日王冠の勝ち馬はエイシンフラッシュでした!!

レースはクラレントが逃げ、レッドスパーダ、ミッキードリームが続いて縦長の展開となりました。エイシンフラッシュは離れた4番手につけており、1番人気のショウナンマイティは中団の外からレースを進めました。
勝負は直線に入ってから!粘りを見せて前で競り合うクラレントとレッドスパーダで決まるかと思っていた矢先に、エイシンフラッシュが鋭く伸びてきてそのまま追いすがるジャスタウェイを抑え込んでゴールしました!
メンバー唯一のGⅠ勝者が、格の違いを見せつける結果となりました。

次走は天皇賞・秋で昨年同様、M・デムーロとのコンビで臨む予定ということです。
次走も目が離せない1頭になりそうですね。

さて!!当サイトの予想結果はというと。

毎日王冠の最終勝馬候補

WIN5対象レース毎日王冠の勝馬候補は以下の通りです。

  • ショウナンマイティ
  • エイシンフラッシュ
  • ジャスタウェイ
  • レッドスパーダ
  • コディーノ

WIN5の予想としては的中です。データ通り4、5、6番人気の中穴が好走する結果となりました。
レッドスパーダが逃げると予想しましたが、クラレントが先頭でのレースでしたね(汗)
2頭の競り合いはなかなか見ものでしたが、やはりG1馬は強かったですね。

しかし、京都大賞典の方が堅く決まると思っていたんですが、またもゴルシが5着に沈んだということでやはり競馬は何が起こるか分かりませんね。
WIN5の結果を見た方はもうご存知かと思いますが、ゴルシが沈んだこともあり、なんと先週は当たり票が1票!つまり、、、配当金2億円出ましたーーーー!!!

いやー、2億円を夢に見ている管理人ですが、実際に当たった人はどんな予想をしているのかぜひに教えていただきたいですね。ヒットザターゲットを的中させていた残りの25票の方は相当悔しかったと思います。

他のレースも4番人気と6番人気が好走する展開で、かなり予想が難しかったと思います。お疲れ様でした。

今週は14日が体育の日ということで3日連続競馬が楽しめますね。
今週末からG1レースが3連続ありますし、重賞ガンガン当てていきましょう!!

次回予告は秋華賞

今週は秋華賞の予想をしたいと思います!!
3歳牝馬のG1レース最終章!ということで、デニムアンドルビーメイショウマンボに注目が集まりそうですが、どちらも人気薄で優勝していることから、今回のレースでも穴馬の存在に注意しておく必要がありそうですね!

過去5年の枠番別成績を見ると、1枠と2枠が3着内率40.0%と優秀な成績を残しているため、内めの枠に入った馬にも注意しながらデータを見ていきます!
後日、過去の傾向を調べながら秋華賞の有力馬をピックアップします!

2013年毎日王冠の傾向&予想

2013 年 10 月 4 日 金曜日

2013年毎日王冠の傾向&予想

毎日王冠の傾向

2012年の毎日王冠の勝ち馬はカレンブラックヒルでしたね!
昨年2012年はGⅠ馬6頭が参戦する熱いレースとなりました。

シルポートが引っ張るタテに長い展開となり、速いペースを3番手で追走したカレンブラックヒルが、3歳馬とは思えない威風堂々としたフットワークで直線で抜け出し、先に抜け出したグランプリボスをとらえると、猛追してきた2・3着馬をクビ差で凌いでゴールしました。

グレード制を導入した84年以降、無敗3歳馬の毎日王冠制覇は88年のオグリキャップ以来2頭目の快挙でした。

いつものように過去のデータを見ながら傾向を探り、今年好走する穴馬を予想していきます!!
下記のデータは過去10年のレース結果から出した傾向です。

中穴も好走!

1番人気 (3-2-1-4)
2番人気 (1-2-1-6)
3番人気 (1-1-1-7)
4番人気 (1-1-0-8)
5番人気 (1-1-1-7)
6番人気 (1-1-0-8)
7~9人 (2-1-3-24)
10人以下(0-1-3-39)

人気別での成績はそれほどの大差はなく、中穴が好走している傾向にあります。また、2,3着に人気薄の馬が入ってくる年もあるため、油断大敵です。

3歳馬が有力

3歳 (2-3-0-6) 18.2% 45.5% 45.5%
4歳 (2-2-3-25) 6.3% 12.5% 21.9%
5歳 (4-3-0-39) 8.7% 15.2% 15.2%
6歳 (0-2-4-13) 0.0% 10.5% 31.6%
7歳上(2-0-3-20) 8.0% 8.0% 20.0%

勝馬は5歳馬が多いですが、最近は3歳馬が好走しています。また、7歳以上の馬も好走していることから調子の良さそうな馬がいたら要注意です。

内枠有利?

1枠(1-0-2-11)
2枠(1-2-0-11)
3枠(0-1-2-12)
4枠(3-1-2-9)
5枠(1-2-1-11)
6枠(2-2-1-14)
7枠(1-0-1-18)
8枠(1-2-1-17)

スタート後すぐに2コーナーを迎えるため、内枠先行馬が有利なコース形態となっています。
外枠の馬も連対していることから、スタート後の位置取り争いが激しくなりそうです。穴が来るとしたら4枠かな?

先行・差し馬が優勢

逃げ(0-3-0-8)
先行(4-3-2-26)
差し(4-2-7-34)
追込(2-2-1-35)

先行が優勢となっていますが、逃げ馬は勝てていません。追い込みも決まっていますが、勝馬の頭数は先行と差しで互角となっています。

前走はGⅠ

宝塚記念 (4-0-3-12)
安田記念 (2-4-0-15)
東京優駿 (1-1-0-4)
関屋記念 (0-0-2-5)
札幌記念 (0-2-0-7)
エプソムC(1-0-0-6)
京成杯AH (0-0-1-8)
OP特別  (0-0-0-5)
1600万下 (1-0-0-2)
海外   (0-1-1-0)

前走宝塚記念、安田記念の馬が好成績を残しています。また、夏競馬で活躍した馬も好走していることから、そちらにも注意を向けたいところです。

傾向だけでみた毎日王冠の勝馬候補

WIN5対象レース、毎日王冠の傾向からみた勝馬候補は以下の通りです。

  • ショウナンマイティ
  • エイシンフラッシュ
  • ジャスタウェイ
  • レッドスパーダ
  • コディーノ

傾向から見た勝ち馬有力候補この5頭です!

最終調教優秀馬

WIN5対象レース毎日王冠の最終調教優秀馬は以下の通りです。

  • ショウナンマイティ
  • コディーノ

毎日王冠の最終勝馬候補

WIN5対象レース毎日王冠の勝馬候補は以下の通りです。

  • ショウナンマイティ
  • エイシンフラッシュ
  • ジャスタウェイ
  • レッドスパーダ
  • コディーノ

安田記念以来の出走となるダークシャドウも気になるところではありますが、傾向に当てはめて上記の5頭を選びました。
また今回は少頭数でのレースとなるので、外枠でも好位置で競馬ができればどの馬にもチャンスはあると思います!データはどこにいった?という話になるんですが、枠データは参考程度に見ていただければと思います。

また最近好走しているという3歳馬なんですが、今回はコディーノのみとなります。果たして先輩馬を打ち破る存在となるのかどうか注目したいところです。
反対に年長者7歳馬のレッドスパーダですが、大外枠です。脚質的には逃げなのですが、どういう戦法をとってくるかに注目ですね。
メンバー的にはハナ付けれそうな馬ではあります。

毎日王冠予想のおすすめサイト

毎日王冠

新しくできたサイト『平馬の鉄人(ひらばのてつじん)』を紹介しておきます。
サイトのタイトル通り、平場レースの情報を公開していて、無料の予想買い目も提供しているので、WIN5以外にも平場で賭けるという方には参考のできるサイトだと思います。

また、キャンペーン情報で重賞レースの情報も提供しているため、平場+重賞レースで週末楽しみたいという方はキャンペーン情報をチェックしてみるのも良いかもしれませんね。

平馬の鉄人の情報が見たいという方は下のリンクをクリックしてサイトを確認してみて下さい!
◆◇◆平馬の鉄人の公式サイトはこちら◆◇◆