2014桜花賞の傾向と予想 « -パーフェクトWIN5予想サイト

PEAFECT WIN5は今話題の新馬券WIN5の専門情報サイトです。 予想の役に立つサイトの紹介や、対象レースの特徴、注目馬のリアルタイムな情報など予想の役に立つ 情報が盛りだくさん! これからWIN5を始めてみようという方も、WIN5予想がなかなか当たらないかたもぜひっ!参考にしてみてください。

競馬スピリッツWIN5部
HOME > 今週のWIN5予想 > 2014桜花賞の傾向と予想

2014桜花賞の傾向と予想

アユサン

2013年の勝馬はアユサンでした!

各馬揃ってスタートしてアユサンは中団に混ざる感じでレースを走っていました。先頭集団は10頭と多くてこの中を抜けれるかという印象でしたが、最終コーナー過ぎてからは先頭集団が横一線になったがアユサンが隙間を見つけ抜け出し直線に入ってからはレッドオーヴァルと一騎打ちになって最後まで伸びてクビ差で勝ちました。

いつものように過去のデータを見ながら傾向を探り、今年好走する勝馬候補を挙げてみましょう。
下記のデータはコース改修後の2007年以降の過去7年のレース結果から出した傾向です。

波乱の予感

1番人気(2-2-0-3)
2番人気(2-2-0-3)
3番人気(1-1-1-4)
4番人気(0-1-1-5)
5番人気(0-0-2-5)

1番人気と2番人気は成績は優秀で勝馬7頭中5頭は3番人気以内ですが、2010年は11番人気と2013年は14番人気の馬が3着に入っていますので平穏傾向とは言い難いです。

差し・追い込み馬が有利

逃げ(0-1-0-6)
先行(2-1-2-20)
差し(3-3-2-54)
追込(2-3-3-24)

阪神のゴール前に坂道が待ち受けることを意識しがちでスローペースになりやすく力の見せどころは長い直線で瞬発力とパワーを兼ね備えた馬が強いです。逃げ切りが難しく馬券には差し・追い込み馬が大半です。

チューリップ賞が主役

GⅠ(0-0-0-1)
GⅡ(1-0-1-38)
GⅢ(5-6-5-43)
オープン特別(1-1-1-20)
地方(0-0-0-20)

GⅡからのフィリーズレビューの出頭は40頭いますが連対率がわずか3%とトライアルレースにかかわらず活躍が見られません。チューリップ賞は(5-2-3-17)で連対率が27%と主なステップレース中では一番の成績です。

前走は上位着順が好成績

1着(2-5-3-26)
2着(2-0-1-24)
3着(2-0-1-14)
4着(1-0-0-1)
5着(0-0-1-7)
6~9着(0-2-1-13)
10着以下(0-0-0-19)

前走で掲示板を外しここで巻き返したケースは3頭だが勝馬に限れば全てが4着以内です。

傾向だけみた桜花賞の勝馬候補は

WIN5対象レース、桜花賞の傾向からみた勝馬候補は以下の通りです。

  • ハープスター
  • フォーエバーモア
  • レッドリヴェール
  • ヌーヴォレコルト

最終調教優秀馬

WIN5対象レース桜花賞の最終調教優勝馬は以下の通りです。

  • ハープスター
  • レッドリヴェール
  • フォーエバーモア
  • ヌーヴォレコルト

桜花賞の最終勝馬候補

WIN5対象レース桜花賞の勝馬候補は以下の通りです。

  • ◎ハープスター
  • ◯レッドリヴェール
  • ▲フォーエバーモア
  • △ヌーヴォレコルト
  • ☆ホウライアキコ

上の4頭はすぐ決まりましたが☆になる馬に迷いましたが上記の5頭に印をつけました。

◎のハープスターはチューリップ賞で優先出走権を獲得して挑みます!
4戦3勝と連対率100%ですがGⅠ制覇はまだしたことがなく調教ではラスト1ハロンを11秒9で走っていますので調子は良いです。

◯のレッドリヴェールは唯一ハープスターに勝っています。注目されているハープスターのライバル視されている無敗馬はどういったレースを繰り広げるかは注目です。

☆のホウライアキコは前走のフィリーズレビューでは自分のレースをすることが出来なくて5着に終わっています。デビューから3連勝し重賞2勝とスピードには自信があるようなのでGⅠではどういったレースになるか楽しみです。

コメントをどうぞ