11月 « 2013 « -パーフェクトWIN5予想サイト

2013 年 11 月 のアーカイブ

2013年ジャパンカップダートの傾向&予想

2013 年 11 月 29 日 金曜日

2013年ジャパンカップダートの傾向&予想

ジャパンカップダートの傾向

2012年のジャパンカップダートの勝ち馬はニホンピロアワーズでしたね!
出走馬のうち2頭が出遅れるという波乱の中、先行したのはエスポワールシチー。ホッコータルマエ、トランセンドが2番手争いをしながら続き、ニホンピロアワーズはそれを見ながら追走という形となりました。

最終コーナーを回って直線に入ると、ホッコータルマエが先頭に出て、好位置についていたニホンピロアワーズが追いかけるという展開。

残り200メートルのあたりで抜け出すと、そのまま押し切って2着に3馬身半差をつけての快勝でした!

いつものように過去のデータを見ながら傾向を探り、今年好走する穴馬を予想していきます!!
下記のデータは過去10年のレース結果から出した傾向です。

人気薄が好走

1番人気 (5-3-1-1)
2番人気 (0-0-1-9)
3番人気 (0-1-0-9)
4番人気 (2-0-0-8)
5番人気 (0-2-0-8)
6番人気 (1-1-0-8)
7~9人 (1-2-5-22)
10人以下(1-1-3-63)

1番人気が安定していますが、6番人気以下の馬も勝っています。

相手選びは人気に関係なく、実力を重視したいところ!

今年は7歳以上が走る!?

3歳 (2-1-3-22) 7.1% 10.7% 21.4%
4歳 (2-3-1-30) 5.6% 13.9% 16.7%
5歳 (4-4-1-32) 9.8% 19.5% 22.0%
6歳 (2-2-3-21) 7.1% 14.3% 25.0%
7歳上(0-0-2-23) 0.0% 0.0% 8.0%

データでは7歳以上が苦戦していますが、今年は7歳以上でも好成績の馬が多いです。

4,5歳馬を中心にするのが妥当ですが、ベテラン勢にも気をつけておきましょう。

前走はJBCクラシック

JBCクラシック(3-6-3-26)
JBCスプリント(0-0-0-5)
武蔵野S   (2-2-2-31)
みやこS   (2-1-2-10)
帝王賞    (0-0-0-1)
白山大賞典  (0-0-1-1)
OP特別    (0-1-1-9)
1600万下   (1-0-1-4)

JBCクラシックからの出走馬が多く、複勝圏内の成績も信頼できます。

気をつけたいのは条件戦からも勝馬が出ているところ。油断は禁物ですよ。

前走3番人気以内!

1番人気 (2-3-3-29)
2番人気 (5-1-2-16)
3番人気 (2-1-0-13)
4番人気 (0-2-1-7)
5番人気 (0-1-1-15)
6~9人 (0-2-3-21)
10人以下(0-0-0-13)

前走で好走した馬にも当然注目したいのですが、人気だった馬の勝ち数を見てみると3番人気以内からしか勝馬が出ていないんです!

ただし、複勝圏内だと人気6~9番人気だった馬も好成績を残しているので注意です。

傾向だけでみたジャパンカップダートの勝馬候補

WIN5対象レース、ジャパンカップダートの傾向からみた勝馬候補は以下の通りです。

  • ホッコータルマエ
  • ワンダーアキュート
  • ブライトライン
  • ベルシャザール
  • ローマンレジェンド

傾向から見た勝ち馬有力候補この5頭です!

最終調教優秀馬

WIN5対象レースジャパンカップダートの最終調教優秀馬は以下の通りです。

  • ローマンレジェンド
  • エスポワールシチー
  • ホッコータルマエ

ジャパンカップダートの最終勝馬候補

WIN5対象レースジャパンカップダートの勝馬候補は以下の通りです。

  • ホッコータルマエ
  • ワンダーアキュート
  • ローマンレジェンド
  • ニホンピロアワーズ
  • エスポワールシチー

1番人気は外せないということでホッコータルマエを1番に選びました!

後の馬選びは迷いましたが2012年の東海S以来ダートの重賞戦で3着内を外していないワンダーアキュート、1番人気3着に終わったみやこSからの巻き返しが期待されるローマンレジェンド

この3頭中心でいきます!!

ニホンピロアワーズは昨年の覇者。休み明けで人気が落ちているようですが、2012年の東海Sから連対を逃していない好成績を残しています。ここで買わない手はないですね。

エスポワールシチーは今年で8歳。昨年は2番人気に推されながらも10着でしたが、今年に入ってからダート重賞でホッコータルマエに勝っている実力馬です。今回は秋競馬から復帰した後藤騎手との走りにも注目です。

ジャパンカップダート予想の参考サイト

今回紹介するサイトは『みんなの予想的中.com』

みんなの予想的中.com

毎週キャンペーン情報で高額配当が当たっており、無料情報もよく的中していると評判です。

また、先週みんなの予想的中.comの情報で的中したという人が買い目を載せていたので、気になる方はそちらもチェックしてみて下さい。

→「みんなの予想的中.comの情報で高配当をゲット!」競馬予想会社ランキング-お知らせ

ちなみに、無料情報の的中報告についてはこちらのサイトで紹介されていました。
→「みんなの予想の評価」-競馬予想会社ランキング

サイトの情報が見たい方は公式サイトをチェックしてみて下さい。
⇒みんなの予想的中.comの公式サイトはこちら

2013年ジャパンカップの結果

2013 年 11 月 25 日 月曜日

2013年ジャパンカップの結果

ジャパンカップの結果

11/24のジャパンカップの勝ち馬はジェンティルドンナでした。
初のジャパンカップ連覇を達成し、新たなレジェンドを生み出した牝馬に拍手!!

今年のジャパンカップは逃げ馬らしい馬がおらず、予想通りペースはスロー。最内枠のヴィルシーナが入ると思っていましたがまさかの有力候補であるエイシンフラッシュが先頭にたってのレースとなりました。

ゴールドシップはこのスローの展開でも最後方から追う形。3コーナーのあたりから仕掛けましたが伸びが足りない様子で、馬群は直線へ。

直線で好位置から抜けだしたのはジェンティルドンナ。ゴールドシップは前を塞がれて大外へ出ましたが届かず。外からジェンティルドンナを追ったのはデニムアンドルビーでした。

ゴール前で猛追してくるデニムアンドルビーをハナ差で抑えてジェンティルドンナが優勝しました。

さて!!当サイトの予想結果はというと。

ジャパンカップの最終勝馬候補

WIN5対象レースジャパンカップの勝馬候補は以下の通りでした。

  • ジェンティルドンナ
  • ゴールドシップ
  • エイシンフラッシュ
  • アドマイヤラクティ

WIN5の予想としては的中です。ジェンティルドンナが外れることはないと思っていましたが、まさか有力候補のゴールドシップとエイシンフラッシュが沈んでしまうとは…誤算でした。データから見ても間違いないと思っていましたがここで枠番が影響してきましたね。

エイシンフラッシュは1枠2番でスタートも良く、押し出される形で前に行ってしまって脚が貯められずに沈んでしまいました。ゴールドシップはファンからも分かるくらいパドックからやる気が感じられなかったそうです。

内田ジョッキーの位置取りや乗り方が悪いと責める人もいるようですが、以前から難しい馬だと分かっていたのにあれだけの成績を残してきたことの方が凄いのではないでしょうか?

ここで素人がどうのこうの言っていても仕方がないので、有馬記念でやる気を出してくれることを期待するしかないですね。一方で好走したのがデニムアンドルビー!牝馬同士のG1だと連対していなかったのに、ジャパンカップでの2着は大きいですね。4歳も期待できそうな走りを見せてくれたのでこれからのレースでも人気が出そうです。

次回予告はジャパンカップダート

今週はジャパンカップダートの予想をしたいと思います!!
国際競争として創設されたダート戦ですが、右回りの馬場が好まれずに今年でジャパンカップダート戦は終了ということなので気合を入れて予想したいと思います!

ちなみに来年度からはチャンピオンズカップという名称に変わり、中京競馬場で開催されることになるそうです。
傾向としては、前走1800mの距離を走っている馬が好走しているということなので、このデータも含めてデータをまとめていきたいと思います。

後日、過去の傾向を調べながらジャパンカップダートの有力馬をピックアップしますよ!

2013年ジャパンカップの傾向&予想

2013 年 11 月 22 日 金曜日

2013年ジャパンカップの傾向&予想

ジャパンカップの傾向

2012年のジャパンカップの勝ち馬はジェンティルドンナでしたね!
直線半ばからオルフェーヴルとジェンティルドンナの2頭がデッドヒートを繰り広げる姿が強烈に記憶に残っています。

ゴール直前でジェンティルドンナの馬体がオルフェーヴルにぶつかって審議となりましたが、結果はジェンティルドンナの勝利でした。

着差がわずかだったために判定が覆らなかったのは残念ですが、オルフェーヴルは3コーナーのあたりから外周を回っていたために最後まで脚を伸ばしきれなかったこともあったんでしょうね。

今回ジェンティルドンナはゴールドシップとの対決となりますが、果たして今年も勝ちきることができるのでしょうか?

いつものように過去のデータを見ながら傾向を探り、今年好走する穴馬を予想していきます!!
下記のデータは過去10年のレース結果から出した傾向です。

1番人気が堅実

1番人気 (3-3-3-1)
2番人気 (1-3-2-4)
3番人気 (2-0-1-7)
4番人気 (2-1-0-7)
5番人気 (1-2-0-7)
6番人気 (0-1-1-8)
7~9人 (1-0-2-27)
10人以下(0-0-1-76)

7~9番人気からの馬が馬券に絡んだ年もありますが、基本的に5番人気以内で堅く決まっています。

中でも1番人気は信用できますね。

7歳以上は苦戦

3歳 (2-4-3-26) 5.7% 17.1% 25.7%
4歳 (4-4-3-33) 9.1% 18.2% 25.0%
5歳 (3-1-3-36) 7.0% 9.3% 16.3%
6歳 (1-1-0-23) 4.0% 8.0% 8.0%
7歳上(0-0-1-19) 0.0% 0.0% 5.0%

3~5歳馬が中心となっています。

6歳も1着と2着が1回ずつありますが、ハイレベルな戦いとなるため高年齢馬は好成績を残せていません。

前走は天皇賞(秋)

天皇賞秋(4-6-6-40)
凱旋門賞(1-1-1-11)
京都大賞典(1-0-0-6)
アルゼンチン共和国杯(1-0-0-9)
エリザベス女王杯(0-0-0-7)

前走が天皇賞(秋)からの馬の成績が圧倒的です。

着順、人気ともに上位の馬が勝っているので前走やG1レースの成績もチェックしておきましょう。

外国人騎手にも注目!

美浦(0-1-0-32) 0.0% 3.0% 3.0%
栗東(6-4-5-37) 11.5% 19.2% 28.8%
地方(0-0-0-2)  0.0% 0.0% 0.0%
外国(4-5-5-66) 5.0% 11.3% 17.5%

騎手のデータを見てみると栗東に所属している騎手の勝率が高いのですが、外国人騎手も好成績を残しています。

外国人騎手が鞍上の馬が穴馬になり得る可能性もあるので要注意です。

傾向だけでみたジャパンカップの勝馬候補

WIN5対象レース、ジャパンカップの傾向からみた勝馬候補は以下の通りです。

  • ジェンティルドンナ
  • ゴールドシップ
  • エイシンフラッシュ
  • アドマイヤラクティ

傾向から見た勝ち馬有力候補この4頭です!

最終調教優秀馬

WIN5対象レースジャパンカップの最終調教優秀馬は以下の通りです。

  • エイシンフラッシュ
  • ホッコーブレーヴ

ジャパンカップの最終勝馬候補

WIN5対象レースジャパンカップの勝馬候補は以下の通りです。

  • ジェンティルドンナ
  • ゴールドシップ
  • エイシンフラッシュ
  • アドマイヤラクティ

ここはジェンティルドンナ1択!と言いたいところですが、ゴールドシップとエイシンフラッシュも外せない存在なので入れています。

特にジェンティルドンナとエイシンフラッシュは鞍上が外国人騎手なので、日本馬☓日本人騎手でワンツーフィニッシュした昨年とは違った結果になる可能性大なので楽しみですね。

前走G2で敗れてしまったゴールドシップがここで挽回してくるかどうかということにも注目です。

人気馬以外に鞍上が外国人騎手で気になる馬といえば、アドマイヤラクティ

ゴールドシップが5着に敗れた京都大賞典で4着に入っており、春の天皇賞(春)でも4着と好走しているので、人気の穴を突いてくるのであればこの馬ではないかと思います!

ジャパンカップ予想の参考になるサイト

『平馬の鉄人』というサイトなのですが、キャンペーンに参加するともれなく重賞予想の買い目がついてくるそうで、今週はジャパンカップの情報を提供しているそうです。

平馬の鉄人のキャンペーン情報

無料予想買い目も提供しており、無料登録しただけで重賞レースに出走する3頭分の注目馬情報がメールで届くので、無料でも何かと使えるサイトですよ。平場と重賞レースの両方の予想をしたいという方にはおすすめです。

http://t-hiraba.com/】←平馬の鉄人の無料登録ページはこちら

他に使える予想サイトが知りたいという方はジャパンカップの特集をしている口コミサイトを見つけたので、そちらも参考にしてみて下さい。

→競馬予想会社の口コミ情報-ジャパンカップで使えるサイト!!

2013年マイルCSの結果

2013 年 11 月 18 日 月曜日

2013年マイルCSの結果

マイルCSの結果

11/17のマイルCSの勝ち馬はトーセンラーでした!!

予想通りコパノリチャードが最内枠から脚を伸ばしてハナを切ってのスタート。他の人気馬が先頭を追いかける形で好位置につける中、トーセンラーはやや後方の位置からの競馬となりました。

4コーナーあたりから各馬追い上げに入り、先頭のコパノリチャードがまだ粘りを見せハナ差アタマ差の接戦となろうかというところで抜けてきたのはトーセンラー!!スッと上がってきたかと思うとそこからグングンと他馬を追い抜いて行き、2着に1馬身差をつけての快勝を見せました!

秋に入ってから優勝を逃してきた武豊騎手ですが、ここにきてのGⅠ100勝を果たしました!!『百勝』という酒瓶を抱えた姿がすごく印象的でした。

それにしても直線に入ってすぐではなく、ゴール前で前が開けたところでスッと上がってくるというスマートな騎乗は天才・武豊騎手ならでは!というところでしょうか。

他の馬が鞭で叩かれて血眼で走っている中、トーセンラーだけが楽に走っているように感じられました。以前から「一番ディープインパクトに似ている」と武豊騎手がコメントしていましたが、1頭だけ別格の走りでしたね。

さて!!当サイトの予想結果はというと。

マイルCSの最終勝馬候補

WIN5対象レースマイルCSの勝馬候補は以下の通りでした。

  • ダノンシャーク
  • ダイワマッジョーレ
  • トーセンラー
  • グランプリボス
  • コパノリチャード

WIN5の予想としては的中です。そして今回は4着までの馬も当ててますよー!

私の読み通りクラレントは入りませんでしたね!GⅠで人気馬が走るレースの予想となればこんなものですよ(ドヤ顔)私の予想を信じて的中された方、おめでとうございます!これからもぜひ私の予想を参考にしていただければと思います。

トーセンラーについては触れたので、2着以下の馬に注目!

ダイワマッジョーレは安田記念では残念な結果に終わっていましたが、「春より精神面がたくましくなっているので、楽しみです」という陣営の言葉通り強い脚を見せて2着に入りました。鞍上は蛯名騎手ということで、今年のマイルCSは同期でのワンツーフィニッシュでしたね。

3着には1番人気のダノンシャーク。中団から脚を伸ばしましたが、前を走るダイワマッジョーレには至りませんでした。鞍上の福永騎手は「全てが完璧の状態だった」とコメントしていましたが、勝ちきれなかったのは残念でしたね。

マイルCSを的中させたサイト

勝馬ミリオンの的中情報

それは『勝馬ミリオン』です。

珍しく無料で重賞レースの予想買い目を提供しているサイトなのですが、上位3頭を見事に当てて3連複でも的中の期待ができた馬連の買い目を出していました。

軸馬については外れていますが、点数は10点以内と少なめなので、投資金額を抑えめにしたい人におすすめです。

→『勝馬ミリオン』の無料登録ページはこちらから

次回予告はジャパンカップ

今週はジャパンカップの予想をしたいと思います!!
日本で芝中長距離路線における世界のトップホースが激突する、凱旋門賞に続いて世界的にも大きいレースです!

昨年はオルフェーヴルとジェンティルドンナの死闘が繰り広げられましたが、上位人気馬が激走するレースでもあるのでいつも以上に人気馬には目をつけておきたいところですね!

後日、過去の傾向を調べながらジャパンカップの有力馬をピックアップします!

2013年マイルCSの傾向&予想

2013 年 11 月 15 日 金曜日

2013年マイルCSの傾向&予想

マイルCSの傾向

2012年のマイルCSの勝ち馬はサダムパテックでしたね!
予想通りシルポートがハナを切ってスタートしましたが、稍重の馬場でペースは上がらず。中団で馬群が固まっている中、最内枠から流れに乗ったのはサダムパテック!!

雨で内ラチ沿いは荒れていましたが、4コーナーもそのままインコーナーを回って直線に入ります。
前を走る馬の間を縫うようにして脚を伸ばし、粘るシルポートを交わし、追い込んできたグランプリボスを抑えてゴールしました!

「荒れた馬場をこなせる馬だし、内を回ろう」と覚悟を決めた武豊騎手の狙い通りにサダムパテックが好走し、サダムパテックにっとてはG1初勝利。武豊騎手にとっては2年ぶりにG1を制覇したレースとなりました。

いつものように過去のデータを見ながら傾向を探り、今年好走する穴馬を予想していきます!!
下記のデータは過去10年のレース結果から出した傾向です。

中穴が好走

1番人気 (4-3-0-3)
2番人気 (0-1-2-7)
3番人気 (1-1-0-8)
4番人気 (2-3-1-4)
5番人気 (2-0-3-5)
6番人気 (0-0-1-9)
7~9人 (0-0-1-29)
10人以下(1-2-2-82)

1番人気の勝ち数・連対数がともに多く、安心できますが、3番人気・4番人気からも勝ち馬が出ている事に注意したいところです。

4、5歳馬が中心

3歳 (0-1-3-32) 0.0% 2.8% 11.1%
4歳 (4-6-3-27)10.0% 25.0% 32.5%
5歳 (4-3-3-40) 8.0% 14.0% 20.0%
6歳 (1-0-1-29) 3.2% 3.2% 6.5%
7歳上(1-0-0-19) 5.0% 5.0% 5.0%

3歳馬も出走していますが勝鞍はなく、4・5歳馬が中心となっています。

前走は重賞

重賞(10-10-9-139)
├天皇賞秋(5-2-1-20)
├富士S(1-2-0-44)
├スワンS(1-2-3-34)
├秋華賞(0-0-1-5)
├安田記念(0-0-0-4)
├毎日王冠(0-3-0-5)
├府中牝馬S(1-0-0-5)
└スプリンターズS(2-1-1-5)

OP特別/1600万下(0-0-1-8)

天皇賞(秋)から出走してくる馬が強いですが、今年は該当馬がいません。
他の重賞を見てみるとスプリンターズSからの出走馬が少ない割に好走しています。

巻き返しも可能!?

1着  (5-4-4-19)
2着  (1-1-2-17)
3着  (0-0-1-14)
4着  (0-0-0-14)
5着  (0-1-1-9)
6~9着(4-4-1-40)
10以下(0-0-1-33)

前走は1着馬が圧倒的な強さを見せていますが、6〜9着の馬が前走2着馬よりも勝ち数が多いため、前走掲示板を逃していても期待できる馬がいれば要チェックです!

傾向だけでみたマイルCSの勝馬候補

WIN5対象レース、マイルCSの傾向からみた勝馬候補は以下の通りです。

  • ダノンシャーク
  • ダイワマッジョーレ
  • グランプリボス
  • リアルインパクト
  • コパノリチャード

傾向から見た勝ち馬有力候補この5頭です!

最終調教優秀馬

WIN5対象レースマイルCSの最終調教優秀馬は以下の通りです。

  • トーセンラー
  • リアルインパクト

マイルCSの最終勝馬候補

WIN5対象レースマイルCSの勝馬候補は以下の通りです。

  • ダノンシャーク
  • ダイワマッジョーレ
  • トーセンラー
  • グランプリボス
  • コパノリチャード

近5走の成績を見ると、ダノンシャークは外せない存在ですね!
トーセンラーは距離がだいぶ短縮されるのでちょうど良いタイミングで仕掛けられるかということにかかってきそうですが、鞍上が武豊騎手なので、大丈夫でしょう!

ダイワマッジョーレもデビューから大きく外していない馬ですし、上位に入ってくるかと思います。
クラレントはどうした?という声が聞こえてきそうですが、毎日王冠からの馬は2着には来てますが勝鞍がないので外させてもらいました。

あとは、最近の成績で東京のマイル戦では好成績なのですが、他の競馬場で馬券に絡んでいないところがちょっと気になったので…。この結果が吉と出るか凶と出るかドキドキです。

穴馬候補には2頭選びました。

まずは巻き返しの可能性の高い馬として、グランプリボス
人気のある馬なのですが、安田記念から掲示板内を取れておらず前走のスワンSでも7着に終わっています。

しかし、G1とG2の重賞に出走し続けているため実力があるのは確か!不振が続いても重賞を勝ちきっていることから、そろそろ浮上してくるのではないかと思います。

次に好走の可能性のある馬としてコパノリチャード
このメンバーで逃げるならこの馬だと思われますが、なんと最内枠!

マイルチャンピオンシップで逃げ馬は勝ちきれていませんが、まさかの好条件なので展開によっては前残りで馬券に絡んでくる…かもしれません。

マイルCS予想のおすすめサイト

競馬ニュース

今週、管理人がおすすめするサイトは『競馬NEWS』
WIN5予想はしていませんが、無料で重賞レースの注目馬や追い切りの情報を公開しており、平場レースの参考に使えそうなサイトです。

また、超少数の点数で的中しており、今登録すると馬単1点の予想買い目を配信しているそうなので、少ない買い目で大きく当てたいという方はぜひチェックしてみて下さい。

⇒競馬NEWSの無料登録ページはこちら

2013年エリザベス女王杯の結果

2013 年 11 月 11 日 月曜日

2013年エリザベス女王杯の結果

エリザベス女王杯の結果

11/10のエリザベス女王杯の勝ち馬はメイショウマンボでした!!

エディンが先頭で内外大きく広がってのスタートとなりました。
動きがあったのは3コーナーを過ぎてから。各馬動いて後方にいた馬が追い上げにきました。

4コーナーに入ってからは1番人気のヴィルシーナはまだ馬群の中で動けずにいる状態で、抜けてきたのはメイショウマンボ

序盤で好位につけていたラキシスアロマティコが脚を伸ばしてきましたが届かず、メイショウマンボがそのままゴール!
武幸四郎騎手とのコンビで今年に入ってからGⅠ3勝目を挙げました!!

さて!!当サイトの予想結果はというと。

エリザベス女王杯の最終勝馬候補

WIN5対象レースエリザベス女王杯の勝馬候補は以下の通りです。

  • メイショウマンボ
  • デニムアンドルビー
  • ヴィルシーナ
  • レインボーダリア
  • ラキシス

WIN5の予想としては的中です!!
やはり2冠を勝ちとった馬は強かった!桜花賞で10着という成績だっただけにオークスで優勝した時は「えっ!?」とまだメイショウマンボの強さを信じきれずにいましたが、重賞3勝して古馬相手でも強いことを見事に証明してくれましたね。

穴として候補に入れていたラキシスも的中しました!!6番人気だったので中穴という感じでしたが、配当に妙味をつけてくれました。

鞍上の川田騎手が「いい位置を取りに行った」とのことだったので、川田騎手が上手く騎乗していたこともあるようです。
直線もよく動いていたので能力の高い馬であることに間違いないようなので、今後が楽しみな馬ですね!

候補に入れていたデニムアンドルビーは5着、ヴィルシーナにいたっては10着と残念な結果となりましたね。
ヴィルシーナについては深くは触れませんが、デニムアンドルビーはローズSの重馬場でメイショウマンボに勝っていただけに、期待が大きかったのですがなかなかGⅠを勝ちきれませんね。

残り3Fのタイムはメイショウマンボとアロマティコと同タイムで脚は伸びていたので、今後のレースでの好走を期待したいです。

注目馬情報が的中していたサイト

平馬の鉄人の注目馬情報

【平馬の鉄人】

メールでも注目馬情報を提供しており、エリザベス女王杯の注目馬にメイショウマンボとラキシスを選んでいました
キャンペーン情報で重賞レースの予想買い目も提供しているので、詳しくは公式サイトをチェックしてみて下さい。

→平馬の鉄人の無料登録ページはこちら

次回予告は

今週はマイルチャンピオンシップの予想をしたいと思います!!
今年は外国馬が全頭辞退して日本場だけでの競走となります。安田記念、毎日王冠とマイルの大舞台で優勝した馬が好走している傾向にあるレースですが、今年はどの馬が優勝するのか!
後日、過去の傾向を調べながらマイルチャンピオンシップの有力馬をピックアップします!

2013年エリザベス女王杯の傾向&予想

2013 年 11 月 8 日 金曜日

2013年エリザベス女王杯の傾向&予想

エリザベス女王杯の傾向

2012年のエリザベス女王杯の勝ち馬はレインボーダリアでしたね!
先行争いはレジェンドブルーが出て行きハナを取る展開。道中は遅いペースで、他馬に煽られるように1番人気ヴィルシーナが3コーナーから早くも加速。4コーナーを回って中団を追走して脚をためていた7番人気レインボーダリアが外から追い上げに入りました。

直線ではジリジリ脚を伸ばすヴィルシーナと外から追い上げたレインボーダリアの2頭の競り合いとなり、クビ差でレインボーダリアが重賞で初優勝を飾りました!

いつものように過去のデータを見ながら傾向を探り、今年好走する穴馬を予想していきます!!
下記のデータは過去10年のレース結果から出した傾向です。

意外と堅実?

1番人気 (2-3-2-3)
2番人気 (3-3-2-2)
3番人気 (0-1-0-9)
4番人気 (2-0-4-4)
5番人気 (0-2-1-7)
6番人気 (0-0-0-10)
7~9人 (2-0-0-28)
10人以下(1-1-1-73)

7番人気以下から勝馬がでているため、大穴が好走するのでは!?と思いがちですが、10番人気以下が好走したのは2009年のみ。昨年のレインボーダリアの優勝も重馬場だったのが大きく影響した結果と考えるのが妥当です。

他の年は5番人気以内で堅く決まっているため、人気馬は確実に候補に入れておきましょう!

3歳馬中心!

3歳 (5-3-2-43) 9.4% 15.1% 18.9%
4歳 (3-2-5-42) 5.8% 9.6% 19.2%
5歳 (2-4-2-36) 4.5% 13.6% 18.2%
6歳 (0-1-1-10) 0.0% 8.3% 16.7%
7歳上(0-0-0-5) 0.0% 0.0% 0.0%

6歳以上から勝馬は出ておらず、複勝圏内は3~5歳馬が中心となっています。

さらに、3歳馬の勝ち数が多く連対率も高いため、勢いのある3歳馬は抑えておきましょう!

前走は秋華賞

重賞(10-10-9-110)
├府中牝馬S(1-3-4-58)
├秋華賞(4-3-2-33)
├京都大賞典(1-2-0-1)
└天皇賞秋(2-1-1-0)

OP特別(0-0-0-5)
条件戦(0-0-1-19)

前走は重賞からの馬がほとんどですが、中でも秋華賞から出走してくる馬の勝ち数が多く、クラシックレースを走ってきた3歳馬が強い傾向にあります。

また、京都大賞展や天皇賞秋などで牡馬相手に好走した馬も今レースで勝鞍を挙げています。

前走の巻き返しもアリ

1着  (1-4-2-25)
2着  (1-2-0-17)
3着  (3-1-3-7)
4着  (2-0-1-17)
5着  (1-1-1-9)
6~9着(2-0-0-32)
10以下(0-2-2-28)

前走複勝圏内の馬が勝っているかといえば一概には言えず、前走9着以内であれば巻き返しの可能性もあります!
しかし、10着以下だとさすがに厳しいようですね。

傾向だけでみたエリザベス女王杯の勝馬候補

WIN5対象レース、エリザベス女王杯の傾向からみた勝馬候補は以下の通りです。

  • メイショウマンボ
  • デニムアンドルビー
  • ヴィルシーナ
  • レインボーダリア
  • ラキシス

傾向から見た勝ち馬有力候補この5頭です!

最終調教優秀馬

WIN5対象レースエリザベス女王杯の最終調教優秀馬は以下の通りです。

  • ホエールキャプチャ
  • ラキシス

エリザベス女王杯の最終勝馬候補

WIN5対象レースエリザベス女王杯の勝馬候補は以下の通りです。

  • メイショウマンボ
  • デニムアンドルビー
  • ヴィルシーナ
  • レインボーダリア
  • ラキシス

3歳馬の2冠メイショウマンボと同じくオークスと秋華賞で掲示板内を確保しているデニムアンドルビーは間違いないと踏んで選んでいます。

その3歳勢に立ちはだかるのがヴィルシーナ
牝馬相手なら連対を逃しておらず、今年のヴィクトリアマイルでは初GⅠレース優勝を果たしました。
2着の壁を打ち破ったヴィルシーナが3歳馬相手にどのような走りを見せるかに注目です!

穴候補としてはレインボーダリアとラキシスの2頭。
レインボーダリアは今年6歳ですし、昨年のように優勝は難しいかとは思いますが、当日は曇のち雨の予報。
得意の重馬場の舞台となれば複勝圏内に入ってくるかもしれません!

条件戦からの馬としてはラキシス
京都芝のコースで勝ち数を多く挙げているディープインパクト産駒の3歳です。

大外枠なのが気になるところではありますが、角居厩舎が4頭出してきている内の1頭なので、デニムアンドルビーの他にオールザットジャズやディアデラマドレがいますが、もう1頭勝たせるならこの馬なのかなと思いました。

どの牝馬が今年の女王なのか、じっくりと見極めたいですね!

エリザベス女王杯の予想参考サイト

ベストレコード的中馬券

『ベストレコード』

メールで天皇賞(秋)が的中した時の馬券と買い目が掲載されたページのURLが届きました。

今年じゃなくて一昨年なのが気になりましたが、今年のエリザベス女王杯はこの一昨年の天皇賞(秋)の的中よりも大きな配当を投資を抑えて提供できるといった内容が書かれていたので、今週末のベストレコードの情報は一味違うのかもしれません!

→ベストレコードの無料登録ページはこちら

2013年アルゼンチン共和国杯の結果

2013 年 11 月 5 日 火曜日

2013年アルゼンチン共和国杯の結果

アルゼンチン共和国杯の結果

11/3のアルゼンチン共和国杯の勝ち馬はアスカクリチャンでした!!

レースは最内のコスモラピュタが逃げてのスタートとなり、メイショウナルト、ムスカテールなど人気どころが好位につけました。
直線を向くと、大きく横に広がって決め手争いとなり、ルルーシュが内めからアドマイヤラクティが外から手応え良く伸びてきたところに最内を突いたのがアスカクリチャンでした。
先に脚を使っていた2頭を一気にかわすと今年2度めの重賞レース優勝を果たしました!

さて!!当サイトの予想結果はというと。

アルゼンチン共和国杯の最終勝馬候補

WIN5対象レースアルゼンチン共和国杯の勝馬候補は以下の通りです。

  • ルルーシュ
  • メイショウナルト
  • ムスカテール
  • エックスマーク
  • アドマイヤラクティ

WIN5の予想としては不的中です。
最近は的中続きだったこともあって、少なからずショックを受けました。
何せ馬齢の傾向の時点でアスカクリチャンを外していたので、それが痛かったです。ジャスタウェイが勝った時点で須貝厩舎の馬にも目を向けておくべきでしたね。

改めて勝馬候補を見ると、レース傾向と人気が見事にシンクロしてますね。2着のアドマイヤラクティと3着のルルーシュは傾向にピッタリはまっていたようで、当たっていました。

鞍上の戸崎騎手はレース後のインタビューで「前に人気馬がいたので我慢して、前をうかがいながら乗っていた」「直線がゴチャついていたから内を狙って行った」と話していたといいます。
今回は実力勝負というよりも、レース運びと他の馬より斤量が1.5キロ軽かったことが優勝につながったようですね。

今後のことは馬の様子を見てからということで、夏から連戦で走っているだけにアスカクリチャンにはゆっくり脚を休めてまた次に出走するレースでまた元気な姿を見せて欲しいですね。

アルゼンチン共和国杯を的中させたサイト

アルゼンチン共和国杯の優勝馬アスカクリチャンを注目馬として挙げていたサイトがあったので、紹介しておきます。
それは『競馬スピリッツ』です。

競馬スピリッツの重賞予想コラム

WIN5予想が当たっているサイトとしても紹介している予想サイトなのですが、重賞レースの考察をコラムで紹介している「江戸川乱舞」さんという予想家さんがアスカクリチャンの好走を斤量差から見抜いていました。

先週のレース回顧も江戸川さんが書いているので、気になる方は登録して直接サイトの内容をチェックしてみて下さい!
⇒競馬スピリッツの無料登録ページはこちら

次回予告はエリザベス女王杯

今週はエリザベス女王杯の予想をしたいと思います!!
近年はJRAの重賞で好走経験のない馬の優勝が多くなっているということで、妙味が期待されるレースです。

しかし、今年は2冠のメイショウマンボに、実力馬のデニムアンドルビー、牝馬戦では2着内を外していないヴィルシーナなど有力馬の好走も期待されるだけに伏兵が来るか、人気馬が好走するか。
レースの展開が気になります!

後日、過去の傾向を調べながらエリザベス女王杯の有力馬をピックアップします!

2013年アルゼンチン共和国杯の傾向&予想

2013 年 11 月 1 日 金曜日

2013年アルゼンチン共和国杯の傾向&予想

アルゼンチン共和国杯の傾向

2012年のアルゼンチン共和国杯の勝ち馬はルルーシュでしたね!
レースはスタート直後にミッキーペトラが先頭に立ってレースが進みました。3コーナーを過ぎ、ほぼ一団となると、最終コーナーを回って直線へ向かいました。

ここで先頭に立ったルルーシュは徐々に後続と差を広げると、そのまま押し切って快勝しました。
1馬身半差で2着にムスカテールが入り、1番人気ギュスターヴクライは6着に終わりました。

優勝馬のルルーシュはデビューから一度も掲示板を外したことがなく、この優勝でついに重賞タイトルを掴みました。

いつものように過去のデータを見ながら傾向を探り、今年好走する穴馬を予想していきます!!
下記のデータは過去10年のレース結果から出した傾向です。

波乱傾向!

1番人気 (2-2-1-5)
2番人気 (3-3-1-3)
3番人気 (3-1-1-5)
4番人気 (0-1-0-9)
5番人気 (0-0-0-10)
6番人気 (0-0-2-8)
7~9人 (1-1-4-24)
10人以下(1-2-1-69)

上位人気馬の勝ち数、複勝数が共に多いですが、ハンデ戦で波乱傾向にあります。
7番人気以下の好走が目立っているので注意が必要です。

4、5歳馬中心

3歳 (0-2-1-7) 0.0% 20.0% 30.0%
4歳 (5-4-5-25)12.8% 23.1% 35.9%
5歳 (3-2-1-35) 7.3% 12.2% 14.6%
6歳 (2-2-2-33) 5.1% 10.3% 15.4%
7歳上(0-0-1-33) 0.0% 0.0% 2.9%

4、5歳馬の勝率が高いですが、6歳馬も好走しています。7歳以上の馬は苦戦しているようです。

斤量55kg以上が中心

51kg以下(0-1-2-17)
52kg  (0-0-2-11)
53kg  (1-1-0-18)
54kg  (1-0-1-21)
55kg  (1-3-1-18)
56kg  (3-2-1-17)
57kg  (1-0-2-12)
57.5kg (3-1-0-6)
58kg以上(0-2-1-12)

勝ち数が多いのは56kgと57.5kgと重い方が良い傾向にあるので、55kg以上の馬が中心になりそうです。

京都大賞典組が優勢

重賞(6-5-4-81)
├京都大賞典(4-3-2-35)
├札幌記念(1-0-0-2)
├オールカマー(1-1-1-12)
├新潟記念(0-0-0-3)
└天皇賞春(0-0-1-2)

OP特別(1-1-1-24)
├アイルランドT(1-0-1-7)
├丹頂S(0-0-0-1)
└ブラジルC(0-0-0-0)

1600万下(2-3-2-22)
1000万下(1-1-3-5)
500万下(0-0-0-1)

前走が重賞組が強いですが、1600万下の条件戦からの馬も好成績を残しているので注意が必要です。

傾向だけでみたアルゼンチン共和国杯の勝馬候補

WIN5対象レース、アルゼンチン共和国杯の傾向からみた勝馬候補は以下の通りです。

  • ルルーシュ
  • ニューダイナスティ
  • メイショウナルト
  • ムスカテール
  • アドマイヤラクティ
  • デスペラード

傾向から見た勝ち馬有力候補この5頭です!

最終調教優秀馬

WIN5対象レースアルゼンチン共和国杯の最終調教優秀馬は以下の通りです。

  • ルルーシュ
  • メイショウナルト
  • エックスマーク
  • アドマイヤラクティ

アルゼンチン共和国杯の最終勝馬候補

WIN5対象レースアルゼンチン共和国杯の勝馬候補は以下の通りです。

  • ルルーシュ
  • メイショウナルト
  • ムスカテール
  • エックスマーク
  • アドマイヤラクティ

上位人気馬で斤量が重い馬が好走している傾向にあるため、今回は穴馬は特に意識せずに上の5頭を選びました。
特に、ピックアップした傾向に当てはまる高評価できる馬は斤量56kgのメイショウナルトと斤量57.5kgのアドマイヤラクティルルーシュムスカテールあたりでしょうか。

心配なのは最重量を背負う3頭なのですが、アドマイヤラクティは58kgの斤量でも優勝経験があり、今回も好走が期待できますね。
ムスカテールも重賞ではないですが、今回と同じ斤量での優勝経験があるので、斤量の面はそこまで影響はなさそうですね。
1番心配なのはルルーシュで、57.5kgの斤量は初めてなので、どういう走りを見せてくれるのか注目ですね!

条件戦からの馬にはホッコーブレーヴもいましたが、斤量がエックスマークより1kg軽いということで、エックスマークの方を選びました。

今回は斤量を重点的に見る形で予想してみました。
本番でどれくらい影響があるかは始まってみないと分かりませんが、参考にしてみて下さい。

アルゼンチン共和国杯の予想参考サイト

ターフビジョン

今回は『ターフビジョン』を参考サイトとして紹介します!
最近管理人が登録して優良サイトと判断できたサイトで、無料・有料情報ともにプランが豊富です。
無料情報でも『重賞注目馬』重賞1レースに出走する馬の状態や陣営に関する情報などを詳しく説明してあるので、馬選びで決め手に欠ける時に参考にできそうです。

また、3連複の無料買い目の情報もあるので、WIN5に+αで予想サイトを利用したいという人にはオススメです。

⇒ターフビジョンの無料登録ページはこちら