2014年の産経大阪杯の傾向と予想 « -パーフェクトWIN5予想サイト

PEAFECT WIN5は今話題の新馬券WIN5の専門情報サイトです。 予想の役に立つサイトの紹介や、対象レースの特徴、注目馬のリアルタイムな情報など予想の役に立つ 情報が盛りだくさん! これからWIN5を始めてみようという方も、WIN5予想がなかなか当たらないかたもぜひっ!参考にしてみてください。

競馬スピリッツWIN5部
HOME > 今週のWIN5予想 > 2014年の産経大阪杯の傾向と予想

2014年の産経大阪杯の傾向と予想

オルフェーヴル

2013年の勝馬はオルフェーヴルでしたね。
各馬揃ってスタートして、オルフェーヴルは後方の後ろから4番目ところにポジションを置きました。先頭は1番のコパノジングーがレースを引っ張っていましたが、向こう正面からカーブに曲がるところになるとオルフェーヴルはジワジワと順位を上げてきました。最終コーナを過ぎる頃には、5~6番手辺りまで来ており、直線に入ると同時にすパートをかけました。残り150mくらいには先頭にたちそのまま1着でゴールしてます。2着には2番人気のショウナンマイティが追込みましたが1/2馬身差で勝っています。

いつもにように過去のデータを見ながら傾向を探り、今年好走する勝馬候補を挙げてみましょう。
下記のデータは過去10年のレース結果から出した傾向です。

1番人気が圧倒的

1番人気(6-2-1-1)
2番人気(0-2-1-7)
3番人気(2-0-1-7)
4番人気(0-1-2-7)
5番人気(0-0-3-7)
6~10番人気(2-5-2-40)
11番人気~(0-0-0-20)

1番人気が圧倒的な数字を残していて、連対率が80%とダントツでずば抜けています。しかし、6~10番人気でも勝った例があるので穴馬には注意ですね!

4歳馬が活躍

4歳馬(5-3-2-7)
5歳馬(3-3-4-22)
6歳馬(1-3-4-22)
7歳以上(1-1-0-28)

4歳馬が勝率、連対率、連対数が他の世代をリードしており、連対した4歳馬8頭のうち6頭は前年のクラシック連対馬であるので、今年に該当する馬が出走するのであれば迷わず馬券をオススメです。

瞬発力勝負

逃げ(1-1-1-4)
先行(2-3-2-19)
差し(3-2-3-25)
追込(1-1-1-18)

※改修された07年以降の過去7回が対象
どの脚質にも1着の例があるが、近3年は差し馬が決めている。

前走は中山記念が良績

GⅠ(4-2-5-19)
GⅡ(4-4-3-14)
GⅢ(1-2-1-29)
オープン特別(1-0-1-22)
1600万下(0-0-0-3)
1000万下(0-1-0-0)
地方競走(0-0-0-1)
海外競走(0-1-0-0)
障害(0-0-0-1)

同じ中距離で行われる中山記念組は(3-2-1-5)と連対率が46%と一番結果を残している。続いて有馬記念は(2-1-4-10)連対率18%、JCは(2-1-0-3)連対率50%と重賞レースの連対率が目立つ傾向です。

傾向だけでみた産経大阪杯の勝馬候補

WIN5対象レース、産経大阪杯の傾向からみた勝馬候補は以下の通りです。

  • カレンミロティック
  • キズナ
  • エピファネイア
  • メイショウマンボ

傾向から見た勝ち馬候補はこの4頭です!

最終調教優秀馬

WIN5対象レース産経大阪杯の最終調教優秀馬は以下の通りです。

  • キズナ
  • エピファネイア
  • メイショウマンボ

産経大阪杯の最終勝馬候補

WIN5対象レース産経大阪杯の勝馬候補は以下の通りです。

  • ◎エピファネイア
  • ◯キズナ
  • ▲メイショウマンボ
  • △ショウナンマイティ
  • ☆ビートブラック

3強の中、穴馬候補を悩みましたが上記の5頭に印をつけました。

◎のエピファネイアは1番人気なので過去のデータ通りなら本命間違いないです。しかも騎乗する福永騎手は先日にドバイで行われたデューティフリーの大会では優勝していますので調子は十分にいいので上位入賞は確実でしょう!

◯のキズナは前走で出走した凱旋門賞を終えた今年初レースで半年ぶりです。しかし前走から10kgも体重を増やしながら、調教ではラスト1ハロン11秒9と高タイムを出しているので本命に近い対抗として挙げました。

▲のメイショウマンボは昨年のエリザベス女王杯の王者として昨年JRA賞最優秀3歳牝馬を受賞後で今年初レースとなります。”4歳牡馬2トップ”のエピファネイアとキズナが待ち受けるのでレース展開が大変見ものです。

以上の3頭の4歳馬が上世代にどう立ち向かってレースを繰り広げられるか注目されつつ、非常に盛り上がりそうです。

コメントをどうぞ